浮気される女(妻)の特徴とは?されないための対処法も解説

uwakisareru

浮気の原因を作ったのはもちろん「する側」ですが、実は「される側」にも浮気の原因がある場合が多いです。

この記事では、どんなケースで浮気されやすいのか、浮気されやすい妻(女性)に焦点を当てて解説します。

また、あわせて対処法も解説していますので、ぜひ最後までお読みいただき、今後の夫婦生活の参考にしていただけると幸いです。

浮気される夫(男性)の特徴などについては以下の記事で詳しく解説しています。

浮気される女性の特徴と対処法

浮気される女性の特徴は

  • 束縛しすぎる
  • 尽くしすぎる
  • 尊重しない
  • 自分磨きを怠る

の4つを挙げることができます。

束縛しすぎる

男性が「束縛」と感じやすい行動は以下のとおりです。

■ 「私のことが好き?」などと常に愛情確認する■ 職場の同僚や女友達との交流を一切禁止する

■ 一人で外出するのを禁止する

= 外出は家族が一緒でないとNGとする

■ 行動をすべて把握したがる

= 事前にどこで、誰と、何をし、何時に帰宅するのか報告させる

= 帰宅後に報告させる

= 外出中も電話やメールで逐一行動を確認する

= GPSアプリで行動を監視する

= スマホの共有カレンダーに予定を記録させる

■ 電話、メールが頻繁

■ スマホをチェックする

■ 電話やメールの相手に敏感

男性は生物学上、子孫を残そうとする生き物です。そのため、多くの男性はあなた以外の女性とも触れあいたいと考えています。

ところが、あなたの束縛が強く、触れ合えるのはあなただけという感じにしてしまうと、その反発から他の女性に目移りしやすくなってしまうのです。

【対処法】まずは信じること

なぜ、束縛してしまうのかといえば、それは配偶者を信じることができていないからです。そのため、まずは配偶者を信じることです。

また、束縛してしまうのは「私以外の女性を選んでしまうのでは?」という自信のなさの表れともいえます。そのため、自分に自信を持てるよう普段から自己研鑽(※)を怠らないことも必要です。

「夫は自分のことを愛してくれる」という自信が持てれば束縛せずに済むようになります。

※料理、家事の勉強をする、洋服・下着、髪型、体型に気を遣う など

尽くしすぎる

母性本能から「相手の喜ぶことをしてあげたい」と思って配偶者に尽くすことは大変よいことです。しかし、尽くしすぎには注意が必要です。

尽くしすぎるというのは、男性の希望にこたえ過ぎてしまう、いわゆる「都合のいい女」になるということです。特に、

■ 自分には厳しく相手に優しいタイプの女性
■ 自分の主張をはっきりと言えないタイプの女性

■ いつも配偶者のいいなり、主張に押されてしまうタイプの女性

は、都合のいい女になりやすいため注意が必要です。

前述のとおり、男性は多くの女性と触れ合いたいという願望をもっています。

しかし、あなたと結婚し、あなたから充分すぎるほどの愛情が注がれていることがわかると、今度は別の女性を探そうとしてしまうのです。また、都合のいい女になると、男性から「浮気してもバレない」、「どうせあいつならバレても許してくれるだろう」と甘く見られてしまう可能性があります。男性にこう思われてしまうと浮気されやすいのです。

【対処法】接し方を見直してみる

対処法は配偶者に対する接し方を見直してみることです。

尽くしすぎの方は、普段の配偶者に対する接し方が当たり前になっていて、はたから見ると尽くしすぎなのにそれに気づけていない可能性があります。自覚のある方もない方も、普段の配偶者に対する接し方で尽くしすぎている点がないかどうか再点検してみましょう。

また、「都合のいい女」からの脱却することも必要です。すなわち、「できないことはできない」と自分の主張すべきことは主張し、ときには配偶者を突き放し、適度な距離をとって付き合うくらいの方が、関係がうまくいくこともあります。

尽くしすぎは愛情の裏返しでもありますが、束縛と同様に自信のなさの表れともいえます。そのため、日頃からの自己研鑽も怠らないようにしたいです。

尊重しない

男性はプライドの高い生き物です。特に会社や組織の中で勤めてる男性は、上司などからの理不尽な要求によってプライドを傷つけられながら仕事しています。

そんな中、男性が唯一自分のプライドを保てる場所が家庭です。誰からも指図・非難されず、リラックスして生活できる場所が家庭なのです。

しかし、そんな家庭が職場のような落ち着かない場所だとしたらどうでしょうか?もちろん、男性は家庭外に自分のプライドを保てる(癒してくれる)場所や人を求めにいくでしょう。

会社の上司のように、

■ 命令口調

■ 自分の意見が絶対と思っている

■ 話を聞く耳をもたない

■ 話を最後まで聞かない(途中で遮る)

という場合は、知らず知らずのうちに男性のプライドを傷つけて、あなたを居心地の悪い存在と思わせている可能性があります。

【対処法】同じ目線、立場に立つ

配偶者のことを尊重できないのは、あなたが配偶者よりも優位に立とうとしているからです。しかし、夫婦生活でどちらが上、どちらが下という関係はありません。夫婦対等な立場で、お互いがお互いのことを尊重し、感謝し合いながら生活していくのがあるべき夫婦像ではないでしょうか?

配偶者のことを尊重できないのは配偶者の欠点しか見れなくなっているからかもしれません。しかし、あなたにも配偶者にも欠点はあります。その欠点ばかりを責め続け、改善ばかりを求めるようでは会社の上司と同じです。

まずは、配偶者のどこを好きになって結婚したのか今一度思い出してみましょう。また、配偶者の良い点、他人に自慢できる点、尊敬できる点を今一度洗い出してみるのです。そうするだけでも配偶者への見方が変わり、尊重・感謝の念をもって接することができるはずです。

一方、欠点は配偶者の特徴のうちだといったん受け入れ、長い目で改善を見守れるような心の余裕が欲しいところです。

自分磨きを怠る

「男性は見た目から入る」と言われるように、女性が考えている以上に見た目には敏感です。

また、見た目だけではなく、内面でもあなた以上の人が目の前に現れたら浮気される可能性があります。

結婚するとそれがゴールとなってしまって、お互いに相手に気に入られようとする努力をしなくなります。その結果、口調が強くなったり、身だしなみや体型に気を使わなくなったりしがちです。

しかし、自分磨きを怠ると、男性から異性として見られなくなりやがてはセックスレスに陥ります。セックスレスは男性が考える浮気の原因として上位にランクインしている点に注意が必要です。

【対処法】自分磨きを怠らない

まずは、配偶者と出会った頃に立ち戻り、話し方、洋服・下着、化粧、髪型など、どんな点に、どのように注意していたのか振り返ってみましょう。そこに、今後、自分磨きをしていく上でのヒントが隠れているかもしれません。

「そんなこと言われても思い出せない」という方も、配偶者の趣味・嗜好を的確にとらえて「配偶者の好みの女性」になれるよう努力しましょう。

あなたは配偶者の妻である以前に一人の女性です。配偶者からも世間からも一人の女性として見てもらえるよう、できる範囲での自分磨きを怠らないよう気を付けましょう。

夫(男性)に浮気させないためには?

夫(男性)に浮気させないためのヒントはこれまでにもいくつか紹介してきました。もう一度整理すると、浮気されないためには

■ 自己研鑽
■ 居心地のいい人になる

■ 居心地のいい場所を作る

■ 感謝、思いやりの心をもって接する

といった点がポイントとなりそうです。

また、その他に気を付けていただきたい点については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

今回の内容は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検察官の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士試験合格、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている