成功報酬型とは?探偵に浮気調査を依頼する場合の注意点など解説

  • 成功報酬って何?
  • 成功報酬型のメリット、デメリットは?
  • 成功報酬型に向いている人は?
  • 他の料金体系との違いは?
  • 成功報酬型の注意点は?

この記事では上記のような疑問、悩みにお応えします。

探偵事務所のホームページをみると、よく「完全成功報酬型を採用しています」、「調査に失敗したら0円」などといううたい文句をよく見かけることがあると思います。

しかし、実際のところ、どういう料金体系なのか、どんな場合に費用が発生するのかしないのか詳しく解説している事務所は少なく、一体いくらかかるのか漠然とした不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は、この成功報酬型について詳しく解説していきたいと思います。

成酬報酬型とは?

成功報酬型とは浮気調査が成功した場合に報酬金が発生する料金体系のことです。つまり、浮気調査に失敗した場合には費用が発生しないのが成功報酬型で、依頼者にとってはメリットしかないように思えます。

「成功」の解釈をめぐるトラブル

しかし、成功報酬型で気をつけていただきたいことがあります。それが依頼者と事務所側との間の「成功」の解釈をめぐるトラブルです。

たとえば、依頼者は、探偵に浮気の証拠や浮気相手の情報(住所、勤務先など)をすべて集めてもらい、浮気相手に対して慰謝料請求できる状態までもっていってもらうことが「成功」と考えていたとします。しかし、事務所側はそうは考えず、浮気の証拠を集めたことを「成功」と考えていた、というような場合です。

依頼者とすれば満足のいく結果を得てないわけですから費用を払いたくないと考えるでしょうし、事務所側は浮気調査は成功したと考えているわけですから費用を払ってもらいたいと考えています。このように、成功をめぐる解釈に隔たりがあると、最終的に浮気調査の費用を払う払わないのトラブルに発展してしまう可能性があるのが成功報酬型の特徴です。

成功報酬型の種類

成功報酬型には従来の成功報酬型と完全成功報酬型があります

浮気調査に失敗した場合、従来の成功報酬型でも完全成功報酬型でも報酬金が発生しない点は共通していますが、従来の成功報酬型では着手金と諸経費(※)が発生する点が異なります。一方、完全成功報酬型では着手金、諸経費ともに発生しないことが多いですが、浮気調査が成功した場合の報酬金が高めに設定されています。

なお、相談や契約時に、事務所側が「うちは従来の成功報酬型を採用しています」とか「うちは完全成功報酬型を採用しています」などと明言してくれるわけではありません。ホームページ上では完全成功報酬型をうたっておきながら、中身は従来の成功報酬型だったり、他の料金体系をすすめられるケースもありますので注意しましょう。

※交通費、燃料費、車両費、調査で必要な費用(入店費、宿泊費、機材費、通信費)など

費用を支払うタイミングにも違いが

また、同じ成功報酬型でも着手金や報酬金を支払うタイミングにも違いがあります。

「完全成功報酬型(報酬金前払い)」タイプ

契約直後に報酬金を支払うタイプです。このタイプの報酬金とはいわゆる着手金のようなもので、報酬金を支払わなければ浮気調査を始めてくれません。

「完全成功報酬型(報酬金後払い)」タイプ

浮気調査が成功した場合に報酬金を支払うタイプです。上のタイプと異なり、契約直後に負担する費用はありません。完全成功報酬型を採用する事務所では、このタイプを採用しているところが多いです。

「着手金前払い+報酬金後払い」タイプ

一方、従来の成功報酬型では着手金を前払い、報酬金(及び諸経費)を後払いとするタイプが多いです。浮気調査が成功した場合は報酬金を支払います。一方、浮気調査に失敗した場合、報酬金は発生しませんが、着手金は返金されないことが多いです。

成功報酬型のメリット・デメリット

次に、成功報酬型のメリット・デメリットをみていきましょう。成功報酬型を選択するのか、他の料金体系を選択するのかの判断材料にしていただければと思います。

成功報酬型のメリット

まずは、成功報酬型のメリットからです。

調査費用をある程度予測できる

一つ目のメリットは、調査費用がいくらかかるのか予測できる点です。

着手金や報酬金は固定金額とされていることが多いですし、浮気調査に成功すれば報酬金が発生、失敗すれば発生しないと、報酬金が発生する条件も非常にシンプルです。

難易度の高い調査を依頼しやすい

二つ目のメリットは、難易度の高い調査を依頼しやすい点です。

難易度の高い調査で結果を得るにはある程度の期間が必要となり費用も高くなってしまいます。また、浮気調査が失敗するリスクも高いといえるでしょう。しかし、成功報酬型では浮気調査に失敗した場合は高額な費用を負担する必要がありませんから、難易度の高い調査を依頼しやすいといえます。

