浮気される男(夫)の特徴とは?されないための対処法も解説

uwakisareru-man

浮気の原因を作ったのはもちろん浮気を「する側」ですが、実は「される側」にも浮気される原因がある場合がほとんどです。

この記事では浮気される夫(男性)の特徴と浮気されないための対処法を解説します。

ぜひ最後までお読みいただき、今後の夫婦生活の参考にしていただけると幸いです。

なお、浮気される妻(女性)の特徴などについては以下の記事で詳しく解説しています。

浮気される夫(男性)の特徴と対処法

浮気される夫(男性)の特徴は

  • 優しすぎる
  • 優柔不断
  • 束縛しすぎる
  • 頑固で、融通が利かない
  • 反応が冷たい、愛情表現が乏しい・下手
  • スキンシップをとりたがらない

の6つです。

優しすぎる

優しいことは大切ですが、優しすぎるとその性格を逆手にとられる可能性があります。すなわち、妻から「浮気されてもバレない」、「バレても怒られないだろう」などと舐められる可能性もあるのです。

また、あまりにも優しすぎると、妻の中でどこか物足りなさを感じてしまうことがあります。女性はときには自分にとって厳しいことを言っ、引っ張ってくれる、頼りがいのある男性を求めています。

【対処法】接し方を見直す

対処法はこれまでの配偶者に対する接し方を見直すことです。何でも妻の希望を叶えてこなかったか(つまり「都合のいい人」になっていないか)、妻に言われるがままやってこなかったかを見直してみましょう。

ときには、できないことはできない、ダメなことはダメと厳しい姿勢を見せ、主張すべきところはきちんと主張することが大切です。

優柔不断

優しすぎることと共通していますが、優柔不断なのも浮気されやすい特徴の一つです。

女性はどちらかといえば協調性を重んじるタイプ。そのため、何か決断しなければならないときに相手の意向ばかりうかがい、何も決めきれないことがあります。そのため、女性はいざというときにリーダーシップを発揮してくれる、決断力のある男性を好む傾向があります。

何もかも妻に任せるようなタイプだと、妻から「この人はいざというときに頼れる人なのだろうか」と不安をもたれてしまいます。

【対処法】自分を信じる、自信をつける

優柔不断=妻任せにしてしまうのは、自分を信じ切れていない、自信をもてていないからです。そのため、まずは自分を信じることが何より大切です。

また、自分に自信がない場合は自信をつける努力することです。男性にとっては仕事で成果をあげることが何よりの近道ではないでしょうか?

一朝一夕でいくことではありませんが、努力する過程で自分に自信がついてきていることを実感できればよいですね。

束縛しすぎる

以下のような経験はございませんか?

■ 男友達との交流を禁止する■ 一人での外出を認めない

■ 習い事をさせない

■ 電話、メールで逐一行動を確認する

■ 電話、メールを頻繁にする

■ スマホをチェックする など

これらはすべて「束縛」の典型例ですし、妻から「モラハラ夫」とレッテルを貼られてもおかしくはない行動です。

夫婦とはいえプライベートは必要です。妻を束縛しすぎて妻をあなたの監視下に置こうとすると窮屈さを感じ、自由を求めて浮気される可能性があります

【対処法】妻を信じる

束縛しすぎるのは妻を信じることができていない証です。そのため、まず妻を信じることからはじめなければいけません

そもそも、夫婦の信頼関係があってこそ夫婦関係は成り立ちます。一方が疑心暗鬼な行動をとってしまうと、相手との信頼関係は崩れます。

妻にもあなたを信じることが求められますが、まずはあなたが妻を信じることで妻もあなたを信じてくれます。

頑固で、融通が利かない

自分の考え方や価値観にとらわれ、それを妻に押し付けているようでは妻が疲弊します。

夫婦とはいえ、もともと血のつながっていない者同士。育てられ方、育った環境は異なり、考え方や価値観も異なって当然です。

自分の考え方や価値観を押し付けるようとすると、今度は妻の意見を一方的に否定し、聞く耳をもたなくなります。これでは、妻を「この人と話しても無駄」、「何も通じない」という気持ちにさせ、話が通じる男性に心を移してしまう可能性があるのです。

【対処法】考え方、価値観をすり合わせる

結婚した後も、様々な場面で考え方や価値観の相違が浮き彫りに出てきます。ただ、そこで意見が食い違っても一方的に否定するのではなく、まずは最後まで話を聞く耳をもち、妻の意見を受け入れることが大切です。

これは何も妻の意見に従えばよいというわけではありません。まずは妻の意見を聞き、その上で自分の考えを伝える。一回で解決することは難しくても、回数を重ねることで徐々にお互いの考えや価値観をすり合わせていく。この過程こそが夫婦生活を送る上で非常に大切になってきます。

反応が冷たい、愛情表現が乏しい・下手

妻が頑張って作った料理に感謝しない、リアクションしないなど、妻があなたのためにと思ってしたことに対して反応が冷たいと、妻のやる気も削がれてしまいます。また、「本当に私のことを愛してくれるのだろうか」と疑心暗鬼にさせてしまいます。

また、愛情表現が乏しい、下手な場合も要注意です。ここでいう愛情表現とは、何も毎回「好き」、「愛している」と伝えることだけではありません。

妻の目を見て感謝や思いやりの気持ちを伝えることも愛情表現の一つといってよいでしょう。「愛情表現」が欠けていると妻を寂しい気持ちにさせます。寂しさを感じた女性は心の隙間を埋めるために浮気しやすいと言われています。

【対処法】感謝や思いやりの気持ちを言葉にする

対処法はもうお分かりですよね。そう、感謝や思いやりの気持ちをもって接することです。

感謝や思いやりの気持ちが芽生えないのは、すべてが当たり前だと思っているからではないでしょうか?

まずは、妻があなたのためにいること、妻があなたのためにしてくれることが当たり前ではないことを自覚しましょう。そうすれば自然と感謝や思いやりの気持ちが芽生えるはずです。

また、芽生えても表現しなければ妻には伝わりません。ぜひ、感謝や思いやりの気持ちを言葉にして表現してみましょう。言葉にすることが苦手な方は、特別な日にプレゼントなどの「形」で表現するとよいです。

スキンシップを取らない

スキンシップも夫婦のコミュニケーションの一つです。仲が悪い夫婦の多くはコミュニケーション不足に陥っていますが、同様にスキンシップも不足していることが多いです。

セックスレスは男性の浮気の原因として挙げられることが多いです。しかし、実は女性もセックスによって自分がどれだけ愛されているのかを確認しています。

そして、セックスレス、スキンシップ不足となると、妻は「夫は私のことを女としてみてくれているのだろうか?」、「愛してくれるのだろうか?」と不安な気持ちになり、他の魅力的な男性に心を移してしまう可能性があるのです。

【対処法】コミュニケーションで満たす

とはいえ、スキンシップが苦手、セックスにこだわりがないという男性もいるでしょう。そうした場合は、スキンシップやセックスの代わりにコミュニケーションで補えばよいのです。

コミュニケーションを取るといっても、あなたから積極的に何か話題をもちかける必要はありません。女性に比べて男性はコミュニケーションを取ることが苦手と言われていますから、まずは妻の会話を最後まで聞き、共感するだけでも立派なコミュニケーションです。

自分の話を受け入れ、共感してくれた夫は妻にとって最大の理解者となります。そうした夫を妻が見放すはずがありません。

妻(女性)に浮気させないためには?

妻(女性)に浮気させないための鍵は「コミュニケーション」です。

女性はコミュニケーションを通じて、夫が何を考えているのか、夫が自分のことを愛してくれてくるのか、あるいは浮気しているのかを敏感に察知します。おそらくこの能力は、男性よりも女性の方が優れているといってよいでしょう。

そのため、妻とのコミュニケーションをより大切にしましょう。そして、コミュニケーションでは「共感」と「受容」を大切にしましょう

男性はどちらかといえばすぐに解決策を提示しがちですが、女性は解決策よりも話を聞いてくれること自体を望んでいます

 

 

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検察官の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士試験合格、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている