探偵ができること、できないこととは?個人で尾行、張込みはできる?

  • 探偵ができることって何?
  • 逆にできないことって何?
  • 個人で尾行、張込みはできるの?

この記事では上記のような疑問、悩みにお応えします。

浮気調査等を探偵に依頼する際、探偵が何をどこまでやってくれるのか、できるのか、反対に、何ができないのか気になる方も多いのではないでしょうか?そこで、この記事では、探偵ができること、できないことをご紹介するとともに、探偵の仕事である尾行や張込みを個人で行うことが可能なのかについて解説したいと思います。

探偵ができること

まず、探偵ができることをみていきましょう。探偵ができること(探偵の業務範囲)については探偵業法という法律の2条に規定されています。

(定義)

第二条 この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集する(①)ことを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い(②)その調査の結果を当該依頼者に報告する(③)業務をいう。

つまり、探偵ができるのは人の所在又は行動に関する情報を収集すること(①)です。具体的には以下のとおりです。

浮気調査 浮気や不貞に関する情報を収集する。
所在調査(※1) 行方不明者、家出人、音信不通者に関する情報を収集する。
素行調査(※2) 対象者の人間関係や日頃の行動に関する情報を収集する。
信用調査 取引先の経済状況に関する情報を収集する。

※1 家出人調査、人探し調査などとも言われます。
※2 婚前調査、ストーカー調査、従業員(企業・採用)調査、いじめ調査、嫌がらせ(近隣)調査なども含まれます。

そして、①の目的を達成する手段として探偵は、面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法による実地調査(②)を行います。「その他これらに類する方法による実地調査」の代表例がカメラによる動画や写真の撮影です。

その他、依頼者に調査結果を報告することも探偵の業務と定められています(③)。報告の方法は各探偵に委ねられていますが、トラブル防止と調査内容の検証のためには、書面(調査報告書)で報告してもらうようにしましょう。

探偵ができないこと

続いて、探偵ができないことをみていきましょう。

違法行為

違法行為とは人の自由や財産、プライバシーなどの人権を侵すような行為のことです。浮気調査に関してあげると、

  • 対象者の住居や敷地内に立ち入って尾行する
  • 対象者の自宅に立ち入って盗聴器を仕掛ける
  • 探偵による対象者の車へのGPS機器の取り付ける

などが典型例です。いずれも対象者から損賠賠償請求されるだけでなく、警察に被害届を提出されて刑事事件にまで発展しかねない違法行為です。警察官は裁判官が発する令状を取得すれば、合法的に人の人権を侵す行為を行うことができますが、探偵には警察官のような権限が認められていません。

相談や契約時に上記のような違法行為を行うようなことを言われた場合は悪徳探偵の可能性が極めて高いです。悪徳探偵に依頼すると探偵だけでなく、依頼者も害を被る可能性が高いですので、絶対に依頼してはいけません。

他士業の業務

他士業とは主に弁護士や行政書士などのことです。報酬を得る目的で、依頼者の代わりに配偶者や浮気相手と交渉できるのは弁護士だけですし、示談書などの法的書面を作ることができるのは行政書士(あるいは、弁護士)です。探偵があなたの代わりに、配偶者や浮気相手と交渉したり、示談書などの法的書面を作ることはできません。

対象者の身近な物に関する調査

配偶者のスマホのロックを解除する、LINEやSNSをチェックする、バックや財布の中身をチェックする、配偶者の車にGPSやドライブレコーダーを設置する、配偶者の室内にボイスレコーダーを設置するなど、これらのことは配偶者の身近にいるあなた自身が行う必要があります。

尾行、張込みは自分でできる?

前述のとおり、尾行や張込みは探偵の専売特許ですが、探偵に依頼するにもお金がかかるし自分でやってしまおう、と考える方もおられると思います。

確かに、自分で尾行等を行うことは不可能ではありませんが、おすすめはできません。なぜなら、失敗する可能性が高いですし、仮に尾行していることがバレると配偶者の警戒心を高め、その後の調査を難しくしてしまうからです。

配偶者にバレないよう尾行すること、現場に長時間張込みすることは、思いのほか体力、精神力を使います。運よくバレなかったとしても有力な情報を得られるとは限りません。

服装や髪型は隠すことができたとしても、体型や顔の骨格、癖、雰囲気などは隠すことができませんから、尾行中に「尾行されているのではないか?」と薄々気づかれる可能性もあります。

また、尾行は徒歩だけではありません。状況によっては車や自転車、バイクなどを使って尾行する必要があります。バレないよう警戒しながら車等を運転することは、周囲への注意力が散漫となり交通事故につながる危険もあります。

さらに、尾行が警察に通報されると迷惑防止条例違反やストーカー規制法違反などの罪に問われる可能性もあります。尾行や張込み中に不審者として通報され、警察の職務質問を受けたことにより尾行がバレたケースもあります。

まとめ

今回のまとめです。

●探偵ができるのは人の所在、行動に関する情報収集を目的とした聞き込み、尾行、張込みなど
●探偵は警察のように、人の人権を侵すような強制力を行使できない
●探偵は相手と交渉したり、法的書面を作ることはできない
●探偵はスマホや持ち物チェックなど、対象者の身近にあるものの調査はできない
●尾行、張込みを自分で行うことはできるが、おすすめはできない

探偵に浮気調査を依頼するにあたっては、探偵は何ができて何ができないのか、はっきりさせておく必要があります。

 

今回の内容は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員時代は刑事事件の捜査、裁判を経験。退職後は法律事務所に事務員として勤務し、犯罪被害者・加害者の双方のサポートを経験する。現在は、夫婦間契約書を中心に取り扱う行政書士として、離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成やチェック等の業務をメインに取り扱う。過去の刑事事件の捜査、裁判の経験を活かして、不倫や探偵の情報発信にも力を入れている。