【厳選!】おすすめの探偵社はコレだ!選び方の手順・コツを徹底解説

osusume-tantei

探偵に浮気調査を依頼したいけど、

  • 探偵のことが知りたい
  • 選び方や手順を教えてほしい
  • 調査費用を安く抑えるコツを知りたい
  • おすすめの探偵社を教えて欲しい
  • 依頼後の注意点を教えて欲しい

この記事は上記のような疑問、お悩みを解決できる内容となっています。

この記事には皆さんが探偵社を選ぶ際に役立つ知識をひとまとめにしていますので、最後までお読みいただければ安心して探偵に依頼していただけるものと思います。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

そもそも探偵とは?

まず、そもそも「探偵」と聞いて、

■ どんなことをやっているの?
■ 依頼したら何をしてくれるの?
■ 探偵と興信所との違いは?
■ どんな人が探偵になれるの?

などという疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで、以下の記事では、探偵の仕事内容や実態などについて詳しく解説しました。

探偵に相談する前に仕事内容や実態を知っておくことはとても大切なことです。

ぜひ一度、チェックしていただければと思います。

自分に合った探偵の選び方、手順

ご自分に合った探偵社に出会うまでの探偵の選び方、選ぶまでの手順は以下のとおりです。

  1. 自分で浮気調査する
  2. 調査(依頼)目的を考える
  3. 適切なタイミングで探す、相談する

①自分で浮気調査する

まずは、配偶者の浮気を疑った段階から自分で浮気調査しましょう

もちろん、探偵はあなたから提供される情報が少なくても依頼を受けてくれます。

しかし、あなたから提供される情報が少なければ少ないほど探偵がやることが増えます。

そして、探偵が調査することが増える分、調査時間や調査費用がかかります。

一方で、自分である程度調査して配偶者や浮気相手の行動パターン等の情報を把握した上で依頼すれば、探偵も効率的に調査できます

その結果、決定的な証拠をつかんでもらえる確率があがるほか、調査時間の短縮、調査費用の節約にもつながります

もっとも、浮気調査には「バレる」というリスクがつきものです。

特に、自分で調査する場合、選択する調査手法によってはバレるリスクが高くなると言わざるをえません。

また、一度バレてしまうと探偵でもリカバリーすることはそう簡単なことではありません。

無理は禁物で、自分で行うことに限界を感じた場合は潔く諦めて探偵に依頼した方がよいです。

②調査(依頼)目的・ゴールを考えておく

次に、

■ 何のために調査を依頼するのか(調査目的)

■ 調査を終えた後、どうしたいのか(ゴール)

について考えておきましょう。

浮気調査の目的は不貞や浮気の証拠を集め、実態(真実)を明らかにすることです。

しかし、証拠を集めただけで、今抱えている問題が解決するわけではありません

むしろ、集めた証拠を今後にどう活かすのかが問われます。

調査目的は人によって様々です。

最初から離婚や慰謝料請求のためと決めて依頼する人もいれば、関係修復する前提として実態を明らかにしたいという理由から依頼する人もいます。

また、最初は離婚や慰謝料請求を検討していたものの、途中から関係修復を選択する人も意外と多いです。

③適切なタイミングに探す、相談する

探偵に相談するタイミングは、

自分で浮気調査して配偶者や浮気相手の行動パターンがつかめた後

がベストです。

理由は前述のとおりです。

次に、行動パターンがつかめたら、遅くとも浮気しそうな日の1週前から探偵社を探しはじめましょう

仮に、探偵に依頼したとしても即調査実行、というわけにはいきません。

調査を効率よく進めるためには、調査前の綿密な打ち合せ(聞き取りなど)が必須で、そのための時間がどうしても必要です。

また、少しでも自分に合った探偵社を選ぶには、時間の許す限り、複数の探偵社に相談するのがよいです。

探偵との打合せ、相談にかかる時間を考慮して、余裕のあるスケジュールを組みましょう。

以下の記事では、探偵を選ぶ際のチェックポイントについて解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

調査費用を安く抑えるためのコツ

探偵の調査費用を安く抑えるコツは、

① 自分で浮気調査する 

② 複数の探偵社に相談する 

の2点です。

なぜ、①によって調査費用を安く抑えることができる理由については前述したとおりです。

もっとも、配偶者や浮気相手に浮気調査していることがバレると元も子もありません。

自分で行うことに限界を感じたら、はやめに探偵に相談しましょう。

また、②によっても調査費用の節約につなげることができます。

複数の探偵社に相談することで見積書を比較検討でき、その中から低額でも結果を出してくれそうな探偵社を選択できるからです。

【厳選】おすすすめの探偵社

それでは、ここからはおすすめの探偵社をご紹介します。

もちろん、以下でご紹介する探偵社は、先ほどご紹介した「関連記事」のチェック項目を使って選んであります

どうか安心して相談していただければと思います。

■ 今すぐ依頼したい
■ 複数の探偵社に相談する時間がない

という方は、まずは以下で紹介する探偵社に相談してみることをおすすめします。

MR探偵社



MR探偵社は2003年7月設立の探偵社。

本社を東京に、全国14か所に支社、相談室を置いて全国に相談員、調査員を派遣しています。

所属団体は日本調査業協会です。

ホームページによると顧客満足率97.4%、調査成功率98.5%、年間相談実績15,000件と高水準です。

NPO法人日本家族問題相談連盟から10年連続「最優秀探偵社賞」、「特別功労賞」を受賞しており、客観的にも依頼者満足度が高いことがわかります。

自社で探偵学校を運営しており、独自に培ったノウハウを学生に教え込ませ、卒業生を調査員として採用していることなどから調査力に不安はありません

また、社内に東京都調査業協会の理事や警察OB・OGを在籍させ、法令を遵守した調査手法を徹底しています。

さらに、調査力以外にカウンセリングに力を入れているのも特徴的です。

社内にはNPO法人日本家族問題相談連盟認定のカウンセラーが在籍しており、依頼前、依頼中はもちろん、依頼後も気軽に相談できます。

弁護士や行政書士とも連携しておりアフターフォローも充実しています。

探偵業界では珍しく女性が代表の探偵社ということもあってか、女性が相談・依頼しやすい探偵社ともいえます。

日本全国どこでも調査【探偵MR】

原一探偵事務所



原一探偵事務所は1977年設立の老舗探偵社

探偵にご興味のある方であれば一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

本社は埼玉県川越市にあります。そのほか、北は札幌から南は福岡まで全国17か所に拠点を置いており、各拠点に自社の調査員を在籍させています。

創業から45年という長い歴史を経て培われてきた「調査力」に絶対的な自信をもっています。

調査で不可欠な変装用の車やバイクなどを多数保有し、調査状況に応じて自社工場で機材を臨機応変に変更するという徹底ぶり。

調査員の「生の声」を即、機材に反映させるべく、常日頃から独自の調査手法の研究・開発を行い、ハイテク機器の導入や応用開発にも積極的に取り組んでいます。

また、調査員の「教育」にも力を入れています

社内独自のカリキュラムや研修を通じて、調査員に一通りの調査技術を習得させてから実務に当たらせています。

20年以上の経験をもつベテラン調査員が多数在籍しており、調査には必ずベテランの調査員を配置させることとしています。

もちろん、調査力だけではなく、カウンセリングや弁護士の無料紹介などアフターフォローも充実しています。

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

ALG探偵社



ALG探偵社は2013年設立の探偵社です。

本社を東京の新宿区、営業所を埼玉、千葉、横浜の3箇所に置き、主に関東を中心に活動しています。

ALG探偵社は弁護士法人ALG&Associatesなどが所属するグループ企業の一つです。

事務所と同じフロアに弁護士事務所の応接室がありますから、調査後の法律相談(無料)にもスムーズに移行できます。

弁護士事務所には離婚や慰謝料請求を中心に取り扱う弁護士が多数所属していますから、離婚や慰謝料請求を検討されている方にとっては大変心強いですね。

「弁護士と連携」と称して単に弁護士を紹介して終わり、という探偵社が多い中、真の意味で連携が取れているのがALG探偵社といえます。

また、下請けの調査員が多いという実情の中、ALG探偵社の調査員はすべて自社直属の正社員。

直属の正社員であるからこそ、高い使命と倫理観をもって調査にあたってくれるという安心感があります。

費用体系は調査員一人あたり「6,600円(税込み)/1h」の時間料金型をとっています。

時間料金型では最低稼働時間を定める探偵社が多い中、ALG探偵社は1時間単位の実稼働時間を基準としています。

1日の調査ごとに費用明細を提示してくれる点からも、コンプライアンス制の高さがうかがえます

LINE・メール契約OK!お電話お見積り提示します。

依頼した後の注意点

探偵に依頼した後はすべて探偵にお任せ、というわけにはいきません。

調査を成功させるためにはあなたの協力も必要不可欠です。

ここでは、依頼後に注意すべき点を解説します。

調査員に協力する

浮気調査のプロとはいえ、まったくの白紙の状態(情報がない状態)から調査を成功させることは至難の業です。

そこで、依頼後は、調査員から様々な情報提供を求められます(※)。

ここで事実と異なる情報を伝えると調査が難航し、場合によっては成功にまで至らない可能性も出てきます。

できる限り正確な情報を伝えることに心掛けましょう。

※容姿全般、性格、靴・服装、持ち物、趣味・嗜好、性格、よく見ているテレビ番組、職業・職歴・経歴、出退勤時間、仕事のシフト、よく使う施設・店、よく行く場所・地域などの情報

浮気調査していることを匂わせない

また、依頼後は、配偶者や浮気相手に

■ 「あなた、昨日、●●に行ってたでしょ!?」
■ 「こっちは全部把握しているから、バレてないと思ったら大間違いよ!」

などと、あたかも浮気調査していること、探偵に依頼したことを匂わせる発言をすることは絶対にNGです。

配偶者や浮気相手に浮気調査していることがバレると、確実に警戒心が増します。

警戒心が増すと、いくら探偵とはいえ調査を進めることが難しくなってしまいます。

また、配偶者との関係が悪化し、離婚を選択するしかない状況に追い込まれる可能性も出てきます。

一刻も早く追及したい、問い詰めたいというお気持ちはわかりますが、結果が出るまでは焦らず腰を据えて待つことが必要となってきます。

 

今回の内容は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている