【簡単】浮気調査で調べるスマホのロックを解除する方法を教えます!

shouko-sumafo-rock-kaijo
  • スマホのロックを解除するのって違法?
  • バレずに解除するにはどうすればいい?

この記事は上記のような疑問、お悩みにお応えする内容となっています。

記事の前半ではスマホのロックを解除する目的や違法性について、後半ではiPhoneとAndroidにわけて解除する方法を解説します。

この記事で読んでいただければ、自力でスマホのロックを解除できるようになれますので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

スマホのロックを解除する目的

スマホのロックを解除する一番の目的は、当然、

☑ 不貞

☑ 浮気相手に関する情報(顔、氏名、住所、職業、電話番号など)

☑ 浮気相手の故意、過失(※) 

 

※浮気相手に慰謝料請求するには、浮気相手が配偶者を既婚者であると知っていたこと(故意)、あるいは、注意すれば知りえたこと(過失)

を証明しなければなりません。

などの証拠をつかみたい、ということではないでしょうか?

ただ、集めた証拠の活かし方には注意が必要です。

本格的に離婚や慰謝料請求を考えていている場合は、集めた証拠を配偶者や浮気相手に積極的に見せてもよいでしょう。

証拠を見せることで言い訳を防ぎ、不貞等を認めさせて話し合いでの解決につながります。

話し合いで解決できれば、時間や費用、精神的な負担も軽減できます。

一方で、配偶者との関係修復を望んでいる場合は、可能な限り、証拠は見せない方がよいです。

 

証拠を見せることで逆に関係が悪化するおそれがあります。

まずは自発的に不貞等を認めるよう促し、それでも認めない場合に限って対応を検討した方がよいです。

また、上記のような本腰ではなく、浮気しているかどうか怪しいから

☑ 浮気しているかどうか確かめたい 

という思いの人もいると思います。

いずれにしても、浮気調査のとっかかりとして「スマホ」を選択する方は非常に多いです。

スマホのロックの解除は違法?

スマホのロックを解除する行為自体は不正アクセス(※)にあたりません

そもそも、不正アクセスいうためには、

① スマホ等(特定電子計算機)にパスコード等(識別符号)を入力すること

② インターネットを通じてスマホ等を作動させること

が必要ですが、ロックの解除は②の条件を満たさないからです。

また、ロックを解除した後、

  • スマホ内の写真や動画を見る
  • ロックされていないLINE等を見る
  • トークを自分のLINEに一括送信する
  • トークを写メする

などは①の条件を満たしませんから、やはり、不正アクセスにはあたりません。

一方で、LINEなどがロックされていて、パスワードを入力してロックを解除することは不正アクセスにあたる可能性があります。

また、不正アクセス(犯罪)にはあたらないとはいっても、いずれの行為も配偶者のプライバシー権を侵害していることには間違いありません。

プライバシー権利を侵害しているということは民法上の不法行為にあたります。

不法行為にあたるということは、損害賠償請求される可能性も否定はできません。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律で「不正アクセス行為」として禁止されている行為。不正アクセス行為をした場合の罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」。

違法手段で集めた証拠は使えない?

なお、違法手段で集めた証拠であっても、民事上は証拠として使えることが多いです。

とはいえ、違法な手段によって集めたことが配偶者にバレると関係が悪化することは間違いありません。

繰り返しになりますが、集めた証拠の活かし方には十分注意する必要があります。

iPhpneのロックの解除方法

それでは、iPhoneのロックの解除方法から解説します。

iPhoneのロックを解除する方法は

☑ 顔認証(face ID)による解除

☑ 指紋認証(touch ID)による解除

☑ パスコード(4桁or6桁)入力による解除

の3つです。

ただ、顔認証(face ID)による解除は現実的に難しいといってよいです。

そこで、以下では、「指紋認証(touch ID)による解除」、「パスコード(4桁or6桁)入力による解除」について解説します。

指紋認証(touch ID)による解除

指紋認証(touch ID)による解除は、配偶者のいずれかの指をスマホのボタンにタッチすることによってスマホのロックを解除する方法です。

指紋認証で解除するには、配偶者がいずれの指で解除しているのか把握しておく必要があります。

配偶者がスマホを解除している指を把握するためには、

☑ 配偶者がいずれの指で解除しているのか日頃からよく観察しておく

☑ 配偶者に怪しまれないよう、パートナーがスマホを解除する場面を撮影する

☑ 配偶者に理由をつけて自分の真横でスマホを解除してもらい、その指を確認する

ことが考えられます。

指紋認証が成功する確率が高いタイミングパートナーが熟睡しているときです。

疲れていて寝入っている深夜や泥酔状態のときが狙い目です。

最悪、パートナーの指を把握できていない場合でも、眠りが深い場合は様々な指を試せる場合もあります。

パスコード(4桁or6桁)入力による解除

顔認証や、指紋認証で解除できなかった場合はパスコード(数字)の入力を求められます。

パスコード入力による解除は、4桁or6桁のパスコードを入力することによってスマホのロックを解除する方法です。

4桁か6桁かははじめに表示される画面でわかります。

配偶者のパスコードを把握するためには、指紋認証と同様、

☑ 日頃から配偶者の指の動きをよく観察する

☑ 解除している場面を撮影する

☑ 何かしら理由をつけて、ご自分の隣で配偶者にスマホを解除させる

という方法を使うことが考えられます。

また、これらの方法で把握できなくても、配偶者がせっかち、面倒くさがりな性格の持ち主の場合は、

☑ 誕生日

☑ 西暦

☑ 結婚記念日

☑ 車両ナンバー

☑ 簡単な数字(123456,000000,1234,0000など)

など意外と簡単なパスコードを設定している可能性がありますので試してみる価値はあります。

なお、パスコードの入力間違いには注意が必要です。

以下のとおり、間違えた回数によってセキュリティーが厳しくなっていきますので注意が必要です。

【連続間違い】

  • 6回 ➡ 1分間使用不可
  • 7回 ➡ 5分間使用不可
  • 8回 ➡ 15分間使用不可
  • 9回 ➡ 60分使用不可
  • 10回 ➡ 60分使用不可+データ消去(パートナーが設定していた場合)
  • 11回 ➡ 同期したiTunesをダウンロードした端末に接続しない限り使用不可

iPhoneのロック解除の裏技

ネットなどでは前述で紹介した方法以外にも様々な方法が紹介されていますが、その中でも

☑ 「配偶者のスマホ」と「iTunesをダウンロードしてスマホと同期している端末」とを接続する

という方法は試してみる価値はあります。

配偶者が過去に一度でもスマホとiTunesの同期作業をしている場合は、スマホ以外の端末でスマホの中身を見ることができるかもしれません。

上のツイートは「妻に浮気され、iPadで妻のLINEを見たという方」のツイートです。

LINEには、不貞の証拠となりうる以下の文面が記載されていたとのことでした。

試してみる価値はありますね。

Androidのロックの解除方法

続いて、Androidのロックを解除する方法です。

Androidのロックを解除する方法は

☑ パターンロックによる解除

☑ PINコード(ロックナンバー)による解除

☑ 指紋認証による解除

の3つです。

以下、「パターンロックによる解除」、「PINコード(ロックナンバー)による解除」について解説します。

「指紋認証による解除」はiPhoneと同じですので解説を省きます。

パターンロックによる解除

パターンロックによる解除は、9つの点(ドット)から4つ以上の点を一筆書きで選択することによってスマホのロックを解除する方法です。

パターンロックで解除するには、配偶者が使っているパターンロックを把握しておく必要があります。

配偶者のパターンロックを把握する方法としては、iPhoneの指紋認証やパスコードと同様、

☑ 日頃から配偶者の指の動きをよく観察する

☑ 配偶者に怪しまれない方法で解除する場面を動画で撮影する

☑ 自分の横で配偶者にスマホを解除させて、その指の動きをよく観察する

などがあります。

忘れないよう「Z(Z型)」や「L(L型)」などの簡単なパターンとしている可能性もありますので試してみましょう。

また、これらに加えて、

☑ スマホの画面に痕跡(皮脂)をつける

➡前日の夜にスマホの画面を綺麗に掃除する

➡(パートナーの皮脂が少ない場合は、ハンドクリームなどを薄く塗っておく)

➡翌朝、スマホの画面を確認する

ことも考えられます。

なお、5回連続で入力を間違えると30秒間使用できなくなります

ただ、「OKボタン」を押すとPINコードかGoogleIDとパスワードの入力を求められますから、いずれかを知っている場合でもロックを解除することが可能です。

PINコード(ロックナンバー)による解除

PINコード(ロックナンバー)による解除は、4桁の数字を入力することでスマホのロックを解除する方法です。

配偶者のPINコード(ロックナンバー)を見破る方法としては、パターンロックと同様です。

複雑な組み合わせとしている場合もありますが、忘れないようにと意外と単純なコードを設定している場合もあります。

そのため、

☑ 誕生日

☑ 西暦

☑ 結婚記念日

☑ 車両ナンバー

☑ 簡単な数字(0000,1111,1234,1212など)

などから試してみる価値もあります。

なお、パターンロックと同様、5回連続で入力を間違えると30秒間使用できなくなりますので注意が必要です。

スマホのロックの解除は慎重に

ここまでiPhoneとAndroidとにわけて、スマホのロックの解除方法について解説してきましたが、一番大切なことは

配偶者にスマホのロックを解除しようとしていること、したことがバレないよう細心の注意を払う

ということです。

一度気づかれると、配偶者の警戒心が高まります

警戒心が高まると証拠集めが難しくなります。

証拠を集めることができないと配偶者や浮気相手に不貞等を認めさせることや慰謝料請求することが難しくなります。

また、配偶者との関係が悪化するおそれがあります

関係が悪化すると配偶者がますます浮気にのめり込んで関係修復や話し合いが難しくなることも考えられます。

確かに、スマホのロックを解除することで決定的な証拠を見つけることができればよいのですが、現実はなかなかそう簡単にはいきません。

スマホのロックを解除することによって得られる利益よりも失われる利益(リスク)の方が高いといえます。

そのため、

  • スマホのロックを解除することに自信がない
  • 気づかれそうで怖い

と思った場合は潔く諦めて別の方法で証拠を集めることを検討した方がよいです。

また、場合によっては探偵に相談、依頼することも検討しましょう。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている