浮気の原因ランキング!男女共通、男女別の原因や解決法を詳しく解説

uwaki-genin
  • どうして浮気されたんだろう?
  • 浮気の原因を知りたい!
  • 浮気されたら何をやるべき?

この記事は上記のような疑問、お悩みにお応えする内容となっています

浮気の原因は一つではありませんし、人それぞれですから、なかなか「コレ」と明確にできるものではありません。

しかし、実はよくよく考えてみると、他の夫婦と共通している原因もあるはずです。

この記事ではよくある浮気の原因などをご紹介しますから、まずは最後までお読みいただき、あなたにも当てはまる原因がないかどうかよく考えてみてください。

ご自分で浮気された原因を少しでも明確にできれば、それが今後に向けた第一歩となりますよ。

浮気の原因ランキング

以下では、浮気の原因を男女別にランキングにしてみました。

【男性】

順位 浮気の原因 間接的な原因
1 魅力的な女性の出現 浮気症、刺激を求めている、出会いの機会が多い、時間的・経済的な余裕、仕事のストレス など
2 家庭・妻への不満 家庭での居場所がない、存在価値がないと感じている など
3 マンネリ化した夫婦関係 長年の交際・婚姻期間、変化のない生活 など
4 セックスレス 性欲が強い、異性として見れない、妻の容姿・体型等の変化、妻の妊娠・出産 など

【女性】

順位 浮気の原因 間接的な原因
1 寂しい 寂しがりや、夫が相手をしてくれない・話を聞いてくれない・一人の女性として扱ってくれない など
2 魅力的な男性の出現 自分に自信がなく男性に依存しがち、恋愛気質・浮気症、母性本能が強い など
3 マンネリ化した夫婦関係 刺激を求めている、長年の交際・婚姻期間、変化のない生活 など
4 セックスレス 異性として見れない、夫の容姿・体型等の変化、妊娠・出産、性欲が強い など

【男女共通】浮気の原因

「浮気の原因ランキング」を見てもおわかりのとおり、男女共通の浮気の原因は

■ マンネリ化した夫婦関係

■ セックスレス 

■ 魅力的な異性の出現  

の3つです。

そこで、以下では、この3つの原因についてさらに深堀りしてみたいと思います。

マンネリ化した夫婦関係

結婚して間もないころは配偶者への気遣いや思いやり、感謝の気落ちがもてているはずです。

しかし、交際期間、婚姻期間が長くなるとどうなるでしょうか?

交際期間、婚姻期間が長くなると、どうしても生活パターンが一定となりがちです。

そうすると、生活に新鮮味がなくなる、すなわち「マンネリ化」という状態が生じてしまいがちです。

また、徐々に配偶者への関心が薄れ、気遣いや思いやりをもてなくなります。

さらに、相手がいること、相手にしてもらうことが「当たり前」になってきて感謝の気持ちももてなくなります。

相手への関心が薄れると、相手にもその気落ちが伝わりコミュニケーション不足に陥ります。

夫婦仲が悪化しているほとんどの夫婦はこのコミュニケーション不足に陥っています。

セックスレス

セックスもお互いの愛情を確かめ合う大切なコミュニケーションツールの一つです。

そのため、セックスレスに陥っている間は浮気されやすいといっても過言ではありません。

セックスレスの原因は夫婦のマンネリ化した関係にも関連しています。

すなわち、

マンネリ化➡相手への関心の薄れ➡異性としての魅力を感じない➡セックスレス

という流れです。

特に、多くの夫婦が妊娠、出産を境にセックスレスに陥りやすいといわれています。

妊娠、出産後は、夫も妻も、どうしても子供に興味・関心がいきがちとなります。

また、子育てを通じて、男性は「父親」に、女性は「母親」に徐々に変化していきます。

そして、お互いを「異性」として見ることができなくなってしまうのです。

さらに、多くの夫婦が子育てに追われ、時間的、精神的、体力的な理由からセックスする気になれないのが現実です。

魅力的な異性の出現

マンネリ化した夫婦関係、刺激のない生活、、セックスレス、コミュニケーション不足でお互いの心はバラバラ、、

そんな中で、自分のタイプ・理想とする魅力的な異性に出会うと浮気に発展しやすいといえます。

特に、夫婦関係がうまくいっていない中で出会った異性は魅力的に映りますよね。

魅力的な異性と出会えるかどうかは、出会いの機会を多くもっているかどうかにもかかっています。

男性の場合、外に出て仕事をすることが多いことから、職場での出会いが多いといわれています。

一方、女性は男性に比べて職場での出会いは少ないです。

ただ、近年は出会いの方法も多様化してきており、その意味では出会いの機会は性別とは無関係ともいえますね。

男性(夫)特有の浮気の原因

男性(夫)特有の原因は「家庭・妻への不満」です。

女性の社会進出が進んできたとはいえ、まだまだ

夫は仕事、妻は家事・育児

という夫婦も多いのではないでしょうか?

そして、どんな仕事でも多かれ少なかれストレスを抱えます。

そうした中、男性にとって家庭は唯一、

自分の気を休める場所、自分の存在価値を再確認できる場所

といっても過言ではありません。

しかし、その家庭が夫にとって居心地の悪い場所であるならば、夫は家庭以外に居心地のいい場所を求めるでしょう。

女性(妻)特有の浮気の原因

女性(妻)が最も浮気しやすいのが寂しさを感じたとき

女性は「寂しい」という心の隙間を埋めるために浮気に走る傾向にあります。

女性は、夫が

■ コミュニケーション、スキンシップを取ってくれない 
■ 自分のしたことへの反応が薄い、ない
■ 一人の女性として見てくれない

場合などに寂しさを感じる傾向にあります。

心にポカンと穴が空いた状態の中、突如、魅力的な男性が現れると浮気に走ってしまうのです。

「浮気された!」と思ったら、やるべきこと

浮気されたと思ったら浮気調査をはじめましょう

今は「疑い」段階にいる方も多いと思いますから、白黒はっきりさせるには調査が必要です。

また、仮に浮気していたとして、どこまでの関係に至っているかも調査してみなければわかりません

その結果によってあなたが今後進むべき道も異なってくるでしょう。

浮気調査はご自分でも可能ですが、困った場合は早めに探偵に相談しましょう。

修復への覚悟をもつ

浮気調査によって浮気の実態がわかってきたら、関係修復が可能かどうか検討してみましょう。

離婚するかしないかは、最終的に配偶者と話し合って決めることです。

ただ、話し合いを切り出す前にご自分の中で方向性を決めておくことも大切です。

話し合いの機会を設ける

浮気調査を終え、離婚するかしないか結論を出せたら配偶者に話し合いを切り出します。

ただ、話し合いを有意義なものにするには事前準備が欠かせません。

話し合いまでにやるべきことや話し合いでやること、注意点、話し合いの後にやることなどは以下の記事で詳しく解説しています。

一度目を通した上で、話し合いに臨まれることをおすすめします。

話し合いで困った場合に頼れる専門家

離婚するにせよしないにせよ話し合いは避けては通れない道です。

とはいえ、夫婦関係が悪化している夫婦の多くはコミュニケーション不足に陥っています。

そうした夫婦がいきなり二人だけで話し合うことは困難なケースも多いです。

そこで、以下では、二人だけで話し合いが難しい場合に頼れる専門家についてご紹介したいと思います。

離婚カウンセラー

離婚カウンセラーは、特定非営利法人(NPO)日本家族問題連盟が認定する民間の資格で、別名「夫婦問題カウンセラー」とも呼ばれています。

離婚を決意している方のみならず、

■ 離婚しようか迷っている方
■ 関係修復のためにどうしていいかわからず悩んでいる方
の話をじっくり聞きながら、寄り添い、希望に沿ったアドバイスをしてくれます。

弁護士のようにあなたの代わりに交渉したり、行政書士のように法的書面を作ってくれるわけではありません。

ただ、行政書士の中には離婚カウンセラーの資格をもつ行政書士もいます。

また、必要があれば橋渡し役となって、提携している行政書士、弁護士を紹介してくれることもあります。

弁護士

弁護士はオールマイティーに対応してくれる法律の専門家です。

弁護士費用は高額ですが、費用の都合がつくのであれば弁護士に依頼しておけばひとまず安心といったところです。

もっとも、浮気調査に限っては弁護士よりも探偵の方が頼りになります。

また、弁護士と一言でいってもいろんな人がいます。

時間の許す限り、複数の弁護士に相談を申し込み、自分と相性の合った弁護士を見つけ依頼することが大切です。

行政書士

行政書士は法的に効力のある書面作成の専門家です。

書面とは、誓約書、示談書、通知書(内容証明)、離婚協議書などです。

公正証書は公証人が作成してくれますが、作成までのサポートにも対応してくれる行政書士もいます。

また、書面を作成する上で、行政書士から法的なアドバイスを受けることも可能です。

弁護士に比べて費用が安い点もメリットです。

もっとも、行政書士はあなたの代理人として交渉などを行うことができません。

また、紛争性のある案件についても行政書士では対応することができません。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている