【肉体関係なし】で浮気の慰謝料請求できる?相場や必要な証拠を解説

uwaki-isharyou-nikutaikankeinashi
  • 肉体関係はないけど慰謝料請求できるの?
  • 不貞の証拠はないけど慰謝料請求できるの?

この記事は上記のような疑問、お悩みにお応えする内容となっています。

後述しますが、慰謝料請求するためには、配偶者と浮気相手とが不貞関係にあることが基本です。

しかし、そこまでの関係に至っていない場合もあるでしょう。

あるいは、仮に至っていたとしても、不貞の証拠を集めることができなかったということも考えられます。

この記事はそれでも慰謝料請求できないかとお考えの方向けの記事です。

ぜひ最後までお読みいただき参考にしていただけると幸いです。

【基本】慰謝料請求の対象は「不貞」

ご存知の方も多いと思いますが、浮気で慰謝料請求の対象となるのは「不貞」、すなわち、

配偶者がその自由意思であなた以外の第三者と肉体関係をもつこと

が基本です。

浮気や不倫と不貞の違いについては以下の記事で詳しく解説しています。

【例外】不貞以外で慰謝料請求できる場合とは?

一方、例外的に、肉体関係(不貞)がない場合でも慰謝料請求できる場合があります。

それは、

配偶者と浮気相手とが親密な関係にあると認められる場合

です。

そもそも、不貞が慰謝料請求の対象となるのは、不貞があなたの

婚姻生活の平和を維持するという権利利益

を侵害するほどの違法な行為(不法行為)と考えられているためです。

そのため、不貞以外でも上記の権利利益を侵害するほどの行為と認められれば慰謝料請求の対象となるのです。

配偶者と浮気相手とが親密な関係にある、と判断されやすくなる事情は以下のとおりです。

  • 交際期間が長い
  • 誕生日などにプレゼントを交換する
  • 旅行に行く
  • お互いの自宅を行き来する
  • 結婚の意思を伝えている
  • 婚約指輪を渡している
  • 肉体関係に近い行為(キスなど)を繰り返している

「肉体関係なし」に関する判例

過去には、

配偶者(A)に浮気された妻(X)が浮気相手(Y)に慰謝料請求した

という事案で、肉体関係がなくても慰謝料請求を認めた判例(請求額300万円、認容額50万円)があります。

YとAとの交際は、・・・・・1年半近くにわたって継続していた・・・・・上、肉体関係が存在していたとは認められないものの、・・・・・抱き合ったりキスをしていたほかAの服の上からYの体を触ったこともあったのであるから、その態様は、配偶者のある異性との交際として社会通念上許容される限度を逸脱しているといわざるを得ない。Yは、Aに配偶者がいることを認識しつつ・・・・・、Aとの交際を継続していたのであるから、Yの行為は、交際相手の配偶者であるXとの関係において、不法行為を構成するというべきである。

【東京地裁平成28年9月16日】

一方で、上記と同様のケースで慰謝料請求を認めなかった判例(平成28年12月28日)もある点にも注意が必要です。

「肉体関係なし」の慰謝料の相場

不貞の慰謝料は

■ 離婚しない場合

➡ 0円~100万円

■ 離婚する場合

➡ 0円~300万円 

が相場です。

一方で、肉体関係がない場合の慰謝料は

■ 基本

➡ 0~50万円

■ 例外

➡ 50万円~100万円

が相場です。

そもそも慰謝料はあなたが被った精神的苦痛を金額に換算したものをいいます。

そのため、客観的に「苦痛の程度が大きい」といえるほど金額は高くなります。

そして、肉体関係がある場合の方がない場合よりも苦痛の程度は大きいと考えられるため、肉体関係がない場合は慰謝料は低額となる傾向にあります。

なお、慰謝料は「肉体関係があったか否か」のほかにも様々な増額要素、減額要素を考慮して決めます。

「肉体関係なし」の証拠とは?

「肉体関係なし」の証拠としては、

  • メール、LINE
  • スマホ内の写真、動画
  • スケジュール帳、日記
  • ドライブレコーダーの音声・動画記録
  • 領収証
  • クレジットカードの利用明細
  • ボイスレコーダーの音声
  • 隠しカメラの動画

などがあります。

自分で証拠を集める(調査する)場合はバレないように細心の注意を払いつつも、両者の親密さを裏付ける証拠を集めておくことが必要です。

証拠集めに困ったら探偵に相談を

前述のとおり証拠集め(調査)はご自分で行うことももちろん可能です。

しかし、自分で行うことは体力、気力、時間、技術の面から自ずと限界があります。

また、証拠集めは「バレる」という危険と常に隣り合わせです。

そして、万が一バレると、

 配偶者や浮気相手の警戒心が高まる

➡ 証拠を集めることが難しくなる

➡ 話し合いを有利に進めることができなくなる

➡ 慰謝料請求できなくなる

■ 配偶者との関係が悪化する

➡ 配偶者がますます浮気にのめり込む

➡ 関係を修復することが難しくなる

➡ 離婚を迫られる、離婚せざるをえなくなる

という事態へと発展するおそれがあります。

こうした事態に陥らないためにも、証拠集めに困ったらはやめに探偵に相談、依頼しましょう

実績と調査力のある探偵であれば、これまで積み上げてきたノウハウを活かしつつ、豊富な人材とハイテクな機材を駆使しながら調査にあたることができます。

その結果、自分で証拠を集めるよりもバレるリスクを抑えつつ、より決定的な証拠を迅速に集めてくれます。

相談、見積もりは無料ですし、相談したからといって無理に契約する必要はありません。

メールや匿名での相談に対応している探偵もありますので、まずは気軽に相談してみましょう。

以下のボタンから

■ 探偵の仕事内容・実態
■ 探偵の選び方・手順
■ 調査費用を安く抑えるためのコツ
■ おすすめの探偵社 

について解説している記事に飛ぶことができます。

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている