旦那が浮気を認めない理由は?認めさせるための効果的な方法を解説

uwaki-mitomenai
  • 旦那が浮気を認めないのはどうして?
  • 認めさせるための効果的な方法は?
  • 話し合いの前に検討するべきことは?

この記事は上記のようなお悩みにお応えする内容となっています

記事の前半では旦那が浮気を認めない理由について解説します。

また、中盤から後半では認めさせる方法や旦那に逆切れされた場合の対処法などを解説します。

旦那が浮気を認めない理由・心理とは?

なぜ、旦那は浮気を認めないのでしょうか?

旦那に浮気を認めさせるには、旦那の心理状態を知っておくことが必要です。

そこで、以下では、浮気を認めない旦那がよく抱きがちな心理状態をご紹介します。

隠し通せると思っているから

誰しも浮気はバレないように行うものですし、バレないと思っているでしょう。

そのため、あなたから追及を受けても「隠し通せる」、「隠し通そう」と思うのです。

妻の追及が怖いから

浮気を認めると厳しい追及が待ち受けている、と思って浮気を認めない旦那もいます。

本来であれば浮気を認めないことの方が悪質です。

ただ、普段からあなたに抵抗できないような旦那だと上記のような考えをもってしまうかもしれません。

妻なら許してくれると思っているから

妻なら許してくれる、という甘い考えから浮気を認めない旦那もいます。

すなわち、このまま隠し通し続ければいつかは妻が追及してこなくなるだろうと考えているのです。

あなたを傷つけたくないから

旦那が浮気していると薄々わかっていても、旦那の口から真実を聞かされるとやはり傷つきますよね。

旦那もそのことはわかっているはずです。

そこで、あなたを傷つけまいと思い浮気を認めないのです。

家族を巻き込みたくないから

また、浮気を認めるとあなたから離婚を切り出されると考えているかもしれません。

そして、仮に離婚となれば、家族(子供、親族)も影響を及ぼすことは必須です。

軽い気持ちで浮気した旦那ほどこのような考えを抱きがちです。

浮気相手を守りたいから

旦那が浮気を認めると、その影響は浮気相手にも及びます。

そのため、旦那が浮気相手に迷惑をかけたくない、と思って浮気を認めない可能性があります。

特に、

■ 旦那が浮気相手を誘った場合■ 旦那が浮気の主導者だった場合

■ 旦那と浮気相手との関係が親密な場合

はこうした考えを抱く傾向にあります。

旦那に浮気を認めさせる効果的な方法

それでは、旦那に浮気を認めさせるにはどうすればよいのでしょうか?

以下では代表的な効果的な方法2つをご紹介します。

浮気調査して証拠を集める

何より効果的な方法は浮気調査して証拠を集めることです。

証拠のないまま追及しても、あれこれと言い逃れされて否定されることが多いです。

一方、証拠を集めることで、旦那に追及せずとも浮気の実態を徐々に明らかにできます。

そして、あなたはあらかじめ浮気の実態を頭に入れた上で話し合いに臨むことができますから、旦那からどのように否定されようと適切に対処できます(※)。

つまり、自信をもって話し合いに臨むことができ、話し合いを有利に進めることができるようになるのです。

なお、絶対にやってはいけないことは、十分な証拠を集めきる前に旦那を追及することです。

旦那の警戒心が強くなって証拠集めが難しくなるばかりか、関係がますます悪化するおそれがありますので注意しましょう。

※離婚しない場合は、はじめから旦那に証拠を提示することは控えましょう。旦那に「犯罪者扱いされた」と気を悪くされて関係が悪化するおそれがあります。一方で、離婚する場合は旦那との関係を気にする必要はありませんから、積極的に提示してよいです。

探偵に依頼する

浮気調査(証拠集め)はご自分でも可能です。

しかし、自分で浮気調査することは体力的、精神的、技術的、時間的な面から限界があります。

また、浮気調査は配偶者や浮気相手にバレないよう慎重に進める必要があります。

一度バレると

  • 配偶者、浮気相手の警戒心が高まる

➡ 証拠集めが難しくなる

➡ 話し合いを有利に進めることが難しくなる

➡ 慰謝料請求が難しくなる

  • 配偶者との関係が悪化する

➡ 配偶者がますます浮気にのめり込む

➡ 関係修復が難しくなる

➡ 離婚を切り出される

という事態へと発展するおそれがあります。

そこで、自分で浮気調査することに限界を感じる、バレずに決定的な証拠を集めたい、という場合は

浮気調査のプロである探偵に依頼する

ことも検討しましょう。

調査力と実績のある探偵であれば、これまでの経験を踏まえた上で、訓練された調査員と高精度な機材を駆使しながら調査にあたる

ことができます。

そのため、自分で浮気調査するよりバレるリスクをおさえつつ、より決定的な証拠を集めてくれます。

旦那の心理状態・性格を利用する

旦那の性格、心理状態を利用するのも一つの方法です。

程度の差こそあれ、誰しも罪悪感を感じながら浮気しています。

そこで、

■ 浮気によって深く傷ついてたこと
■ このままでは家族も崩壊してしまうこと
■ 子供にも悪影響を及ぼすこと

など、旦那の「心」に響くようなことを伝えてみましょう。

特に、旦那が真面目、几帳面、正義感が強い、家族想いのタイプだとこの手法が通用する可能性が高いです。

よろしければトライしてみましょう。

話し合いの前に検討するべきこと

旦那に浮気を認めさせるには、しっかりとした事前準備が欠かせません。

この事前準備には、先ほどの「浮気調査」のほかにも

  • 今後の方向性(関係修復か、離婚するか)を決める
  • 自分から変わる、変わる覚悟をもつ(関係修復を望む場合)
  • 離婚で必要なことを把握する(離婚を望む場合)
  • 話し合いの場所を探す
  • 話し合いの間に入ってくれる人を探す(※)

ことなどが含まれます。

離婚するにせよしないにせよ、はやくすっきりさせて次のステップに進みたい!というお気持ちはわかります。

しかし、この事前準備を怠ると、結局は事態は何も変わらないどころか悪化するばかりです。

この事前準備を行うにはある程度の時間がかかりますから一見すると遠回りのように思えますが、実は一番の近道なのです。

上記の事前準備や話し合いの注意点などは以下の記事で詳しく解説しています。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている