【行政書士解説】不倫示談書の書き方・注意点【テンプレート付き】

目次

  • 不倫の示談書とは?
  • どんな内容を盛り込めばいい?
  • 書き方がわからない
  • 示談書を取り交わすまでの手順は?
  • 示談書を作る際の注意点は?

 

この記事ではこのような疑問、悩みにお応えします。

 

不倫慰謝料の示談書は不倫相手と示談する際に作成することが一般的です。不倫慰謝料の示談書は、専門家に依頼しなくても、ご自分で作ろうと思えば作ることができる書面です。

 

そこで、この記事では、不倫示談書等の書面作成を中心に取り扱う行政書士が、不倫相手に不倫慰謝料を請求する際に作成する示談書の内容、書き方、作るまでの手順、流れ、注意点などについて詳しく解説します。

執筆者
執筆者
なお、後述するように、不倫相手と示談するには、不倫相手が不貞関係を認めることが前提となりますが、なかなか認めようとしないのが実情です。そこで、不倫相手に交渉をもちかける前に、不貞関係を証明できる証拠を集めておく必要があります。証拠集めはご自分でも可能ですが、バレると一気に形勢不利となりますから、プロである探偵に依頼した方が安心です。

不倫の示談書とは?

不倫の示談書とは、あなたと不倫相手とが、不倫慰謝料の支払いなどについて示談した際に作成することができる書面です。不倫の示談書がどんなものかは「不倫の示談書の書き方」やテンプレ―トでご確認ください。

なお、不倫した配偶者も不倫相手と同様に、あなたに対して慰謝料の支払い義務を負います。ただ、配偶者と離婚しない場合は配偶者に対しては慰謝料を請求せず、書面を作る場合は「誓約書」を作成します。

一方、離婚する場合は、配偶者に対し不倫慰謝料とは別の性質の離婚慰謝料を請求するのが一般的ですが、その場合は「離婚協議書」、あるいは「離婚公正証書」を作成します。

関連記事

不倫の示談書を作る理由

不倫相手に不倫慰謝料を請求する場合、必ず不倫の示談書を作らなければならない、というわけではありません。不倫の示談書を作らず、口頭で不倫慰謝料を請求することも可能です。

そこで、そもそも、なぜ不倫の示談書を作るべきなのか、作った方がよいのか疑問をもつ方もおられると思いますので、ここで簡単に確認しておきましょう。

示談した内容を「形(証拠)」に残せるから

まず、示談した内容を「形(証拠)」に残せるからです。

形に残すことで、後日、不倫相手から「そんなこと合意した覚えはない」、「約束したつもりはない」などと言われることを防止できます。また、仮に、不倫相手が納得しない場合でも、不倫の示談書を証拠として、示談した内容を証明することができます。

慰謝料以外の問題も解決できるから

次に、不倫慰謝料以外の問題も解決できるからです。

後述するように、不倫の示談書には不倫慰謝料のこと以外にも、配偶者との関係解消や接触禁止のことなど様々な取り決めを盛り込むことができます。違約金もセットで示談しておけば、不倫相手との問題をトータルで解決することも可能です。

慰謝料の増額の証拠として使えるから

最後に、将来再び不倫された場合、不倫慰謝料を増額する証拠としても使えるからです。

不倫の示談書には「謝罪」や「誓約事項(関係解消)」の条項を設けておけば、不倫の示談書によって。不倫相手が過去に謝罪したこと」、「不倫相手が過去に配偶者との関係解消等を誓約したこと」を証明する証拠として使うことができます。不倫相手が過去に謝罪、誓約しながら、再び不倫することは将来の不倫慰謝料の増額要素になりえます。

示談書と誓約書との違い

示談書に似た書面として誓約書があります。いずれも書く内容はほとんど変わりませんが、次の点で大きく異なります。

契約書かどうか

まず、示談書は契約書の一種ですが誓約書は契約書ではない点です。

この違いから、示談書はあなたと不倫相手用の2部作成することを要し、かつ、それぞれの示談書に、あなたと不倫相手が署名(または記名)・押印する必要があります。一方、誓約書は2部作る必要はなく、誓約書には不倫相手だけが署名・押印すれば足ります。

終局的に解決するものかどうか

次に、示談は不倫相手とのトラブルを「終局的に解決する」といった意味合いをもちます

そのため、示談書が契約書の一種であることと相まって、あなたも不倫相手も示談書に書いた内容に拘束され、示談書を取り交わした後は、再度話し合いをしたり裁判に訴えることなどができなくなります。一方、誓約書にはこうした意味合いはありません。

示談書と誓約書の使い分け

では、示談書と誓約書をどのように使いわければよいかですが、前述した示談書と誓約書との違いを踏まえると、

  • 示談書=不倫相手に不倫慰謝料を請求する場合
  • 誓約書=不倫相手に関係解消、接触禁止だけを求めたい場合

というふうに使い分けるとよいでしょう。

不倫慰謝料の示談書に「清算条項」を盛り込めば、「示談した慰謝料以外の金銭をあなたから請求されない」ということになりますから、示談書を作成することは不倫相手にとってもメリットといえます。

不倫の示談書の書き方

それでは、ここからは不倫の示談書に書く内容をみていきましょう。

標題、導入

示談書

 

〇〇〇〇(以下「甲」という。)と××××(以下「乙」という。)は、下記の通り示談した。

標題は「示談書」のほか「合意書」、「和解書」でもかまいません。〇〇〇〇にはあなたの氏名、××××には不倫相手の氏名を入れます。

不貞行為、謝罪

第1条(不貞行為等)

 乙は、令和〇年〇月から令和〇年〇月までの間、約〇回にわたり、甲の夫である△△△△(以下「丙」という。)が既婚者であることを知りながら、継続して肉体関係をもったこと(以下「本件不貞行為」という)を認め、甲に対し、心より謝罪する。

第1条には、不倫相手が配偶者と肉体関係をもったことを認めたことを記載します。不倫相手の故意、不貞の期間、回数、場所は、証拠による裏付けができる場合に記載した方が無難です。

肉体関係の事実がない、肉体関係を裏付ける証拠がない場合に示談する場合は、

「乙は、甲の夫である△△△△(以下「丙」という。)と私的な交際(二人きりの食事・旅行等)を行ったことを認める。」

などと書くことも一案です。

不貞の期間等の裏付けがとれない場合や不倫相手が不貞という文言を盛り込むことを嫌う場合は、単に

「乙は、甲の夫である△△△△(以下「丙」という。)と不貞関係をもったこと(以下「本件不貞行為」という。)を認める。」
「乙は、甲の夫である△△△△(以下「丙」という。)と不適切な関係にあったことを認める。」

などと書くことも一案です。

誓約事項

第2条(誓約)

 乙は、甲に対し、次のことを誓約する。

⑴ 自己が保有する丙の連絡先や丙とのやり取りの履歴をすべて消去すること

⑵ 今後、面会、電話、電子メール、SNS、第三者を介した連絡等手段の如何を問わず、丙との接触を一切行わないこと

今後、不倫相手にして欲しいことがあれば、示談書に盛り込むことができます。

職場内不倫の場合は、

「職場内で接触する場合でも、職務を遂行する上で必要最低限と認められる範囲の接触にとどめること。」

などと書くことも一案です。また、不倫相手が職場を退職することを希望する場合は、期限を定めて、職場を退職する旨を盛り込むことも考えられます。

慰謝料

第3条(示談金の支払等)

1 乙は、甲に対し、本件不貞行為にかかる慰謝料として金●●万円の支払義務があることを認める。

2 乙は、甲に対し、前項の金銭を、令和●年●月●日までに、甲の指定する下記口座に振り込む方法により支払う。振込手数料は、乙の負担とする。

 

 金融機関名:●●●●銀行●●支店

 口座番号 :●●●●●●

 種別   :普通

 口座名義人:●●●●●●●●

 

3 乙は、丙に対する、本件不貞行為の慰謝料支払い債務に基づく求償権を放棄する。乙が丙に対して求償請求したときは、乙は、甲に対し、丙から受領した金銭の全額を甲に支払うものとする。

1項は不倫相手が不倫慰謝料の支払い義務があることを認める条項です。2項は不倫慰謝料の支払い期限、支払い方法について定めた条項です。一括支払い、口座振込みを前提としています。

示談書の取り交わしと同時に示談金を受け取る場合は、

「2 乙は、前項の金銭を本日現金にて支払い、甲はこれを受領した。」

などと書きます。この場合、示談書は領収書の代わりにもなりますので、大切に保管しておきましょう。

また、示談金を確実に回収するには一括払いとした方がよいですが、分割払いを認める場合は以下のように書きます。未払いに対する抑止を働かせるため、3項で期限の利益の喪失を書くことのほか、公正証書を作成することも検討しましょう(作成には不倫相手の同意が必要です)。

2 乙は、前項の金員を分割して令和●年●月から令和●年●月までの間、毎月月末限り、月額●万円を甲の指定する下記口座へ振り込む方法により支払う。振込手数料は、乙の負担とする。

3 乙が前項の支払いを2回以上怠った場合には、当然に期限の利益を喪失し、乙は、甲に対し、直ちに第1項の金員から前項による既払い金を控除した残額を下記口座へ一括で振り込む方法により支払わなければならない。この場合、乙は、期限の利益喪失日から支払い済みまで、残額に対して年●パーセントの遅延損害金を付して支払う。

求償権の放棄

「慰謝料」の一括払いの例の3項は求償権の放棄に関する定めです。

求償権とは、連帯して債務を負った債務者(不倫相手)が自分の負担割合を超えてお金を支払った場合に、他方債務者(配偶者)に対して超過分のお金を返してください、と請求できる権利のことです。

仮に、配偶者が不倫相手から求償権を行使されると、その分、あなたの手取りの額が少なくなる可能性がありますから、あらかじめ不倫相手に求償権を放棄させる必要があります。ただ、求償権は不倫相手が配偶者に行使する権利であって、あなたに対して行使する権利ではありません。

そのため、不倫相手があなたに求償権放棄の意思表示をしたとしても法的には無効です。そこで、後から、不倫相手が配偶者に求償権を行使しないよう、

「乙が丙に対して求償請求したときは、乙は甲に対し、丙から受領した金銭の全額を甲に支払うものとする。」

という文言を入れておくことも考えられます(一括払いの3項参照)。

禁止事項

第4条(禁止事項)

 甲及び乙は、本示談成立後、次に掲げる行為を行ってはならないことを相互に確認する。

⑴ 正当な理由がある場合を除き、口頭、電話、メール、LINE、SNS、インターネット上への書き込み等の手段を用いて本件不貞行為に関する情報、本示談書の存在及び内容、その他本件に関する一切の事項を第三者に対して口外すること

⑶ 誹謗中傷等、社会通念上、相手方の迷惑となるような行為を行うこと

示談成立後、お互いにして欲しくないことがある場合は、その内容を示談書に盛り込むことができます。特に、不貞関係にあった配偶者や不倫相手(特に、不倫相手)は、不貞行為や示談の内容等を第三者に口外されたくないとの希望をもつことが多く、希望する場合は文例のような定めを盛り込むことも一案です。

違約金

第5条(違約金)

 乙は、第2条の定めに違反した場合は、甲に対し、違約金として金●●万円を一括して支払う義務を負う。

乙が第2条で定めた誓約事項に違反した場合の違約金に関する条項です。誓約事項の実効性を確保したい場合は盛り込んだ方がよいでしょう。

ただし、盛り込むかどうかや金額をめぐって折り合わない可能性もあります。金額については、あまりに高額だと常識を超える部分は無効となってしまう可能性があります。一般的には10万円~50万円、高くても100万円程度が妥当な金額と言われています。

清算条項

第6条(清算条項)

 甲及び乙は、両者の間に本示談書の定めのほか何らの債権債務も存在していないことを相互に確認する。

「示談書と誓約書の違い」でも述べましたが、示談は相手方とのトラブルを終局的に解決する点に特徴があります。この点、清算条項は、本示談で示談した以外の権利義務関係はないことを確認する条項で、示談には不可欠の条項といえます。

上記のような定めを盛り込んだ示談書を不倫相手との間で取り交わすと、今後、不倫相手に対する権利は消滅してしまいますので注意しましょう。もし、不倫相手に対して、本示談で定めた権利以外の権利があるような場合は、

甲及び乙は、本件に関し、両者の間に本示談書の定めのほか何らの債権債務も存在していないことを相互に確認する。」

という書き方にして、清算する範囲を限定するのも一案です。

締め、日付、署名・押印

本示談を証するため、本書を2通作成し、各自1通を所持する。

 

令和〇年〇月〇日

 

(甲) 

住所:

署名:                 ㊞

 

(乙)

住所:

署名:                 ㊞

最後に「締め」、「日付」、「署名・押印欄」を書きます。締めは「本示談を証するため、本書を2通作成し、各自1通を所持する。」と書くのが一般的です。

日付は署名・押印する日を書きます。住所欄は設けなくてもよいですが、訴訟などをみすえて相手の住所を把握しておきたいときは設けておきましょう。署名・押印はそれぞれが行いましょう。示談書は2部作成しますから、署名・押印は2か所することになります。

不倫の示談書【テンプレート】

以上の内容に沿った示談書のテンプレートがこちらです。

なお、示談書に盛り込む項目や内容は、あなたや不倫相手の希望などによって異なります。上記のテンプレートはあくまで参考程度にとどめ、個別の事情にあった示談書を作るよう心がけてください。また、不倫相手との話し合いに臨む前に、専門家のリーガルチェックを経ておくと安心です。

不倫の示談書を作成する際の注意点

不倫の示談書を作る際は以下の点に注意が必要です。

示談書の原案は自分で用意する

まず、示談書の原案は、慰謝料を請求する側(被害者)が用意しましょう

あらかじめ自分で用意することで、不倫相手と何を話し合えばよいのか整理することができます。また、自分の要求を漏れなく盛り込むことができますし、自分主導で話し合いを進めることができます。

テンプレの丸写しは絶対にNG

次に、テンプレートの丸写しは絶対にやってはいけません

「示談書【テンプレート】」の箇所でも述べましたが、示談書に書くべき内容は個別の事情によってまったく異なります。10通りのケースがあれば示談書も10通り。一つとして同じ内容の示談書はありません。個別の事情に沿った示談書を作成しましょう。

示談が無効となる場合がある

最後に、示談が無効となる場合があることです。

示談が無効となる場合としては、暴力、脅迫などにより無理やり示談書にサインさせた場合、「慰謝料10億円」、「違約金1億円」など公序良俗(社会常識)に反する内容の合意をした場合が典型です。せっかくの示談が後から無効とならないよう注意が必要です。

不倫の示談書を取り交わすまでの手順

ここまで不倫の示談書や書き方について解説してきました。ただ、不倫の示談書を不倫相手と取り交わすまでにはきちんとした手順を踏むことが必要です。この手順を踏まずに闇雲に示談をもちかけても失敗する可能性が高いですので注意が必要です。

なお、不倫の示談書を取り交わす(不倫相手に話し合いを切り出す)までの手順は以下のとおりです。

①慰謝料請求の条件をチェックする
②自分で調査してみる
③探偵に相談、依頼する
④不倫相手の住所を調べる
⑤配偶者と今後について話し合う
⑥誓約書、示談書を作成する
⑦請求書面、内容証明を作成する

⑧専門家に相談、依頼する
⑨話し合いの場所を探す
⑩ボイスレコーダーなどを準備する

詳細は関連記事で解説していますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

不倫の示談書の作成でよくあるQ&A

最後に、不倫の示談書の作成でよく寄せられる疑問についてお答えします。

Q:示談書は自分で作ることはできますか?

A:もちろん、自分で作ることはできます。ただし、内容に漏れがあったり、表現が曖昧だったりすると、あとでトラブルとなる可能性もありますので、専門家のチェックを受けておくことをおすすめします。

Q:弁護士、行政書士、どちらに相談した方がいいですか?

A:示談書の作成に関する相談であればどちらにでも相談することができます。無料相談を活用してみましょう。

Q:依頼はどちらがいいですか?

A:行政書士は、不倫相手との交渉を行うことができません。したがって、不倫相手の交渉も依頼したい場合は弁護士不倫の示談書の作成のみを依頼したい場合は行政書士に依頼するとよいです。

Q:自分で作る場合と専門家が作る場合で示談書の効力は異なりますか?

A:いいえ、違いはありません。ただ、ご自分で作った場合は、前述のとおり、内容の漏れや不正確さなどから、効果が発生しない可能性もありますので注意が必要です。

Q:印鑑は三文判でもいいですか?

A:実印でなくても、三文判でも大丈夫です。ただし、実印であれば、印鑑証明書で本人が押印したことの証明が可能ですが、三文判だと証明ができないというリスクがあります。

Q:示談書は何部作る必要がありますか?

A:決まりはありませんが、通常、あなた用と不倫相手用の2部作成します。2部以上作成する場合は、同じ内容の示談書であることを証明するため、示談書と示談書の間に割印を押します。

参照:割印とは | ハンコヤドットコム

Q:示談書の用紙のサイズに決まりはありますか?

A:特にありません。ただ、1枚におさまる場合は「A4」用紙を、2枚にわたる場合は契印を押す手間を省くため「A3」用紙を使うことが多いです。

Q:用紙が2枚以上にわたる場合の注意点は?

A:契印を押してください。契印とは、2枚以上の書面が1つの連続した文書であることを証明するための印鑑です。2枚以上にあたる示談書を2部作成する場合は割印も押す必要があります。

参照:契印とは | ハンコヤドットコム

Q:示談書に印紙を貼る必要はありますか?

A:いいえ、不要です。慰謝料は現に生じた損害を填補するお金で、利益ではありませんので、税金は発生しません。不倫の示談書は原則として不課税文書で印紙は不要です。

Q:示談書の保存期間はありますか?

A:特に決まりはありません。ただし、少なくとも示談書に書いた事項が解決するまでは大切に保管しておきましょう。示談書に書いた事項を証明する証拠として示談書を活用する場面があるかもしれません。

Q:示談書を郵送で取り交わす際の注意点を教えてください

A:まず、示談書の2部ともご自分の署名、押印と割印、契印(必要な場合)をします。また、不倫相手も同様に必要ですので、不倫相手がわかるように説明書を同封するか、鉛筆や付箋等でマークをつけておくよいです。

示談書の1部はあなた用のものとして返送してもらう必要があるため、不倫相手に送る封書には返送用の封筒(切手付き)を同封しておきましょう。郵送では、不倫相手の協力も必要となりますので、できれば直接会って取り交わすことをおすすめします。

Q:示談書は公正証書にした方がいいですか?

A:慰謝料を分割で受け取る場合は、特に公正証書にする必要性が高いといえます。もっとも、公正証書を作るには不倫相手の同意が必要です。また、費用がかかること、調印日に顔を合わせる必要がある(代理の場合は不要)ことなどのデメリットがあります。

まとめ

不倫の示談書とは、あなたと不倫相手とが慰謝料などについて示談した際に作成する書面です。一方、慰謝料は請求せず、関係解消や接触禁止を求める場合は誓約書を書くことが多いです。

不倫の示談書はご自分で作ることも可能ですが、まずはきちんとした手順を踏むことが大切です。また、テンプレートの丸写しは絶対にやめ、個別の事情に沿った示談書を作るよう心がけてください。作り方に迷った場合は、専門家に相談、依頼した方が安心です。

この記事を書いた人

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員時代は刑事事件の捜査、裁判を経験。退職後は法律事務所に事務員として勤務し、犯罪被害者・加害者の双方のサポートを経験する。現在は、夫婦間契約書を中心に取り扱う行政書士として、離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成やチェック等の業務をメインに取り扱う。過去の刑事事件の捜査、裁判の経験を活かして、不倫や探偵の情報発信にも力を入れている。