成功報酬のデメリット

次に、成功報酬型のデメリットです。

調査費用が高額となることがある

一つ目のデメリットは、浮気調査に成功した場合の費用が高額となる点です。

探偵が依頼者と成功報酬型で契約することは、浮気調査でかかった費用(人件費など)を回収できなくなるというリスクを探偵自らが背負うことになります。費用を回収できなければいずれは事務所の経営が立ち行かなくなりますから、着手金や報酬金を高額に設定せざるをえないのです。

まとまったお金が必要となることも

二つ目のデメリットは、契約時(直後)にまとまったお金が必要となる点です。

前述の「完全成功報酬型(報酬金前払い)」と「着手金前払い+報酬金後払い」では、契約時までにまとまった金額を準備する必要があります。契約時にお金を払わなければ、浮気調査を始めてくれません。

執筆者
執筆者
成功報酬型は探偵に難易度の高い調査を依頼したい方、すなわち、「パートナーに強い警戒心を持たれている」という方に向いているといえます。

成功報酬型の費用の相場(目安)

次に、成功報酬型では浮気調査の費用はどのくらいかかるのか、成功報酬型の費用の相場をみていきましょう。

まず、報酬金についてですが、数ある探偵事務所の中から成功報酬制を打ち出している事務所をピックアップして調べたところ、多くの事務所が10万円~60万円の範囲で設定している状況です。

次に、着手金は報酬金の2分の1~3分の1前後と設定している事務所が多く、成功報酬型でかかる総額の費用は20万円~100万円前後が相場かと思います。なお、実際の費用は依頼者から提供された情報の量・質、調査の難易度等によって異なります。場合によっては上記よりも高額となる可能性もあります。

成功報酬型以外の料金体系とメリット・デメリット

ここからは成功報酬型以外の時間料金型とパック型のメリット・デメリットをみていきましょう。探偵に浮気調査を依頼する際は、どの料金体系が自分に合っているのかよく検討することが大切です。

時間料金型

時間料金型は調査時間や調査員の数によって調査費用が変動する料金体系です。時間料金型の調査費用は「基本料金+調査料金+諸経費」で計算されます。基本料金は2万円~10万円の固定金額、調査料金は「1時間あたりの調査料金×調査時間×調査員の数」で計算されます。

時間料金型のメリットは、調査時間や調査員の数を抑えることができれば、トータルの調査費用が安く済むという点です。一方、デメリットは、調査時間や調査員の数が多くなればなるほど調査費用が高額となってしまう点です。

ご自分である程度浮気調査してパートナーの行動パターンをつかみ、探偵に的を絞った調査を依頼できれば、調査時間や調査員の数を抑えることができます。時間料金型はあらかじめパートナーの行動パターンをつかめている方に向いているといえます。

パック型

パック型は、「10時間:150,000円」、「20時間:280,000円」、「30時間:390,000円」というように、時間と浮気調査の費用が固定された料金体系です。

パック型のメリットは、諸経費などの一切の費用が料金に含まれていてわかりやすい、依頼する時間が長くなればなるほど1時間あたりの基本料金が割安になるという点です。一方、デメリットは、思いのほか調査が短時間で終わった場合は1時間あたりの調査料金が割高となってしまう点です。

パック型も成功報酬型と同様、浮気調査の難易度が高く、浮気調査にある程度の期間がかかることがい込まれる方、パートナーの行動パターンがつかめていない方に向いているといえます。また、成功報酬型よりも費用が低額であるため、経済的な事情から成功報酬型を選択できない方はパック型を検討されてもよろしいかと思います。

執筆者
執筆者
事務所によっては成功報酬型、あるいはパック型のいずれかしか採用していないところもあります。

成功報酬型で契約する際のチェックポイント

成功報酬型で契約しようか検討されている方は以下の点をチェックしてみてください。

調査依頼の目的は明確か

まず、探偵に浮気調査を依頼する目的を明確にしているかどうかをチェックしましょう。①単に浮気しているかどうかを知りたいのか、②浮気の証拠を集めて欲しいのか、③不貞の証拠、浮気相手の情報を集めて欲しいのか、調査を終えた後のご自分のゴールを明確にする必要があります。パートナーとの再構築をゴールとする場合は①あるいは②までで足りますが、離婚や慰謝料請求を考えている場合は③まで依頼する必要があるでしょう。

①→②→③と進むにつれて調査の難易度は高くなり、調査の難易度が高くなると調査時間(期間)は長くなり、調査員の数もそれなりの数を必要とします。調査の難易度などによって、いずれの料金体系があなたにとってベストなのか異なってきますので、まずは探偵に浮気調査を依頼する目的を明確にすることから始めてみましょう。

相談、契約時のチェックポイント

ここからは相談、契約時のチェックポイントをご紹介していきます。

成功の定義を契約書に明記してくれるか

まず、依頼者と事務所側との間で成功の解釈をめぐってトラブルとならないように、成功の定義を明確にして相互に確認し、確認できたら、契約書に成功の定義を明記してもらいましょう成功の定義は浮気調査の目的によって異なりますから、まずはご自身で探偵に浮気調査を依頼する目的を明確にしておくことが必要です。

追加費用は発生しないか

完全成功報酬型をすすめられる場合は追加費用が発生しないのか、すなわち、浮気調査に成功しなかった場合は本当に0円なのか確認しておきましょう。成功の定義にあわせて、「浮気調査に成功しなかった場合は費用を請求しない」と契約書に明記してもらうことも必要です。

調査の難易度に見合っているか

稀に本当は調査の難易度は高くないのに難易度が高いといって成功報酬型をすすめてくる探偵もいます。また、高い調査力をもちあわせていないのに、着手金欲しさに、あえて難易度の高い調査を引き受ける探偵もいるようです。調査の難易度は事務所の調査力にも左右され、見極めが難しいところではあります。不安で他の事務所の意見(セカンドオピニオン)を聞いてみるのも一つの方法です。

着手金、報酬金の金額

事務所によってはホームページに着手金や報酬金の金額を掲載していないところもありますから、相談時や契約時には、具体的にいくらの金額が発生するのかきちんと確認しておく必要があります。なお、金額は定額制が安心です。定額制でないと、わざと時間を引き延ばされ、高額な費用を請求されてしまう可能性があるからです。

費用を支払うタイミング

前述のとおり、成功報酬型でも前払いと後払いのタイプがあります。前払い、後払い、いずれのタイプなのかしっかり確認しておきましょう。なお、完全成功報酬型の場合は後払いを採用する事務所が圧倒的に多いです。仮に、前払いとし、浮気調査に失敗した場合、返金をめぐるトラブルに発展してしまう可能性があるからです。

調査期間

最後に、浮気調査の期間を確認し、「期間内に浮気調査が終わらなかった場合は費用を請求しない」旨を契約書に明記してもらうことが大切です。定額制と浮気調査の期間はセットにすると安心です。そして、期間内に浮気調査が成功すれば定額料金が発生し、期間内に失敗するか、期間内に浮気調査が終わらなかった場合は完全に0円と契約書に明記してもらうとよいでしょう。

成功報酬型に特有の注意点

最後に、成功報酬型に特有の注意点をご紹介しておきたいと思います。

成功報酬型で契約できるわけではない

成功報酬型は事務所側にとってリスクのある料金体系です。だからこそ、事務所側とすれば安易に成功報酬型で契約しようとはしません。利益最優先の事務所の場合、浮気調査が成功する確率が高いと判断した場合にのみ成功報酬型での契約をすすめてくる可能性があります。また、そもそも成功報酬型の料金体系を採用していない事務所もあります。

成功報酬型は客寄せ文句となっていることも

反対に、浮気調査が成功する確率が低いと判断した場合は、成功報酬型ではなく他の料金体系をすすめてくることも考えられます。この場合に成功報酬型で契約することは事務所にとってリスクが大きいからです。成功報酬型はお客さんを事務所に呼び込むために客寄せ文句となっている可能性があります。

中身は従来の成功報酬型の可能性も

この点はすでに述べましたが、名目上は完全成功報酬型でも中身は着手金や諸経費が発生する従来の成功報酬型の可能性もあります。相談時または契約時に、報酬金とは別に着手金や諸経費は発生するのか、追加の費用が発生することはないのかしっかり確認しておくことが大切です。

まとめ

成功報酬型とは探偵の浮気調査が成功した場合に報酬金が発生する料金体系です。成功報酬型は難易度の高い調査を依頼しやすいなどのメリットがある一方で、浮気調査が成功した場合のトータルでかかる費用が高額となるなどのデメリットもあります。また、成功の定義や追加費用が発生するのかどうかについて曖昧にしたまま契約すると、後日、探偵との間でトラブルとなる可能性がありますので注意が必要です。

成功報酬型は探偵が浮気調査に失敗すれば報酬金が発生しないという点で魅力を感じてしまいがちですが、そもそも成功報酬型があなたにとって最適なプランなのか、本当に費用は発生しないのかといったことを契約する前にきちんと確認しておくことが大切です。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士
(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員(約13年)→ 法律事務所(約4年) → 行政書士、夫婦カウンセラー | 離婚や不倫に関して情報発信しています | 離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成&チェック等をメイン業務としています | ご相談、ご依頼は「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください