【要注意】浮気される女性(妻)の特徴・原因は?適切な対処法も解説

uwakisareru
  • 浮気される女の特徴って?
  • 浮気されない女になるには?

 

この記事では上記のような疑問、悩みにお応えします。

 

浮気された場合、浮気した側の原因や責任だけを追及しがちですが、よくよく考えてみると浮気される側にも原因があることがあります。そこで、今回は、女性側にスポットを当て、浮気されてしまう女性の特徴や浮気されない女になるために普段から気を付けるべきことについてご紹介していきたいと思います。

 

浮気される女性(妻)の特徴

では、さっそく浮気される女性の特徴をみていきましょう。以下で当てはまるものがあれば浮気されやすい可能性が高いといえます。ご自分に当てはまるものがないか一度考えてみましょう。

束縛しすぎている

まず、束縛しすぎると浮気されやすいといえますたとえば、普段、夫に対して次のような言動をとっていないでしょうか?心当たりのある方は要注意です。

■ 職場の同僚や女友達との交流を一切禁止する

■ 一人で外出するのを禁止する

= 外出は家族が一緒でないとNGとする

■ 行動をすべて把握したがる

= 事前にどこで、誰と、何をし、何時に帰宅するのか報告させる

= 帰宅後に報告させる

= 外出中も電話やメールで逐一行動を確認する

= GPSアプリで行動を監視する

= スマホの共有カレンダーに予定を記録させる
■ お金の管理が厳しすぎる

■ 夫への電話、メールが頻繁

■ スマホをチェックする

■ 電話やメールの相手に敏感

軽度の束縛ならば愛情として受け止めることができるでしょう。しかし、束縛の度合いが強くなると、もはや愛情ではなく窮屈さや不自由さしか感じなくなり、解放感や自由を求めて浮気されてしまう可能性があります。

信用しきれていない

次に、夫のことを信用しきれていない女性も浮気されやすいといえます。確かに、あなたが夫を信用しきれていないのには夫にも原因があるかもしれません。しかし、あなたが夫を信用していないという態度に出れば出るほど、ますます夫の心はあなたから離れていくでしょう。

前述した束縛も夫を信用しきれていないことの証です。束縛の度合いが強くなればなるほど夫はあなたから信用されていないことを感じ取り、最終的には「自分を信用していないやつに愛情を注げるものか」という思いになって、浮気してしまう可能性があるのです。

尽くしすぎている

次に、夫に尽くしすぎる女性も浮気されやすいといえます。特に、自分には厳しく相手に優しい、自分の主張をはっきりと言えない、いつも相手のいいなり、という方は夫に尽くしすぎてはいないでしょうか?

尽くしすぎると夫に満足感と安心感を与えます。男とは不思議な人間で、女性の愛情に満足すると今度は別の女性による満足感を得ようと浮気する可能性があるのです。また、安心感はあなたに対する甘えにもつながります。夫に甘えが生じると、夫は「何をやっても許される」、「浮気がバレてもどうせ許してくれる」と考え、浮気するようになるのです。

男(夫)として立てない

次に、いつも夫のことをけなし、男(夫)として立てない女性も浮気されやすいといえます。男性は女性が想像している以上にプライドの高い生き物です。しかし、今も男性が外で働くことが多いという現状の中、会社の中では上司の叱責や同僚からのバッシング、取引先やお客からのクレームなどによってそのプライドはズタズタに壊されてしまいます。

そうして疲弊した中、男性が唯一自分のプライドを保てる場所が家庭です。家だけが唯一誰からも指図・非難されず、自分の自尊心を保ちつつリラックスできる場所といっても過言ではありません。しかし、そんな家庭が職場のような落ち着かない場所だとしたらどうでしょうか?それはもちろん、夫は家庭外に自分のプライドを保てる場所や人を求めにいく、つまり浮気するでしょう。

見た目に気を遣わなくなる

最後に、見た目に気を遣わなくなる女性も浮気されやすいといえます。今のあなたをそのまま受け入れてくれる夫であれば問題ありません。しかし、人一倍見た目を気にするような夫の場合、あなたが容姿、体型、化粧、ファッションに気を遣わなくなると、徐々にあなたに対する魅力を感じなくなってしまう可能性があります。

また、夫があなたに異性として魅力を感じなくなると、やがてはセックスレスに陥ってしまう可能性もあります。特に性欲が強い夫は、女性に異性としての魅力を求める傾向にありますから、異性としての魅力を感じなくなるとセックスレスに陥り、そこから浮気に発展してしまう可能性があるのです。

浮気されない女(妻)になるためには?

では、浮気されない女(妻)になるためには、普段からどんなことに気を付けておけばいいのでしょうか?以下で詳しくみていきましょう。

まずは信じる、話し合う

束縛傾向がある方は夫を信じることから始めてみましょう。あなたが夫を束縛してしまうのは、あなたが夫を信じることができていないからです。あなたの束縛度が強くなればなるほど、「あなたのことを信じてないから」というメッセージが夫に伝わり、夫の心は徐々にあなたから離れていってしまいます。

そもそも良好な夫婦関係はお互いの信頼関係の上に成り立っています。あなたが夫を信じなければ、夫はあなたのことを信じません。夫もあなたのことを信じる必要がありますが、あなたが夫のことを信じなければ、夫はあなたのことを信じてくれません。どちらが先に信じるという話ではなく、どちらもお互いのことを信じることが必要です。

一度裏切られたという経験をもつ方にとっては非常にハードルが高いかもしれませんが、まずは根気強く夫に「あなたのことを信じている」というメッセージを発信し続けることが大切です。夫のことを信じている妻をそう簡単には裏切ることはできないはずです。

接し方を見直してみる

尽くしすぎる方は、これまでの夫に対する接し方を見直してみましょう尽くしすぎの方は、普段の夫に対する接し方が当たり前になっていて、はたから見ると尽くしすぎなのにそれに気づけていない可能性があります。自覚のある方もない方も、普段の夫に対する接し方で尽くしすぎている点がないかどうか再点検してみましょう。

また、「都合のいい女」から脱却することも必要です。すなわち、「できないことはできない」と自分の主張すべきことは主張し、ときには夫を突き放し、適度な距離をとって付き合うくらいの方が、関係がうまくいくこともあります。尽くしすぎも愛情の裏返しでもありますが、夫を「他の女に取られたくない」という自信のなさの表れでもあります。もしそう感じている場合は、日頃から自己研鑽するなどして自信をつけていくことも必要です。

対等な立場に立ち、よい点を見つめ直す

夫を上から見下ろし、男を立て切れていない方は夫との関係性を見直す必要があります。当然ながら、夫はあなたから一方的に指示されたり、命令される立場ではありませんし、逆もまたしかりです。対等な立場で、お互いがお互いのことを尊重し、感謝し合いながら生活していくのがあるべき夫婦像といえます。

誰にでも欠点はあります。もちろん、あなたにも、です。ただ、その欠点ばかりを責め続け、改善ばかりを求めるようでは、いつまで経っても今の関係はかわりません。

あなたも夫も、お互いにいいところ、自分にはないところに惹かれ合って結婚したわけですから、もう一度過去を振り返ってみてお互いの良い点をピックアップしてみましょう。そうするだけでも夫への見方が変わり、徐々に尊敬や感謝をもって接することができるようになります。一方、欠点は夫の特徴のうちだと大きな心をもっていったん受け入れましょう。そして、すぐに改善を求めるのではなく、長い目で改善を見守れるような余裕をもった心構えでいられるといいですね。

魅力的な女性でいつづける

外見に気を遣ってこなかったかも?と感じる方は、今一度、容姿・体型、洋服・下着、化粧、髪型などを再チェックしてみましょう。異性としての魅力が徐々に失われていくと夫のあなたに対する愛情も失われ、夫の目の前に突如としてあらわれた魅力的な女性に浮気してしまう可能性があります。

あなたは夫の妻である以前に一人の女性です。夫からも世間からも一人の女性として見てもらえるよう、できる範囲でかまいませんので、外見には気を付けたいところです。また、外見のみならず内面の自分磨きも必須です。外見よりも内面を変えることの方がはるかに難しいかもしれません。内面を変えるには、これまでのあなたの考え方・価値観、夫に対する話し方、接し方を見直す必要があります。

 

今回の内容は以上となります。

自分と向き合うことは正直辛いことですし、できれば避けたいですよね。ただ、そこを避け続けているといつまでも「浮気される女」から脱却できない可能性があります。最初は辛いですが、まずはこれまでご紹介したような浮気される特徴がないのか正直に向き合ってみることをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員時代は刑事事件の捜査、裁判を経験。退職後は法律事務所に事務員として勤務し、犯罪被害者・加害者の双方のサポートを経験する。現在は、夫婦間契約書を中心に取り扱う行政書士として、離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成やチェック等の業務をメインに取り扱う。過去の刑事事件の捜査、裁判の経験を活かして、不倫や探偵の情報発信にも力を入れている。