【簡単】浮気した旦那(妻)用の誓約書の書き方【テンプレート付き】

  • 浮気の誓約書って何?
  • 誰が作るの?
  • 作るメリットは?
  • 作るまでにやるべきことは?
  • 誓約書にどんな内容を盛り込むべき?
  • 注意点は?

この記事ではこのような疑問、悩みにお応えします。

誓約書は一方当事者から他方当事者へ差し出される書面で、夫婦でも交わされることがあります。特に、一度浮気され、再構築していくことにはしたものの、浮気防止のために作成されることが多いのがこの誓約書です。

そこで、この記事では、夫婦間契約書を専門とする行政書士が、浮気から夫婦関係を再構築するための誓約書の書き方などについて詳しく解説していきたいと思います。

なお、後述するように、再構築用の誓約書は、パートナーが浮気したことを認めなければ作ることができません。再構築用の誓約書は、パートナーが浮気の事実を認めた上で、「二度と浮気しない」というあなたへの誓いを示す書面だからです。

では、パートナーに浮気を認めさせるにはどうすればよいか?ですが、それは浮気の証拠を集めることです。浮気の証拠はご自分で集めることもできますが、パートナーの警戒心が強いなど自分で浮気調査すべきでない場合は探偵に相談、依頼することも検討してみましょう。

浮気の誓約書とは?

前述のとおり、浮気の誓約書とは浮気から夫婦関係を再構築するために作成する書面です。

誓約書に記載する内容はあなたとパートナーが話し合って決めますが、誓約書はあくまでパートナーが自分で決めた誓約内容を記載した書面という点に特徴があります。

そのため、誓約書はパートナーからあなたに差し出させる形をとります。また、作る通数は1部で、その1部にパートナーがサインします(ただ、示談書と同じく2部作成し、それぞれにサインさせて1部を配偶者に渡してもかまいません)。

浮気の誓約書は誰が作る?

浮気の誓約書は、あなたが作ることをおすすめします。本来は、前述した誓約書の性質からすれば、誓約書は浮気したパートナーが作るべきです。

ただ、自分で作ることで、誓約書にどんな内容を盛り込めばよいのか、パートナーと何を話し合えばよいのか誓約書を作りながら頭を整理できます。また、話し合いもあなた主導で進めることができ、最終的に納得のいく誓約書を作ることができます。

もっとも、誓約書に法的に問題がある内容が盛り込まれていたり、表現が曖昧だったりすると、誓約書がかえってトラブルの原因にもなりかねません。ご自分で誓約書を作った場合は、一度専門家のリーガルチェックを受けておくと安心です。

浮気の誓約書を作る理由

次に、誓約書を作る理由を簡単に確認しておきましょう。

浮気を防止するため

まず、いうまでもなく浮気を防止するためです。

誓約書には、浮気相手との関係解消や今後、パートナーにして欲しいこと、やって欲しくないこと、約束を破った場合の違約金のことなどを書くことができます。誓約書にこうしたことを書いておくことで、浮気に対する歯止めにはなります。

誓約内容を形に残すため

次に、パートナーがあなたに対して誓約したことを形に残すためです。

誓約書を作らないでいると、何を誓約されたのか、したのか、ときの経過とともに記憶が曖昧になっていきます。そうすると、将来、パートナーとの間で言った言わないのトラブルとなる可能性が高いです。誓約書を作っておけばこうしたトラブルを防止できます。

証拠として使うため

次に、万が一、浮気された場合に慰謝料請求や離婚の証拠として使うためです。

誓約書で「二度と浮気しない」と誓約しておきながら、再び浮気することは将来の慰謝料の増額事由になりえます。また、不貞は裁判上の離婚理由ですから、パートナーが離婚を拒否したとしても誓約書を証拠の一つとして離婚請求できます。一方、パートナーからの離婚請求は原則として認められていません。誓約書を盾に離婚を拒否することもできます。

誓約書と示談書の違い

誓約書に似た書面として示談書があります。盛り込む内容は似ていますが、次の点で大きく違います。

  • 示談書は契約書だが、誓約書は契約書ではない
  • 示談書はトラブルを終局的に解決するための書面だが、誓約書はそうではない

また、誓約書と示談書のどちらを作るべきか悩む方もおられますが、誓約書はパートナーとの関係修復を図る際に、示談書は浮気相手に慰謝料請求する際に作るのが一般的です。なお、パートナーに慰謝料請求するのは離婚する場合が一般的で、その場合は離婚協議書か離婚公正証書を作ることが多いです。

浮気の誓約書にサインさせるまでにやるべきこと

浮気の誓約書の最終目標は、パートナーに誓約書へサインさせることです。ここでは、誓約書にサインさせるまでにやるべきことをみていきましょう。

①浮気調査して証拠を集める

まずは、浮気の疑いを抱いた段階で、浮気調査して証拠を集めることです。

浮気の疑いを抱いた段階では、まだ浮気しているのかどうかはっきりしない段階です。それを白か黒かはっきりとさせるためには、浮気の証拠を集める必要があります。証拠は真実を映す鏡です。

また、冒頭でも述べたように、浮気の誓約書を作るにはパートナーが浮気を認めることが前提となりますが、証拠もなくパートナーを問い詰めてもなかなか認めようとはしないでしょう。浮気を認めなければ誓約書のサインにも応じないでしょう。

一方、証拠を集めておけば精神的に優位な立場で話し合いに臨むことができます。万が一、浮気を認めない場合は証拠を突きつけて浮気を認めさせることもできます。浮気を認めれば、浮気したという負い目から誓約書へのサインにも応じるでしょう。

②探偵に相談、依頼する

次に、探偵に相談、依頼することです。

浮気調査はご自分で行うことも可能ですが、中には自分で調査すべきでないケース、すなわち、探偵に依頼すべきケースもあります。

そうした場合に、無理に自分で調査してパートナーに調査していることがバレてしまい、証拠を集めることができなくなる事態だけは避けなければいけません。

ご自分で浮気調査するにあたっては、まずは、自分で調査できるケースなのか、探偵に相談、依頼すべきケースなのかをしっかり見極めることが必要です。

見切り発車で調査に手を出すと取り返しのつかないことにもなりかねません。少しでも自分で行う調査に不安を感じた場合は、はやめに探偵に相談だけでもすることが大切です。

③再スタートする意思を固める

次に、パートナーとの関係を再スタートする意思を固めることです。

浮気調査によって浮気の事実が明らかになった場合は、ショックから離婚の二文字が頭をよぎることでしょう。ただ、この記事では、パートナーとの関係を継続することを前提に話を進めています。夫婦の誓約書は再スタートのための書面です。

パートナーとの関係を再スタートするには、これまでのご自分の言動を振り返り、自分から変わっていくことが求められます。これまでどおりの対応だと、また浮気される可能性があるからです。

また、つい、パートナーからから変わるよう求めがちですが、パートナーを自分の理想どおりに変えることは簡単なことではありません。あなたが変われば、パートナーも変わります。その意思と覚悟があるかを確かめる必要があります。

➃誓約書の原案を作る

次に、パートナーとの関係を再スタートさせる意思を固めたら、誓約書の原案の作成にとりかかります

前述のとおり、誓約書の原案は、あなたが作りましょう。誓約書の原案を作っておけば、話し合い当日では、それをパートナーに見せ、内容を確認してサインしてもらうだけで済む場合もあります。そうなれば、話し合いの負担軽減にもつながります。

誓約書にどんな項目、内容を盛り込むべきかは後述します。この段階では、あなたの希望が反映された内容になりがちですが、話し合いを切り出した後は、パートナーと盛り込む項目、内容についてよく話し合い、パートナーから修正を求められた場合は柔軟に対応することも必要です。

話し合いでサインを求める

最後に、話し合いの準備が整った段階で、パートナーに話し合いを切り出します

話し合いを切り出す前は、話し合いをどのような形で行うのか、すなわち、夫婦だけで行うのか、間に誰か入れるのか、子どもを誰に預けるのか、場所はどこにするのか、などについてもしっかり検討しておく必要があります。また、切り出すタイミングや切り出し方にも注意が必要です。

話し合いを切り出した後は、まずはパートナーに浮気(不貞)を認めさせます。そして、浮気を認めた場合は、浮気の詳細な事実関係について聴き出します。また、パートナーがあなたとの今後の関係をどう考えているのかも確認する必要があります。パートナーが「やり直したい」というのであれば、誓約書にサインを求めます。

浮気の誓約書の書き方【例文付き】

それでは、ここからは誓約書に盛り込むべき内容についてみていきましょう。まずは、例文で全体をご確認いただき、その後、各項目の詳細について解説していきます。

誓約書【例文】

誓約書

 

1.私、山田太郎(以下「甲」という。)は、田中桜子(以下「乙」という。)と継続して肉体関係をもったこと(以下「本件不貞行為」という。)を認め、妻、山田花子(以下「丙」という。)に対し、心より謝罪します

2.甲は、丙に対し、今度二度と、乙と直接会うことはもちろん、メール、電話、その他のあらゆる手段を用いて接触しないことを誓約します。

3.甲は、乙以外の異性とも過度に親しくすることを控え、浮気とみなされる一切の行為を行わないことを誓約します。

4.甲は、丙に対し、本件不貞行為にかかる慰謝料として、金100万円を支払義務があることを認めます。

5.甲が前2項に違反した場合は、甲は、丙に対し、違約金として金50万円を支払います。

6.甲は、再度不貞行為をしたときは、丙の申し出による離婚協議に誠実に応じます。

7.甲は、将来、丙と離婚することになった場合には、子〇〇〇〇の親権者を丙とすることにつき異議を唱えません。

8.甲は、丙との良好な夫婦関係を維持するため、次のことを遵守することを誓約します。
⑴ 今後一切、風俗店、キャバクラ店など異性と交流を図る場に行かない。
⑵ 丙及び子に対して、暴力・暴言などの虐待や虐待が疑われる行為を行わない。
⑶ ・・・・・
⑷ ・・・・・

以上

令和〇年〇月〇日

署名:山田太郎㊞

①不貞行為、謝罪

1.私、山田太郎(以下「甲」という。)は、田中桜子(以下「乙」という。)と継続して肉体関係をもったこと(以下「本件不貞行為」という。)を認め、妻、山田花子(以下「丙」という。)に対し、心より謝罪します

①は誓約書に必須の項目です。最低限、パートナーが浮気相手と肉体(不貞)関係をもったことを認めることは書いてください。一方、肉体関係の事実が認められなかったものの、浮気したこと自体は認める場合は、

 

「~私的な交際(二人きりの食事・旅行など)をもったことを認め、」

 

と書いてもよいでしょう。

証拠によって期間や回数の裏付けができ、かつ、パートナーの自白の内容ともおおむね一致する場合は、

「私、山田太郎(以下「甲」という。)は、令和〇年〇月〇日から令和〇年〇月〇日までの間、約〇回にわたり、田中桜子(以下「乙」という。)と継続して肉体関係をもったこと(以下「本件不貞行為」という。)を認め、~」
と事実関係を詳細に書きましょう。
パートナーが肉体関係、不貞関係というワードを使うことを嫌う場合は、代わりに「不適切な関係」というワードを使う方法もありますが、あとで肉体関係をもったのか、肉体関係を伴わない浮気なのか、解釈をめぐってトラブルとなる可能性もありますので、できれば使うのは避けた方が無難です。

②浮気相手との関係解消、接触禁止

2.甲は、丙に対し、今度二度と、乙と直接会うことはもちろん、メール、電話、その他のあらゆる手段を用いて接触しないことを誓約します。

②も誓約書に必須の項目です。メール、電話以外でも接触させないよう「その他のあらゆる手段を用いて」という文言を盛り込んだ方がよりよいです。あなたの目の前で、浮気相手の連絡先やアカウントを削除させることもお忘れなく。

パートナーと浮気相手とが同じ職場の場合は、

2.甲は、職務の業務遂行に必要な最低限の連絡を除き、私的に乙と連絡・接触しないことを誓約します。

などと書くのも一案です。

③浮気相手以外の異性との付き合い

3.甲は、乙以外の異性とも過度に親しくすることを控え、浮気とみなされる一切の行為を行わないことを誓約します。

浮気防止のためには浮気相手との関係を解消するだけでは足りません。浮気相手以外の異性との関係についても誓約させておく必要があります。その意味で③も必須の項目といえます。

ただ単に「浮気」だけ書くと、後日、浮気の解釈をめぐってトラブルとなる可能性があります。トラブルを避けたい場合は、以下のように浮気の定義を明確にしておくことも一つの方法です。

3.甲は、乙以外の異性と過度に親しくすることを控え、浮気とみなされる一切の行為を行わないことを誓約します。なお、ここでいう「浮気」とは、以下のいずれかにあたる行為をいいます。

① 丙以外の者と不貞行為をすること、あるいはそれを疑われる行為をすること

② 目的を問わず、丙以外の者と二人きりでデート、食事、買い物、ドライブするなど、社会通念上、丙以外の者と親密な関係にあるとみなされるような行為をすること

慰謝料

4.甲は、丙に対し、本件不貞行為にかかる慰謝料として、金100万円を支払義務があることを認めます。

離婚しない場合は、パートナーには慰謝料請求しないことが一般的ですから、➃は必須の項目ではありません。もっとも、盛り込んでおけば、浮気に対する一定の歯止めにはなります。また、万が一、将来浮気され離婚する場合には、相場よりも高い慰謝料を請求しやすくなります。

一方、将来浮気され離婚せずに慰謝料請求したい場合は、上の例文の後の2項に次の条項を盛り込むことも一案です。将来の浮気に対する抑止及びペナルティになりえます。

4.甲は、丙に対し、~。
⑵ 甲が再度不貞行為を行ったときは、甲は、丙に対し、不貞行為にかかる慰謝料として、金〇〇万円の支払義務があることを認めます。なお、この場合の不貞行為の相手方は乙に限られないものとします。
関連記事
  • 不倫慰謝料の相場は?請求の条件、手順、注意点など【総まとめ】

⑤違約金

5.甲が前2項に違反した場合は、甲は、丙に対し、違約金として金50万円を支払います。

⑤は、浮気相手との関係解消、接触禁止の実効性を高めるためにも誓約書に必須の項目です。違約金は「損害賠償額の予定」と推定されることから、違反事実さえ証明できれば直ちに金銭の支払を請求できるというメリットもあります。

金額は高ければ高いほど効果的ですが、あまりにも高額だとパートナーの同意を得られませんし、常識を超えた部分については無効とされてしまう場合もありますので注意が必要です。

上の例文では、パートナーと浮気相手が複数回、接触した場合でも違約金は50万円だけだと解釈されかねませんので、そうした事態を防止したい場合は

「~丙に対し、接触1回につき、違約金として〇〇万円を支払います。」

などと、1回の接触ごとに違約金が発生するという工夫をするとよいでしょう。

⑥再び浮気したら離婚協議に応じること

6.甲は、再度不貞行為をしたときは、丙の申し出による離婚協議に誠実に応じます。

⑥は誓約書に必須の項目ではありません。この項目を盛り込んだとしても、パートナーに離婚協議に応じることや離婚そのものを強制することはできません。

ただ、この項目を設けことで、パートナーにあなたの覚悟を明確に示すことができ、夫婦間に緊張感が生まれ、浮気の再発防止につなげることができます。

⑦離婚条件

7.甲は、将来、丙と離婚することになった場合には、子〇〇〇〇の親権者を丙とすることにつき異議を唱えません。

⑦も⑥と同様に必須の項目ではありません。⑥と同様に、離婚が前提となっていない今の状況で、親権や養育費などの離婚条件に関する合意は無効だからです。離婚条件についてはお互いが離婚に合意できた段階で、あらためて話し合う必要があります。

もっとも、将来、離婚するとなった場合に、誓約書を「過去にパートナーが親権者の取り決めについて異議を述べなかったこと」の証明として使うことができ、親権をめぐって争いになった場合は一定程度有利に働く可能性はあります。

⑧その他、夫婦の事情に合わせた誓約事項

8.甲は、丙との良好な夫婦関係を維持するため、次のことを遵守することを誓約します。

⑴ 今後一切、風俗店、キャバクラ店など異性と交流を図る場に行かない。

⑵ 丙及び子に対して、暴力・暴言などの虐待や虐待が疑われる行為を行わない。

⑶ ・・・・・

⑷ ・・・・・

②、③のほかに、パートナーに守って欲しいことがあれば誓約書に盛り込むことができます。書面化しておくことで、あとでパートナーがあなたにどんなことを誓約したのかを見返すことができます。

内容は一般常識を逸脱しないものとしましょう。一般常識を逸脱した内容は無効とされてしまう可能性があるため注意しましょう。また、あまりに絞めつけ感が強い内容だと、その反動から逆にパートナーを浮気に走らせてしまう可能性もあります。

誓約書に盛り込む内容はパートナーとよく話し合って決めることが大切です。

⑨書類の作成年月日、相手の署名・押印

(日付)令和〇年〇月〇日

(署名・押印)〇〇〇〇 ㊞  

⑨は必須の項目です。日付はパートナーにサインしてもらう日とするのが一般的です。署名は自筆とし、印鑑は三文判・認印でもかまいませんが、できれば実印の方が安心です。

浮気の誓約書【テンプレート】

以上の内容に沿った誓約書のテンプレートがこちらです。

なお、誓約書に盛り込むべき内容は、あなたやパートナーの希望などによって異なってきます。そのため、まったく同じ内容の誓約書ができあがることはありえません。

あくまでテンプレートは参考程度にとどめ、個別事情にあった誓約書を作るよう心がけてください。繰り返しになりますが、誓約書の作り方に困った場合は専門家に相談するようにしてください。

浮気の誓約書を作る過程で注意すべきこと

最後に、浮気の誓約書を作る際やパートナーにサインさせる際の注意点をみていきましょう。

内容によっては無効となる場合がある

まず、前述したとおり、相場を大幅に超える慰謝料や違約金や社会常識を逸脱した内容は無効となる場合がありますので注意が必要です。誓約書に盛り込む内容はあくまで常識の範囲内の内容にとどめ、最終的には、パートナーとよく話し合って決めることが大切です。

話し合いは冷静に

次に、話し合いを冷静に行うことです。話し合いではつい感情的になってしまいがちですが、あなたが感情的になると相手も感情的になって建設的な話し合いが難しくなります。お互いが冷静に話し合うための事前準備も大切です。

内容を丁寧に確認・理解させる

次に、誓約書の内容をパートナーにもよく確認・理解させることです。前述のとおり、誓約書はあなたが作成すべきですが、本来、誓約書はパートナーが作成すべきものです。パートナーが誓約書の内容をよく理解していなければ誓約書を作った意味がありません。内容をよく確認させてからサインを求めましょう。

署名(サイン)・押印を強制しない

最後に、署名・押印を強制しないことです。もしあとで強制したことがわかると、誓約書そのものが無効となる可能性があります。署名・押印しないからといって、暴力を振るったり、脅迫めいたことを言って無理やりサインさせてはいけません。

後日、「強制的にサインさせられた。」と言われることを防ぐため、話し合いは二人で行う、ボイスレコーダーや隠しカメラで話し合いの場面を録音・録画しておく、といった対策を講じるのも一つの方法です。

まとめ

浮気の誓約書は浮気から夫婦関係を再構築するための書面です。誓約書はパートナーが作成し、それをあなたに差し出す形をとるのが本来の形ですが、あなたが作ることをおすすめします。ご自分で作ることで、誓約書にどんな内容を盛り込むべきか、パートナーと何を話し合えばよいのか頭を整理することができます。

ただし、あまりにも常識を逸脱した内容だと無効となる場合があるため、常識を逸脱しない内容を盛り込むよう心がけてください。また、最終的には、パートナーとよく話し合って決めることが大切です。

記事中では誓約書のテンプレートを用意しましたが、夫婦が10組いれば10通りの誓約書が出来上がるといっていいくらい、誓約書に盛り込む項目や内容は夫婦により異なります。テンプレートはあくまで参考程度にとどめ、仕上げの段階では、専門家のチェックを経るようにしてください。

 

今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員時代は刑事事件の捜査、裁判を経験。退職後は法律事務所に事務員として勤務し、犯罪被害者・加害者の双方のサポートを経験する。現在は、夫婦間契約書を中心に取り扱う行政書士として、離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成やチェック等の業務をメインに取り扱う。過去の刑事事件の捜査、裁判の経験を活かして、不倫や探偵の情報発信にも力を入れている。