ドライブレコーダーは浮気調査で使える?証拠集めで失敗しない選び方

  • 浮気調査のためにどんなドライブレコーダーを選んだらいいの?
  • 配偶者に何といって購入・取り付けをすすめたらいいの?

この記事は上記の疑問・お悩みにお応えする内容となっています。

この記事では、これから「浮気調査でドライブレコーダーを使ってみよう」という方向けに、浮気調査でドライブレコーダーを使うメリット、選ぶ際のポイント、パートナーへの勧め方などを解説します。

記事の後半ではおすすめのドライブレコーダーも紹介しています。

ドライブレコーダー選びの参考としていただければ幸いです。

そもそもドライブレコーダーって何?

ドライブレコーダーは車のダッシュボートなどに取り付ける車載型の映像記録装置のことです。

常時録画できるもの、衝撃前後を録画するもの、録音・GPS機能つきのものまで様々なものが開発されています。

もともとドライブレコーダーは交通事故状況の解明を目的として開発されました。

しかし、近年はその用途が広がっており、

  • ドライバー自身が自分の運転技術をチェックするため
  • あおり運転を抑止するため

などにドライブレコーダーを設置する方も多いです。

ドライブレコーダーで得られる情報

では、そもそもなぜ、浮気調査でドライブレコーダーを利用するのでしょうか?

それは、ドライブレコーダーに録音された会話の内容や録画された映像から、

■ パートナーと浮気相手との関係性

■ 浮気相手の顔、氏名、職業などの個人情報

■ 行動した場所

■ 次回の行動日程

■ 不貞(※)の状況 

※配偶者と浮気相手とが肉体関係をもつこと

などの情報を得ることができる可能性があるからです。

車内はプライベートな空間です。

そのため、つい気を緩めて秘密にしていることも話がちとなります。

また、様々な事情から車を浮気相手との密会の場として使う配偶者もいます。

そのため、上記のような情報が得られる可能性が格段に高くなる、というわけです。

ドライブレコーダーは浮気の証拠になる?

配偶者や浮気相手に対する慰謝料請求を検討中の場合は不貞の証拠を集める必要があります。

そして、ドライブレコーダーに不貞に関する会話や映像が録音・録画されている場合は、不貞の証拠として使うことができます

一方、

  • これからラブホテルに行くことがわかる会話
  • ラブホテルに行ったことがわかるGPS記録

などは不貞の証拠として使うことはできません。

なぜなら、本当にラブホテルに行ったかどうか、浮気相手が誰かまではわからないからです。

ただ、少なくとも配偶者と浮気相手とが親密な関係にあること、次回もそのラブホテルを使うのではないかとの予測を立てることは可能です。

そのため、不貞の証拠としては使えなくても、

  • 配偶者や浮気相手に浮気や不倫を追及するため

= 再構築、関係修復のため

  • ドライブレコーダー以外の証拠を集めるため

➡ ラブホテルに待ち伏せするなどして写真、動画を撮影できる

  • 配偶者や浮気相手の行動パターンを把握するため

などの証拠としては使える可能性があります。

特に、配偶者や浮気相手の行動パターンを把握することは、決定的な証拠を得る上で非常に大切です。

行動パターンを把握していれば、探偵に浮気調査を依頼することになった場合でも探偵に的を絞った調査を依頼できます。

その結果、調査費用を安く抑えることができます。

コレだけは外せない!ドライブレコーダーの性能

ここまで読まれてみて、浮気調査でドライブレコーダーを使ってみたい!と考えられた方もおられるでしょう。

ただ、ドライブレコーダーの種類は多種多様で一体どれを選べばよいかわかりませんよね。

そこで、以下では、浮気調査用のドライブレコーダーを選ぶ際に、絶対に外せない性能について解説します。

浮気調査に失敗しないためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

車内を録画するもの

まず、ドライブレコーダーには

 車外のみを録画するもの■ 車外と車内を録画するもの

の2種類にわかれますが、必ず「車外と車内を録画するもの」を選びましょう。

その理由は簡単で、車内を録画するものであれば、

■ 浮気相手の顔

■ 不貞行為の状況

などの情報を得られる可能性があるからです。

上記の情報は離婚や慰謝料請求する上ではぜひとも手に入れたい情報です。

常時録画(録音)するもの

次に、ドライブレコーダー本体の録画方式は

 常時録画■ 検知録画

の2種類があります。

常時録画は、文字通り、車のエンジンをかけてから切るまで常時録画するもの。

検知録画は、ドアの開閉や車の衝突などで車に何らかの衝撃が加わった場合に、その前後の場面を録画するものです。

このうち、浮気調査に向いているのは常時録画であることはいうまでもありません。

ただし、常時録画の最大のデメリットは、保存先のSD(またはmicroSD)カード(※)の容量を大幅に消費してしまうことです。

容量を超えて記録すると前の記録が上書きされて見ることができなくなってしまいます。

そのため、SDカードは大容量のものを使用しましょう。

録画時間は32GBであれば画質を落として5時間程度、最大の128GBであれば20時間程度が目安とされています。

常時録画を選択する場合は予算の許す限り124GBを使用すると安心です。

※ドライブレコーダーのSDカードは、常時録画する場合、上書き保存されていくほど不具合が生じやすくなります。不具合が生じると肝心な映像や音声が記録されないことがありますので、定期的にフォーマット(初期化)するようにしましょう。

GPS機能付きのもの

ドライブレコーダーはGPS機能付きのものを選びましょう

確かに、GPSの位置情報は100%正確ではありません。

また、前述のとおり、直ちに不貞の証拠として使えるわけではありません。

しかし、ドライブレコーダーによってはGoogle mapなどと連動するタイプのものもあります。

そのため、配偶者と浮気相手の行動パターンをつかむことや尾行などには大変活躍する道具といえます。

浮気調査用のドライブレコーダーを選ぶ際は、ぜひともGPS機能付きのものを選びたいです。

録音機能があるもの

意外かもしれませんが、ドライブレコーダーには録音機能がついていないものもあります。

ドライバーのプライバシーを守る意味で、あえて録音機能がついていないドライブレコーダーを選ぶ方もいるようです。

しかし、浮気調査のためにドライブレコーダー使うのであれば、録音機能があるものを使うべきです。

前述のとおり、車内で交わされる会話の中には、浮気相手の個人情報など映像からでは得られない情報が混じっている可能性があります。

録画機能のみのドライブレコーダーだとそうした情報を見逃してしまう可能性があります。

ドラレコの購入を配偶者に提案する方法

ドライブレコーダーが浮気調査に役に立つことはおわかりいただけたかと思います。

ただ、最大の難関はどうやって車にドライブレコーダーを設置するか、ではないでしょうか?

無断で設置すると浮気調査しているのではないかと疑われる可能性があります。

そのため、配偶者の了解を得て設置する方が無難ですが、問題はどう了解を得るかです。

以下では、その具体的な対処法について解説します。

なお、これからドライブレコーダーを設置できる車は夫婦で使っている車だけです。

配偶者が単独で使っている車に取り付けようとすると、浮気調査しようとしていることに感づかれてしまう可能性があるからです。

あおり運転を口実にする

近年は、テレビやインターネットで悪質なあおり運転が取り上げられることがあります。

そして、あおり運転の抑止のためにドライブレコーダーを設置する人が増えていることはあなたも配偶者もご存知のはず。

そこで、テレビなどであおり運転が取り上げられたタイミングで、配偶者に

うちもドライブレコーダーを設置してみない?

と提案してみてはいかがでしょうか?

あるいは一緒に車に乗っている際に、怖い思い、危ない思いをしたタイミングでもよいでしょう。

後者のケースに遭うことは稀かもしれません。

ただ、配偶者がドライブレコーダーの必要性をより実感でき、前向きな回答を得られやすいといえます

「交通事故から家族を守るため」と提案する

前述のとおり、もともとドライブレコーダーは交通事故状況の解明のために開発されたもの。

万が一、家族が不慮の交通事故に遭った場合でも、映像などから交通事故の真相を客観的に明らかにできます。

そして、加害者の的外れな主張を排斥し適切な賠償金を得ることが可能となるのです。

そこで、配偶者に上記のような

ドライブレコーダーのもともとの設置目的

を丁寧に説明してみてはいかがでしょうか?

万が一のことを考えると、配偶者から前向きな回答を引き出すのも一つの方法です。

キャンペーン期間中に提案する

ドラレコのキャンペーン期間中に購入・取り付けを提案してみるのも一つの方法です。

ただ、いきなり提案すると唐突感があり怪しまれる可能性があります。

そこで、伏線を貼っておく必要があります。

すなわち、普段から配偶者とドライブレコーダーの話をし、ある程度の目星をつけておきます。

そして、目星をつけていたドライブレコーダーがディスカウントされたタイミングで購入を提案するのです。

また、家族のお守りと称して、家族で遠出するタイミングに購入を提案するのもよいでしょう。

春先や初秋などのレジャーシーズンはディスカウントされやすいタイミングです。

スマホなどで情報をこまめにチェックしておきましょう。

最新ドライブレコーダーをご紹介!

