浮気の慰謝料は肉体関係なしでも請求できる?相場や必要な証拠を解説

uwaki-isharyou-nikutaikankeinashi
  • 肉体関係はないけど慰謝料請求できるの?
  • 不貞の証拠はないけど慰謝料請求できるの?

この記事では上記のような疑問、お悩みにお応えします。

後述しますが、配偶者や浮気相手に慰謝料を支払わせるためには、配偶者と浮気相手とが肉体関係をもっていたことが必要です。また、肉体関係をもっていたことを証明するための証拠を集めておくことも必要といえます。

しかし、実際には、浮気調査してみると肉体関係をもつまでには至っていなかった、という場合もあるでしょう。あるいは、肉体関係はもっているかもしれないものの、それを証明する証拠を集めることができなかった、という場合もあるでしょう。こうしたケースの場合、配偶者や浮気相手に一切慰謝料請求できないのでしょうか?

この問いにお応えするのが本記事の内容です。ぜひ最後までお読みいただき今後の参考にしていただけると幸いです。

浮気調査、浮気の証拠集めで困ったら探偵に相談

【探偵事務所一覧】

全国に展開する探偵事務所はこちら
北海道・東北エリア 北海道札幌) | 青森 | 岩手 | 宮城仙台) | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越・北陸エリア 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
関東エリア 東京 | 神奈川横浜) | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
東海エリア 愛知名古屋) | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西エリア 大阪 | 兵庫神戸) | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国エリア 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄エリア 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

慰謝料請求できるのは肉体関係を証明できる場合

まず、冒頭でも触れましたが、配偶者や浮気相手に慰謝料を支払わせるには、配偶者と浮気相手とが肉体関係をもったこと、すなわち、不貞関係にあったことが必要です。また、話し合いで解決するには配偶者や浮気相手に不貞関係を認めさせる必要がありますが、それには、不貞を証明する証拠を集めておく必要もあります。まずはこの基本をおさえましょう。

肉体関係を証明できなくても慰謝料請求できる場合とは?

では、配偶者と浮気相手との間に肉体関係がなければ一切慰謝料を支払わせることができないのか、といえばそういうわけでもありません。肉体関係がない場合でも慰謝料請求できる場合があります。それは、配偶者と浮気相手とが親密な関係にあると認められる場合です。

そもそも、肉体関係をもつことが慰謝料を支払わせるための条件となるのは、配偶者があなた以外の第三者と肉体関係をもつことであなたの婚姻生活の平和を維持するという権利利益を害するからです。そこで、肉体関係と同程度のこの権利利益を害する事情があり、かつ、それによってあなたの権利利益が害されたと認められれば慰謝料を支払わせることは可能です。

では、いかなる事情があれば配偶者と浮気相手とが親密な関係にあると認められるかですが、典型的なケースを以下にあげましたので参考にしてみてください。

  • 交際期間が長い
  • 誕生日などにプレゼントを交換する
  • 旅行に行く
  • お互いの自宅を行き来する
  • 結婚の意思を伝えている
  • 婚約指輪を渡している
  • 肉体関係に近い行為(キスなど)を繰り返している

肉体関係がなくても慰謝料の支払いを命じた判例

過去には、

配偶者(A)に浮気された妻(X)が浮気相手(Y)に慰謝料請求した

という事案で、肉体関係がなくても慰謝料請求を認めた判例(請求額300万円、認容額50万円)があります。

YとAとの交際は、・・・・・1年半近くにわたって継続していた・・・・・上、肉体関係が存在していたとは認められないものの、・・・・・抱き合ったりキスをしていたほかAの服の上からYの体を触ったこともあったのであるから、その態様は、配偶者のある異性との交際として社会通念上許容される限度を逸脱しているといわざるを得ない。Yは、Aに配偶者がいることを認識しつつ・・・・・、Aとの交際を継続していたのであるから、Yの行為は、交際相手の配偶者であるXとの関係において、不法行為を構成するというべきである。

【東京地裁平成28年9月16日】

一方、上記と同様のケースで慰謝料請求を認めなかった判例(平成28年12月28日)もある点にも注意が必要です。

肉体関係がない場合の慰謝料の相場

不貞の慰謝料は

■ 離婚しない場合

➡ 0円~100万円

■ 離婚する場合

➡ 0円~300万円 

が相場です。

一方、肉体関係がない場合の慰謝料は

■ 基本

➡ 0~50万円

■ 例外

➡ 50万円~100万円

が相場です。

そもそも慰謝料はあなたが被った精神的苦痛を金額に換算したものをいいます。そのため、客観的に「苦痛の程度が大きい」といえるほど金額は高くなります。

そして、肉体関係がある場合の方がない場合よりも苦痛の程度は大きいと考えられるため、肉体関係がない場合は慰謝料は低額となる傾向にあります。なお、慰謝料は「肉体関係があったか否か」のほかにも様々な増額要素、減額要素を考慮して決めます。

肉体関係がなくても慰謝料請求する場合の証拠

配偶者と浮気相手とが肉体関係もったことを理由に慰謝料請求する場合は、肉体関係をもったことを証明しうる証拠を集めておく必要があります。一方、肉体関係がない、あるいは証明できない場合でも慰謝料請求する場合は、配偶者と浮気相手とが親密な関係にあったことを証明しうる証拠を集めておく必要があります。

配偶者と浮気相手とが親密な関係にあったことを証明する証拠としては次のものがあります。たとえ一つの証拠では証明が難しくても、複数の証拠を積み重ねることで証明が可能となる場合もありますから、まずは内容(証拠の質)よりも数にこだわって集めておくことが必要です。

  • メール、LINE
  • スマホ内の写真、動画
  • スケジュール帳、日記
  • ドライブレコーダーの音声・動画記録
  • 領収証
  • クレジットカードの利用明細
  • ボイスレコーダーの音声
  • 隠しカメラの動画

証拠集めに困ったら探偵に相談を

前述のとおり、肉体関係がなくても慰謝料請求は可能ですが、肉体関係をもたれた場合に比べて相場は低くなってしまいます。そこで、できるだけ高額な慰謝料をお望みの場合は、まずは肉体関係を証明しうる証拠を集めることからはじめてみましょう。

証拠集め(調査)はご自分でも可能ですが、日常生活と並行しながらの調査は精神的にはもちろん、体力的にも大きな負担です。また、より決定的な証拠を集めようとすればするほど経験や慣れ、技術も必要となってきます。また、調査には常に配偶者や浮気相手に「バレる」というリスクが伴います。

そして、万が一バレると次の事態へと発展する可能性があります。

 配偶者や浮気相手の警戒心が高まる

➡ 証拠を集めることが難しくなる

➡ 話し合いを有利に進めることができなくなる

➡ 慰謝料請求できなくなる

■ 配偶者との関係が悪化する

➡ 配偶者がますます浮気にのめり込む

➡ 関係を修復することが難しくなる

➡ 離婚を迫られる、離婚せざるをえなくなる

そこで、調査はプロの探偵に依頼した方が安心です。実績と調査力のある探偵であれば、これまで積み上げてきたノウハウを活かしつつ、豊富な人材とハイテクな機材を駆使しながら調査にあたることができます。その結果、ご自分で証拠を集めるよりもバレるリスクを抑えつつ、より決定的な証拠を迅速に集めてくれます。

確かに、探偵に依頼すると一定の費用はかかりますが、決定的な証拠を集めきれずモヤモヤとした日々を過ごすよりも、探偵に依頼してより決定的な証拠を短期間で集めてもらった方が精神的に楽になれます。また、金銭的な面でもより決定的な証拠を得た方が得られるリターンは大きくなります。

相談、見積もりは無料ですし、相談したからといって無理に契約する必要はありません。メールや匿名での相談に対応している探偵もありますので、まずは気軽に相談してみましょう。

執筆者
執筆者
以下の一覧からお探しできます。

浮気調査、浮気の証拠集めで困ったら探偵に相談

【探偵事務所一覧】

全国に展開する探偵事務所はこちら
北海道・東北エリア 北海道札幌) | 青森 | 岩手 | 宮城仙台) | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越・北陸エリア 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
関東エリア 東京 | 神奈川横浜) | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
東海エリア 愛知名古屋) | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西エリア 大阪 | 兵庫神戸) | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国エリア 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄エリア 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士
(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員(約13年)→ 法律事務所(約4年) → 行政書士、夫婦カウンセラー | 離婚や不倫に関して情報発信しています | 離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成&チェック等をメイン業務としています | ご相談、ご依頼は「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください