浮気調査における探偵と弁護士との違い | 依頼先はどちらにすべき?

  • 探偵と弁護士の違いは?
  • 浮気調査ではどちらに依頼すればいいの?

この記事では上記のような疑問、悩みにお応えします。

浮気問題で専門家に相談しようとする際、まず思い浮かぶ相談先が弁護士、あるいは探偵ではないでしょうか?しかし、探偵と弁護士との違いは何か?探偵は何をしてくれるのか?弁護士は何をしてくれるのか?どちらに相談、依頼すべきなのか?悩んでいる方も多いと思います。

そこで、この記事では、探偵と弁護士との違い、探偵と弁護士の仕事内容、探偵に依頼するメリット、弁護士に依頼するメリット、いかなる場合に探偵、あるいは弁護士に依頼すべきか?について解説していきたいと思います。

探偵と弁護士との違いとは?

探偵と弁護士との違いを端的に表現するなら、探偵は浮気の証拠を集める専門家、弁護士は証拠をもとに相手と交渉したり、法的措置をとることができる専門家、ということになります。

探偵ができるのは浮気の証拠を集めることまでです。弁護士のように集めた証拠を使って相手と交渉したり、法的措置をとることはできません。一方、弁護士でも浮気の証拠を集めることは不可能ではありませんが、探偵に比べて機動力や調査力が圧倒的に劣っており、集めることができる証拠の範囲は限られてしまいます。

探偵と弁護士の仕事内容

それでは、ここからは探偵と弁護士の仕事内容を具体的にみていきましょう。

探偵の仕事内容

探偵の仕事内容は、尾行や張り込み、聞き込みなどを駆使して人の所在や行動に関する情報を集めることです。

所在に関する情報収集が所在調査、行動に関する情報収集が行動調査と言われ、前者の代表例が人探し、家人探しで、後者の代表例が浮気調査、婚前調査です。

弁護士の仕事内容

一方、弁護士の仕事内容は、慰謝料や離婚などの法的問題を解決することです。そのために相手と交渉したり、示談書等の法的書面を作ったり、交渉で解決できなかった場合は訴訟を提起したりします。

探偵に依頼するメリット

浮気の証拠は自分で集めようと思えば集めることができます。そこで、わざわざ探偵に依頼しなくてもよいのでは?と疑問に思う方がいるかもしれません。そこで、以下では、探偵に浮気調査を依頼するメリットをみていきましょう。

自分で証拠を集める負担を軽減できる

まず、自分で証拠を集める負担を軽減できる点です。

自分で集めようとすれば、当然、時間や手間をとられてしまいます。証拠集めに専念できればいいのですが、多くの方は仕事や家事・育児などと並行して進めていく必要があるかと思います。これでは体力的にも精神的にも大きな負担です。探偵に依頼すれば、こうした負担を軽減することができます。

バレるリスクを抑えつつ証拠を集めることができる

次に、バレるリスクを抑えつつ証拠を集めることができる点です。

浮気の証拠を集めていること、浮気を疑っていることは絶対にパートナーにバレてはいけません。いったんバレるとパートナーの警戒心が高まり、浮気の証拠を集めることが難しくなります。また、パートナーに「オレ(私)のことそんなに信用していないの?」などと問い詰められ、関係がますます悪化する可能性があります。再構築が念頭にある場合は、こうした事態は絶対に避けたいですよね。

裁判で使える証拠を集めてくれる

最後に、裁判で使える証拠を集めてくれる点です。

裁判で使える証拠とは、パートナーと浮気相手とがラブホテルに一定時間滞在したこと、すなわち、不貞関係にあったことを証明しうる証拠のことです。浮気したことを認めさせたい、離婚や慰謝料請求を検討している(したい)、などという場合は裁判で使える証拠を集めておく必要があります。

もっとも、裁判で使える証拠を集めるには尾行や張り込みを行うことがどうしても必要です。尾行や張り込みは調査の中でも特に難易度が高く、バレる危険もありますから、尾行や張り込みが必要となる場合は探偵に依頼した方がよいでしょう。

関連記事
  • 不倫の証拠集め | 集め方なども一挙にご紹介します

弁護士に依頼するメリット

続いて、弁護士に依頼するメリットです。

相手と直接話し合いをする必要がない

まず、パートナーや浮気相手と直接交渉する必要がない点です。

弁護士は依頼者に代わって相手と話し合いできることが法律で認められています(一方、探偵には認められていません)。離婚や慰謝料請求するとなれば、慰謝料の金額などの条件をめぐってもめることも予想され、精神的に大きな負担となります。また、相手があなたとの直接の話し合いを嫌い、弁護士を立ててくることも考えられます。そうすると、不利な条件で話をまとめられてしまう可能性があります。

あなたの弁護士がこうした負荷のかかる交渉を担ってくれることで、精神的な負担を大きく軽減できるはずです。

早期決着が期待できる

次に、早期決着が期待できる点です。

浮気で悩まれている方の中には、はやく話にけりを付けて次のステップに進みたいと思われている方も多いはずです。しかし、自分で話し合いを進めようとしても、そもそも相手が話し合いのテーブルにつかなかったり、感情のもつれなどからなかなか話がまとまらず、解決の糸口をつかめないまま時間だけが経過してしまうことがあります。