それでは、以下では実際のドライブレコーダーを見ていただくことにします。

それぞれの特徴、使い勝手を踏まえた上で、予算に合った最適なドライブレコーダーを選んでいただければと思います。

COMTEC  HDR360GW


 

【値段】

32,800円(税込み)
【性能】
☑ 総画素数:500万(メインカメラ)
☑ 有効総画素数:最大340万(メインカメラ)

☑ 車内録画:〇 (360°全方位録画)

☑ 常時録画:〇

☑ GPS機能:〇

☑ 録音機能:〇

COMTEC  ZDR026


 

【値段】

25,370円(税込み)         
【性能】
☑ 総画素数:500万(メインカメラ)
☑ 有効総画素数:最大370万(メインカメラ)

☑ 車内録画:✕ 

☑ 常時録画:〇

☑ GPS機能:〇

☑ 録音機能:〇

COMTEC  HDR952GW


【値段】

22,340円(税込み)         
【性能】
☑ 総画素数:200万(メインカメラ)
☑ 有効総画素数:最大200万(メインカメラ)

☑ 車内録画:✕ 

☑ 常時録画:〇

☑ GPS機能:〇

☑ 録音機能:〇

ドライブレコーダーで証拠をつかむ際の注意点

注意点は

  • 有力な証拠が得られるかどうかは運任せ
  • 不十分な証拠しか得られない可能性がある

という点です。

浮気相手の個人情報、不貞などの有力な証拠が得られるかどうかは、配偶者や浮気相手の言動にかかっているといえます。

タイミングや時間帯などによっては、浮気相手の顔や不貞の状況などが鮮明に録音・録画されていないことも考えられます。

また、SDカードの容量にも注意が必要です。

仮に、容量が多いものを選んでいたとしても、残量が少ない場合は、過去に録音・録画された決定的な部分が上書きされている可能性があります。

SDカードの残量は定期的にチェックし、場合によっては交換も必要です。

その他、警戒心の高い配偶者だと、

  • 重要な場面で電源を切る
  • データを削除する
  • カメラの向きを変える 

などの対策を講じてくることも考えらえます。

こうした対策を取られると、有力な証拠を得ることはますます難しくなります。

ただ、こうした行為自体を浮気の状況証拠として活用することは可能です。

浮気調査に困ったら探偵にご相談を!

ここまではこれから夫婦が共同で使う車にドライブレコーダーを設置することを前提に話を進めてきました。

最後に、配偶者が単独で使っている車にすでに設置されている場合の注意点を申し上げておきます。

それは、迂闊に車に近づいたり、車のドアを開閉したりしない、ということです。

なぜなら、ドライブレコーダーによっては、

  • センサーやドアの開閉時の振動だけで録音・録画が開始するもの
  • 振動やエンジンを入れる際に配偶者のスマホにメール通知が届くもの

などがあり、あなたが浮気調査していることがバレる可能性があるからです。

配偶者に浮気調査していることがバレると、配偶者の警戒心が高まります。

配偶者の警戒心が高まると

浮気調査(証拠集め)が難しくなる有利に話し合いを進められない慰謝料請求できない、満足のいく慰謝料を獲得できない

ことにもなりかねません。

また、配偶者との関係が悪化することも考えられます。

配偶者との関係が悪化すると、

配偶者がますます浮気にのめり込む関係修復が難しくなる離婚を切り出される➡離婚せざるをえなくなる

ことにもなりかねません。

そのため、配偶者が単独で使っている車にドライブレコーダーが設置されていてもむやみに近づいてはいけません。

その場合は潔くドライブレコーダーにより浮気調査を諦め、その他の証拠にシフトチェンジしましょう。

また、その他の証拠集めでも行き詰ったり、困ったりしたら、証拠集めのプロである探偵に依頼するのも一つの方法です。

実績と調査力のある探偵であれば、これまで培った経験を活かしつつ、経験のある調査員とハイテクな機材を駆使しながら調査できます。

その結果、バレるリスクを押さえつつ、より迅速かつ確実に、決定的な証拠を集めてくれます。

相談、費用の見積もりは無料ですし、相談したからといって無理矢理契約する必要はありません。

まずは気軽に相談してみましょう。

以下のボタンをクリックすれば、

■ 探偵の仕事内容、実体
■ 探偵の選び方・手順
■ 調査費用を安くするための方法
■ おすすめの探偵社

について解説した記事に飛ぶことができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている