探偵とは?仕事内容や実態、依頼後は何をしてくれるかまで徹底解説

tantei
  • 探偵ってどんな仕事をしている人?
  • 探偵と興信所との違いは?
  • 探偵の実態を知りたい
  • 探偵になるには試験・資格が必要?
  • 悪質業者かどうかの見極め方を教えて

この記事は上記のような疑問、お悩みにお応えする内容となっています

記事の前半では、探偵の仕事内容や興信所との違い、実態について解説します。

後半では、悪質探偵にひっかからないためのコツを解説します。

探偵って普段馴染みのない職業だからこそ、

この記事を読んでいただければ、漠然と抱いていた探偵に対するイメージを明確に描けるようになっていただけます。

ぜひ、参考にしていただけると幸いです。

探偵とは?

探偵(業務)の定義は探偵業法(正式名称、探偵業の業務の適正化に関する法律)2条1項に規定されています。

(定義)

第二条 この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み尾行張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

この定義によると、探偵とは次の仕事をする人であることがわかります。

  • 特定人の所在又は行動についての情報を収集する人
  • 「聞き込み」、「尾行」、「張込み」を行う人

特定人の所在又は行動についての情報を収集する人

要するに、

  • 所在調査(所在に関する情報収集)
  • 素行調査(行動に関する情報収集)

といわれる調査です。

「所在調査」で代表的なのが家出した人を探す「人探し」です。

一方、「素行調査」は浮気をはじめ、いじめ、ストーカーなどの違法行為に関する「証拠集め」が主です。

上記のうち、探偵が行う仕事として多い(依頼者からの依頼が多い)のが素行調査です。

なお、かつては興信所の仕事とされてきた「信用調査(与信調査)」や「雇用調査(人事調査)」も行っている探偵もいます。

聞き込み、尾行、張込みを行う人

それぞれの意味は次のとおりです。

聞き込み:対象者(浮気の素行調査の場合、配偶者と浮気相手)の知人や同僚に話を聴く

尾  行:気づかれないよう対象者の後をつけ、その行動を観察したり、証拠を集める

張  込 み:尾行の際に、対象者に気づかれないよう行動を監視する

探偵と聞くとミステリー小説やテレビドラマなどで描かれるように、難解は事件を次々と解決していくという華やかな探偵の姿をイメージされる方も多いと思います。

しかし、現実は異なります。実際は、地味な尾行と張込みの連続です。

また、調査中は警察官から職務質問を受けたり、近所住民からクレームを受けることなどは日常茶飯。

そうした困難を乗り越え、依頼者のために結果を出すのが探偵です。

探偵の仕事は、まさに、体力・気力勝負といっても過言ではありません。

探偵と興信所の違い

ネットなどで探偵のことを検索すると「興信所」がヒットすることがあります。

では、探偵と興信所との違いはどこにあるのでしょうか?

この点、かつては、

探 偵 ➡ 所在調査・素行調査 =個人を調査

興信所 ➡ 信用調査・人事調査 =企業を調査

などを行うとされてきました。

また、探偵は身分を明かさず尾行や張込みなどを行い、興信所は身分を明かした上で対象者に面接などを行う、という点も大きな違いでした。

しかし、いずれの調査手法にも共通点があるため、今では、

信用調査・人事調査を行う探偵

もあれば、

所在調査・素行調査を行う興信所

もあり、探偵と興信所の違いは以前ほどなくなってきているといわれています。

探偵を探す際に探偵なのか興信所なのかはさほど気にする必要はないといってよいでしょう。

探偵の7割が個人事業主

意外かもしれませんが、探偵の約7割は個人事業主です。

警察庁が公表している「令和2年中における探偵業の概況」によると、警察に届出されている全探偵「6,379」のうち、個人事業主は「4,648もいるとのことです。

個人事業主とは、要するに、個人で看板(屋号)を掲げ、個人で依頼を受けて個人で仕事をする人のこと。

大手の探偵社のように事務所を何か所も設けたり、何十人、何百人という従業員を抱えているわけでもありません。

また、個人事業主と一言でいっても、経験を積んだベテランの探偵からまだまだ駆け出しの探偵まで様々です。

探偵になるには試験や訓練、資格・免許も不要

さらに探偵になるには特別な試験や訓練を受けたり、特定の期間から資格や免許を受けることも不要です。

探偵になるには、法令に規定された届出書や添付書類を、営業所を管轄する都道府県公安委員会に提出するだけ。

あとは、公安委員会に書類に不備がないかだけ確認されれば届出は受理されます。

届出書を提出するにあたって適性検査などはもちろんありません。

つまり、適性があるかどうかに関係なく、届出さえ行えば探偵になれるのです。

一方、探偵社の中には自前で探偵学校を運営し、原則としてその学校を卒業した調査員のみしか自社で採用しない探偵社もあります。

探偵を選ぶ際は

  • 経験や実績がある探偵かどうか
  • 訓練された探偵かどうか
  • 自社で探偵学校を運営しているかどうか

という点もしっかり確認したいところです。

悪質探偵には要注意

探偵には巨大な権限が与えられ、依頼すれば何でもやってくれる、というイメージをもっている方も多いと思います。

しかし、前述のとおり、探偵が行えるのは主に「聞き込み」、「尾行」、「張込み」の3つです。

さらに、その他の法律を犯さない範囲内で、という限定つきです。

そのため、探偵といえども、

■ 対象者の車にGPS機器を取り付けて尾行する

■ 対象者の自宅に立ち入って盗聴器をしかける

など、法律の許容範囲を超えた調査はできません。

■ すべてやって見せます!と自身満々に言う探偵

■ 法律やルールを簡単に破る探偵

■ 依頼者の違法行為に加担しようとする探偵

は、まず悪質探偵をいって間違いありません

また、その他にも悪質探偵にひっかからないために注意していただきたいことが山ほどあります。

その点については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている