浮気がバレたときの夫(妻)・浮気相手がする言い訳は?対処法も解説

uwaki-iiwake
  • 浮気を追及した際にどんな言い訳をされるのだろう?
  • 夫(妻)、浮気相手別に知りたい
  • 対処法を知りたい

この記事は上記のような疑問、お悩みにお応えする内容となっています。

浮気を追及した際、はじめから正直に浮気を認める配偶者や浮気相手はまずいないといっても過言ではありません。むしろ様々な言い訳をして何とか追及を免れようとするでしょう。

ただ、どんな言い訳をされるのかあらかじめ把握し、適切な対策をとっておけば、いざ話し合いの際に言い訳されても落ち着いて対処できますよね。

そこで、この記事では夫(妻)と浮気相手にわけ、典型的な言い訳をご紹介するとともに、言い訳されないための対処法についてもご紹介します。

ぜひ、最後までご一読いただき、今後の参考にしてもらえたら幸いです。

夫(妻)の言い訳と対処法

まずは、夫(妻)の言い訳と対処法からです。

「肉体関係はもってない」

離婚(裁判離婚)や慰謝料請求の対象となるのは配偶者が浮気相手と肉体関係をもったことが大前提。また、肉体関係をもったかどうかは、究極的には当事者本人たちしかわからない事実です。

配偶者は、「第三者にはわからないだろう」、「どうせ調べようがない」と思っているため、こうした言い訳をされることが非常に多いです。

その他、

■ デート(食事、買い物、ドライブなど)しただけ

■ 一緒に(ホテルなど)に泊まったが部屋は別々だった

■ 本気ではなかった

■ 遊びのつもりだった

などの言い訳もよくされます。

【対処法】は、とにかく徹底的に浮気調査して証拠を集めることにつきます!

「婚姻関係は破綻していた」

浮気された当時、すでに婚姻関係が破綻していた場合は慰謝料請求することができません。

そのため、それを逆手に取られ、「(浮気のときには)婚姻関係は破綻していた。」➡「(だから)浮気は許される。」➡「慰謝料を支払う義務はない。」という言い訳されるケースが多いです。

ただ、婚姻関係が破綻していたことを配偶者が証明する責任がありますし、裁判で主張が認められた例はほとんどありません。

【対処法】は以下の記事で詳しく解説しています

「1度きり」など

そのほか、

■ 1度きり。(それ以降の関係はない) 
■ 浮気相手から誘われた
■ 浮気しない男なんていない
■ みんな浮気しているよ
■ 浮気されたお前(あなた)に原因がある 
■ お酒が入って(その場のノリで、気持ちが大きくなって) 

など、様々な言い訳をされる可能性がありますが、いずれも浮気(不貞)を認めるかのような発言です。

話し合いではこうした発言が出る可能性がありますから、必ずボイスレコーダーをしこんでおきましょう。また、様々な言い訳にも冷静に対処するには、話し合いの前に綿密な浮気調査を行って証拠を集めておくことがなにより大切です。

浮気相手の言い訳と対処法

次に、浮気相手の言い訳と対処法です。

「肉体関係はもっていない」

配偶者と同様の言い訳です。配偶者と口裏を合わせている可能性があります。

「婚姻関係が破綻していると聞いていた」

これも口裏合わせしている可能性があります。

「独身と聞いていた」

浮気相手に慰謝料請求するには、浮気相手が配偶者と肉体関係をもったことに加えて、浮気相手の「故意」あるいは「過失」を証明しなければいけません。

■ 故意:浮気相手が配偶者を既婚者と知っていた
■ 過失:知らなかったが、注意を払えば知ることができたのに知ろうとしなかった 

そこで、上記2つと同様に、慰謝料の支払い義務を免れる趣旨で、こうした言い訳をされる可能性があります。

浮気調査においては、LINE、ドライブレコーダーなどを調査して、浮気相手の故意、あるいは過失を裏付ける証拠を集めておく必要があります。

「配偶者から誘われた」など

そのほか、

■ 配偶者から誘われた
■ 私は悪くない
■ あなたに魅力がないから
■ あなたがしっかりしていないから 
など心無いことを言われる可能性もあります。言われたところで慰謝料請求に影響を及ぼすわけではありませんが、言われた側としては精神的にこたえますよね。
そのため、浮気相手にどんな批判的なことを言われてもいいような精神的なタフさが必要といえます。

言い訳させないためには?

これまでご紹介してきたような言い訳をさせないためには、繰り返しになりますが、浮気調査してきちんとした証拠を集めることが一番有効な方法です。

証拠さえつかんでおけば、相手が徹底的に争ったところで相手の負けはみえていますから、その前に(話し合いで)相手をノックアウトさせることができます。話し合いで解決できれば、時間はもちろん費用の節約、精神的な負担の軽減にもつながりますね。

ただ、証拠を集めいるまでは絶対に配偶者や浮気相手を問い詰めないでください。集め切るまでに問い詰めてしまうと、浮気を疑っていることがバレます。

バレると配偶者と浮気相手の警戒心が増し、証拠を集めることが難しくなってしまいます。また、配偶者との関係がますます悪化し、修復が難しくなる可能性があります。

浮気調査に困ったら探偵に相談を

浮気調査はご自分でも可能ですが、時間的、体力的、精神的、技術的な面で必ず限界がきます。また、浮気調査にはバレるという危険がつきものです(プロの探偵でも同じです)。バレると、前述した事態にまで発展してしまう可能性があります

そこで、自分で証拠集めすることに限界を感じた場合は無理をせず、早めに探偵に相談、依頼することをおすすめします

しっかりとした調査力をもつ探偵であれば、これまでの(成功・失敗の)経験を踏まえつつ、訓練された調査員とハイテクな機材を駆使して調査することができます。そして、調査の難易度によっても異なりますが、よりスピーディーに決定的な証拠を集めてくれます。

相談、調査費用の見積もりは無料ですし、相談したからといって無理に契約する必要はありません。まずは「探偵ってどんなことをするのだろう」という気軽な気持ちで相談してみませんか?

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

行政書士、夫婦問題(離婚)カウンセラー | 大学卒業後、官庁勤務(約13年)→法律事務所勤務(約4年)を経て現在に至ります | 現在「離婚協議書、離婚公正証書の作成&サポート」、「夫婦問題・離婚カウンセリング
」業務を中心とする行政書士事務所開業に向けて準備中です | 本サイトでは離婚で役立つ情報をわかりやすく解説しています | 二児の父親 | 趣味はサッカー観戦と旅行