旦那に浮気をやめさせる効果的な方法は?やめない理由など詳しく解説

yamesaseru
  • どうして浮気をやめてくれないの?
  • 浮気をやめさせるにはどうしたらいいの?

この記事は上記のような疑問、お悩みにお応えする内容となっています。

浮気されたことを知ると悲しいですし、辛いですよね。誰しも「これ以上苦しい目にあい続けたくない」、「なんとかして浮気をやめさせたい!」と思う方はずです。

そこで、記事の前半では旦那が浮気する理由や浮気をやめない理由について、後半では旦那に浮気をやめさせる方法や辞めさせる際にやってはいけないことについて解説します。

ぜひ最後までお読みいただき、今後の参考にしていただければと思います。

旦那が浮気する理由、やめない理由

旦那に浮気をやめさせるには、まずは、なぜ旦那が浮気したのか、浮気をやめないのか、を把握しておく必要があります。

以下で典型的な理由を挙げましたので、当てはまるものはないか確認してみてください。

浮気症、恋愛気質な性格

旦那が性格的に浮気症、恋愛気質な性格だと、魅力的な女性が現れた場合に浮気する可能性があります。

セックスレス

旦那の性欲が強いのにセックスレスに陥っている場合は、体の関係を求めて浮気する可能性があります。

職業柄、出会いが多い

職業柄、女性との出会いの機会が多ければ多いほど、浮気する可能性は高くなります。

家庭やあなたへに不満を抱いている

家庭やあなたとの関係が悪いと、家庭以外に安らぎを求めて浮気する傾向にあります。

夫婦生活のマンネリ化

夫婦生活がマンネリ化すると、刺激やスリルを求めて浮気する可能性があります。飽きっぽい性格の持ち主の場合は要注意です。

あなたを甘くみている

浮気がバレても許してもらえるだろうと軽く見られていると浮気される可能性があります。

浮気にのめり込んでいる

最悪、旦那が浮気相手のことを本気で好きになり、浮気から抜けられない状態にいる可能性も考えられます。

旦那に浮気をやめさせるには

いかがでしたでしょうか?なぜ、旦那が浮気したのか、浮気をやめないのか見えてきましたでしょうか?見えてきたら、次はいよいよやめさせるための行動に移る段階です。以下では、実践していただきたい行動例を挙げましたので、参考にしていただければと思います

辛かったことを丁寧に伝える

実は、旦那は、あなたが想像している以上に、あなたから言われない限り、あなたが本気で傷ついていることや、これまでどんなことで辛い想いをしてきたのかを自覚できていません。

そこで、まずは、浮気で酷く傷ついていること、浮気をやめて欲しいこと、これまでどんなことで辛い想いをしてきたのかを、感情的にならず丁寧に伝えることが大切です。

なお、ここで絶対にやってはいけないことは、あなたの不平・不満を一方的にぶちまけたり、旦那を責めるような言動を取ってしまうことです。旦那もあなたの態度に反応し、喧嘩に発展して収集がつかなくなるおそれがあります。

浮気したとはいえ、旦那はあなたの「敵」ではありません。あくまで旦那は今後も一緒に関係を築いていく大切なパートナーであることを忘れずに、「今の自分の気持ちを旦那にもわかってもらいたい」という姿勢を心がけてください。

不平・不満を吐き出させる

悪いのは浮気した旦那とはいえ、旦那はあなたにも多少なりの不平・不満を抱いています。そこで、この機会に旦那がこれまでため込んでいた不平・不満を一気に吐き出させることも有効な方法です。

あなたが旦那の希望や要求をすべて受け入れるかどうかは別にして、すべて吐き出させてしまえば、あなたに「受け止めてもらった」、「理解してもらった」と思い、気持ち的にスッキリするかもしれません。

自分から変わることを伝える

一方、旦那との再構築を望む場合は、あなたから変わること、その意思があることを旦那に伝えることが何より大切です。あなたとすれば「旦那から変わるべき」と思っているかもしれませんが、人が変わること、人を変えることはそう簡単なことではありませんし、時間もかかります。

それよりもむしろ、あなたから変わることの方がはるかに簡単です。そして、あなたが変われば旦那も変わります。以下の記事を参考に、できることからはじめてみましょう。

浮気を追及しすぎない(浮気を許す)

人は寛容な態度を示す人に好意を抱く傾向にありますからあれこれと旦那を追及しすぎないことも有効な方法です。

悪いことをした、迷惑をかけたという自覚がある旦那であればあるほど、必要以上の追及を受けたくないと考えているでしょう。また、前述のとおり、旦那はあなたにとって大切なパートナーなのですから、必要以上に追及することで将来に向けてプラスに働くことなどありません。

過去のこと(浮気されたという事実)は変えることはできませんしかし、将来のことは二人の努力しだいでいくらでも変えることができますいつまでも過去のことに拘るのではなく、将来に向けた話に目を向けるのです。

そして、これ以上追及しない(許す)と決めた以上は、今後、一切、浮気の話を持ち出してはいけません。

ここで俳優・原田隆二さんの妻、原田愛さんがインタビューで語った言葉(一部)を引用します。

  • 大事なのは日常を取り戻すということ家に引きこもりがちだった夫にも、息子のサッカーの試合があると、なかば強引に連れ出していきましたし、
  • 私の場合は、自分がまだ家族でやっていきたいという気持ちがあったので、起こしてしまったことにずっととらわれるのではなく、これからどうしていくかということを考えました

浮気調査する(証拠を集める)

旦那が浮気をやめないのは、

  • バレていない
  • 証拠はつかまれてない
  • まさか、妻(あなた)が浮気調査するなんてありえない

などと、高をくくたっり、あなたを甘く見てるからかもしれません。

旦那にこのように思われてそうな場合は、浮気調査してきちんとした証拠を集めるべきです

再構築を目指す場合は証拠を見せないのが基本スタンスですが、旦那が頑なに浮気を否定する場合は、浮気を疑っていることを率直に伝えましょう

そして、あなたが本気で怒っていること、これ以上言い逃れできないことを旦那に印象づけることができれば、浮気をやめさせることにつながる可能性があります。

集めた証拠の取り扱いや旦那に浮気を認めさせる方法などについては以下の記事が参考になるかと思いますので、ぜひ一度目を通していただければと思います。

「離婚」の二文字を突きつける

浮気を遊び程度にしか考えていない旦那に対しては特に有効な方法です。

浮気を遊び程度にしか考えていないということは、あなたとの離婚も考えていないはず。そこで、あなたから「離婚」の二文字を突然突きつけられると事の重大さにはじめて気づき、浮気をやめさせることにつながるのです。

離婚の話となれば、自分たちの問題に子供や親族をも巻き込んでしまうことは必須です。また、実際に離婚したとなれば、旦那は子供と離れ離れに暮らさなければならなくなる確率が高いです。親権では母親が断然有利だからです。離婚のみならず、離婚によってどういう影響が出てくるのかまできちんと伝えることができればかなり効果はあるはずです。

もっとも、離婚の二文字を出すのは最終手段と心得ておきましょう。旦那の心は読めません。もしかしたら、本気ではないにせよ、旦那の頭の中にも離婚の二文字がよぎっている可能性もあります。そして、あなたが離婚というワードを出すことによって、旦那の離婚の意思を固めてしまうおそれがあるからです。

浮気をやめさせるために絶対にやってはいけないこと

最後に、浮気を辞めさせる際に絶対やってはいけないことをご紹介します。

放置、見てみない振り

鉄は熱いうちに打て」という言葉があります。

つまり、旦那に浮気を辞めさせるには、旦那が浮気にのめり込む前に手を打った方がよいです。

浮気の兆候が出始めたら、はやめに浮気調査を始めましょう。

過度に問い詰める、責める、要求する

浮気されれば誰しも感情的になり、旦那を問い詰めたり、責めたり、こうして欲しいなどと要求しがちです。

しかし、旦那に浮気を辞めさせるには、あなたが一緒にいて居心地のよい存在だと旦那に思わせることです。

過度に問い詰めたり、責めたり、要求したりすると、旦那の心はあなたから離れます。

そして、浮気を辞めさせるどころか、ますます浮気にのめり込ませてしまう可能性もあります。

犯罪行為

以下にあげるような逮捕されたり、懲役・罰金などの刑罰を科される可能性があります。

■ Twitterなどで浮気のことを暴露する

➡ 名誉毀損罪(3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金)

➡ 侮辱罪(拘留又は科料)

■ 暴力、脅迫

➡ 暴行罪(2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料)

➡ 脅迫罪(2年以下の懲役又は30万円以下の罰金)

■ 誓約書のサインへの強要                                      

➡ 強要罪(3年以下の懲役)

■ 慰謝料の強要

➡ 恐喝罪(10年以下の懲役)

浮気相手の悪口をいう

話し合いやSNSなどを通じて、浮気相手の悪口を言うのは辞めましょう。

内容によっては名誉毀損などで訴えられる可能性もあります。

また、旦那の気を悪くして再構築が難しくなってしまうおそれもあります。

話し合いでは浮気相手と比べられることもあるかもしれません。

ただそこはグッとこらえ、浮気相手のことにはあえて触れない方がよいです。

浮気する

浮気された人の中には、「旦那が浮気したのだから自分が浮気しても許される」と考え、あえて浮気する人もいます。

また、旦那への見せしめとして浮気する人もいます。

しかし、それでは逆効果です

仮に、旦那に浮気がバレなかったとしても、旦那に浮気を辞めさせようとしても気持ちがついていかないでしょう。

旦那に浮気を辞めさせる以上、自分から浮気してはいけません。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

行政書士、夫婦問題(離婚)カウンセラー | 大学卒業後、官庁勤務(約13年)→法律事務所勤務(約4年)を経て現在に至ります | 現在「離婚協議書、離婚公正証書の作成&サポート」、「夫婦問題・離婚カウンセリング
」業務を中心とする行政書士事務所開業に向けて準備中です | 本サイトでは離婚で役立つ情報をわかりやすく解説しています | 二児の父親 | 趣味はサッカー観戦と旅行