探偵と行政書士との関係性は?業務内容の違いなどを詳しく解説

探偵とは?

探偵は、人の所在や行動に関する情報を収集するために尾行や張込み、聞き込みなどを行う人のことです(探偵業法2条1項)。浮気調査は「人の行動に関する情報」を収集するための調査で、尾行等を駆使しながら浮気を証明する証拠を集めたり、浮気相手に関する情報(職場、住所など)を調査してくれます。

行政書士とは?

一方、行政書士は契約書などの法的書面を作成する専門家です。浮気や離婚の場面では離婚協議書、誓約書、示談書、慰謝料請求書(内容証明)を作ることが多いでしょう。なお、報酬を得る目的で法的書面を作ることができるのは行政書士等の専門家で、探偵が作ることはできません。

行政書士が在籍、あるいは提携している探偵事務所も

探偵が集めた証拠に基づいて離婚や慰謝料請求し、話し合いにより合意できれば、行政書士が合意内容を書面にまとめることも可能です。このように、探偵の業務と行政書士との業務は関連しているため、行政書士が在籍している探偵事務所、あるいは行政書士と提携している探偵事務所も多いです。

こうした事務所に依頼すれば、事務所側が行政書士を紹介してくれますので、あらためてご自分で行政書士を探す手間を省けます。話をうまくまとめることができれば(※)、浮気の証拠集めから離婚や慰謝料請求などの法的手続きまでをワンストップで解決することも可能です。

※相手との話し合いはお客様自身で行っていただく必要があります。行政書士が代わりに行うことはできません。

執筆者
執筆者
行政書士自身が探偵という事務所もあります。

弁護士との提携が多い

行政書士が在籍、あるいは行政書士と提携している探偵事務所があるとはいえ、やはり、弁護士と提携している事務所の方が多いです。離婚や慰謝料の話し合いではお互いが感情的になりやすく、冷静かつ円滑に話し合いを進めることができる弁護士の力が必要となることが多いのが理由の一つです。

もっとも、弁護士に交渉を依頼すれば、探偵の費用に加えて弁護士費用まで負担しなければなりません。行政書士費用よりも弁護士費用の方が高いですから、少しでも費用を安く抑えたいという方は、行政書士を選択してみてもよいのではないでしょうか。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員時代は刑事事件の捜査、裁判を経験。退職後は法律事務所に事務員として勤務し、犯罪被害者・加害者の双方のサポートを経験する。現在は、夫婦間契約書を中心に取り扱う行政書士として、離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成やチェック等の業務をメインに取り扱う。過去の刑事事件の捜査、裁判の経験を活かして、不倫や探偵の情報発信にも力を入れている。