この点、弁護士に依頼することで、まずは相手を話し合いのテーブルにつかせることができます。また、弁護士は交渉のプロですし、第三者として冷静に話し合いを進めることができます。

裁判を任せられる

最後に、裁判を任せることができる点です。

相手との交渉の結果、決裂してしまった場合は裁判を起こすことも検討しなければいけません。ただ、裁判は法律で決められたルールに沿って手続きを進めていかなければならず、法律の専門家以外の人が手続きを進めていくことは難しいでしょう。

この点、弁護士であれば裁判を進めていくことが可能です。また、弁護士に交渉を依頼することで、相手にいつでも裁判に打って出れることを匂わすことができ、それが結果的に話し合いでの解決につながる可能性がある点も弁護士に依頼するメリットといえます。

依頼先は探偵?弁護士?

では、以上の探偵と弁護士との違いを踏まえた上で、ここからは依頼先として探偵か弁護士かで迷った場合、どういう基準でどういう選択をすればいいのかみていきましょう。

探偵にだけ依頼すればいいケース

まず、探偵にだけ依頼すればいいケースとは、とにかく浮気の証拠を集めて欲しいけど、パートナーや浮気相手との交渉は自分で行う、という場合です。

浮気の証拠集めに関しては弁護士よりも探偵の方がプロですから、浮気の証拠集めに関しては探偵に依頼しましょう。一方、弁護士は代理人として相手と交渉することができますが、自分で交渉を行うという場合はあえて弁護士に依頼する必要はないでしょう。

もっとも、「弁護士に依頼するメリット」の箇所で述べたとおり、直接交渉には大きなデメリットがあります。自分で交渉を行うのか、弁護士に依頼するのかは慎重に検討する必要があります。

以下よりお近くの探偵事務所をお探しいただけます

【探偵事務所一覧】

北海道・東北エリア 北海道札幌) | 青森 | 岩手 | 宮城仙台) | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越・北陸エリア 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
関東エリア 東京 | 神奈川横浜) | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
東海エリア 愛知名古屋) | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西エリア 大阪 | 兵庫神戸) | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国エリア 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄エリア 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士にだけ依頼すればいいケース

次に、弁護士にだけ依頼すればいいケースとは、すでに探偵に依頼して証拠を集めているか、ご自分で証拠を集めている場合です。

ただし、その証拠とは相手に浮気を認めさせることができる程度の質の高い証拠であることが前提です。質の低い証拠では、弁護士であっても相手に浮気を認めされることができず、慰謝料の支払い等の目的を達成することができません。

もし、今現在いくつか証拠を手元にお持ちの場合は弁護士に相談し、この証拠で相手と勝負できるのか、すなわち、このまま弁護士に依頼できる状態なのか、それともまだまだ証拠が足りず、証拠集めが必要なのか判断してもらうとよいでしょう。

探偵にも弁護士にも依頼すべきケース

最後に探偵にも弁護士にも相談すべきケースをご紹介します。

一から自分で行う余裕や自信がない

まず、一から浮気の証拠集めや相手の交渉を行う精神的・時間的余裕や自信がない、という場合です。

浮気の証拠を見るのが怖い、浮気によるショックが大きい、相手の顔を見るのも嫌、そういう思いから、自分で証拠集めすることや相手と交渉することができないという方も多いのではないでしょうか?

そうした場合は探偵や弁護士に依頼すべきです。探偵があなたの代わりに浮気の証拠を集めてくれます。また、弁護士による対応が必要な場合は、探偵から弁護士にスムーズに橋渡ししてくれる探偵を選んでおくとよいでしょう。

離婚や慰謝料請求の話し合いをスムーズに進めたい

次に、離婚や慰謝料請求の話し合いをスムーズに進めたい、という場合です。

前述のとおり、離婚や慰謝料請求する際の話し合いは、話し合い自体が難しいか、話し合いが難航することが多いに想定されます。そのため、話し合いをよりスムーズに進めるには弁護士の力を借りる必要があります。一方、弁護士が法的な話し合いを有利に進めるには、浮気の証拠という武器をもっておく必要があります。そして、浮気の証拠を集めるには探偵の力を借りる必要があります。

早期に課題を片付けたい

最後に、早期に慰謝料請求などの課題を片付けたい、という場合です。

自分で行う証拠集めにはマンパワーの点からも限界があります。一方、探偵は証拠集めのプロですし、依頼先によってはチームで調査してくれますから、より迅速に証拠を集めることが可能です。

また、自分で話し合いを進めようとしても、そもそも相手が話し合いのテーブルについてくれない可能性があり、いつまでも話し合いができない状態が続いてしまう可能性があります。弁護士であれば、様々な手法を用いて相手を話し合いのテーブルにつかせることが可能です。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士
(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員(約13年)→ 法律事務所(約4年) → 行政書士、夫婦カウンセラー | 離婚や不倫に関して情報発信しています | 離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成&チェック等をメイン業務としています | ご相談、ご依頼は「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください