不倫とは?浮気との違い、原因、兆候、予防策まで徹底解説します!

furin
  • そもそも不倫って何?
  • 不倫と浮気との違いは?
  • 不倫の原因、不倫される原因は?
  • 不倫しやすい人の特徴を知りたい
  • 不倫させないためには何を、どう気を付ければいい?
  • 不倫された場合の対処法、辞めさせる方法を教えて欲しい

この記事は上記のようなお悩み、疑問を解決できる内容となっています。

不倫、浮気、肉体関係、、この世の中に男女がいる限り、これらは永遠の課題なのかもしれません。

この記事をご覧の方の中には不倫されないかどうか、あるいは現に不倫されていて夜も眠れない日々を送っている方もおられると思います。

この記事では不倫にまつわる様々なお悩み、疑問を網羅的に取り扱っていますから、きっと不倫でお悩みのあなたにも参考にしていただけるものと思います。

ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

不倫とは~浮気との違い

不倫は

■ 婚姻関係にある男女の間で使われる

■ 肉体関係がある場合に使われることが多い

■ 継続的な関係がある場合に使われる

という点に特徴があります。

一方、浮気は

■ 婚姻関係にない男女の間でも使われる

■ 肉体関係がなくても使われる

■ 一時的な関係でも使われる

という点に特徴があります。

以上からすると、男女の関係で不倫が使われる範囲は限定的であるのに対し、浮気は不倫よりも使われるケースが多いといえます。

こうした違いが生じたのは不倫、浮気の本来の意味が密接に関係しています。

すなわち、不倫の「倫」は倫理の倫、つまり「人が守るべき道」という意味ですから、不倫は「人の道にそむくこと」が本来の意味です。そして、婚姻関係を結んだパートナーをもちながら肉体関係を結ぶこと=人の道にそむくこと=不倫、と認識されるようになったのです。

一方、浮気は「心が浮ついて移りやすいこと」が本来の意味です。つまり、不倫と異なり気持ち(心)の面が重視されるため、肉体関係の有無や関係の継続性は問題となりません。気持ちがパートナー以外の第三者に移った段階で浮気なのです。

不倫と不貞との違い

離婚や慰謝料請求を検討されている方は不倫と不貞との違いもおさえておく必要があります。

すなわち、不倫は肉体関係がある場合に使われることが多いですが、肉体関係がない場合に使われることもあります。

一方、不貞は配偶者があなた以外の第三者と、その自由意思で肉体関係を結ぶことをいい、肉体関係をもった場合にしか使われません。

また、肉体関係のない不倫は、基本的に離婚や慰謝料請求の対象ではありませんが、不貞は対象となる点も大きな違いです。

不倫(浮気)の原因

不倫(浮気)の主な原因は

  • 夫(妻)への不平・不満
  • 夫婦関係のマンネリ化
  • セックスレス
  • 魅力的な異性の出現

を挙げることができます。

また、不倫する側だけではなく、される側にも原因がある場合が多いです。

不倫(浮気)しやすい人の特徴

不倫(浮気)しやすい人の特徴は以下のとおりです。

浮気症、恋愛気質、異性の友達が多い、社交的

不倫は不倫するきっかけがなければはじまりません。ただ、夫(妻)が上記の性格の持ち主の場合は自分から作ることができますし、相手から言い寄られて不倫に発展する可能性も十分ありえます。

職場勤めしている

コンドームの製造で有名な相模(SAGAMI)ゴム工業が2018年に全国の20代~60代の男女(14,100名)を対象に調査した結果を見ると、不倫相手との出会いの場として多かったのが「職場」で、全体の4分の1を占めていることがわかります。このことから、職場勤めしている人は不倫しやすいといえます。

引用:ニッポンのセックス2018年版

不倫(浮気)しやすい職業に就いている

また、職業の中には「不倫しやすい職業」もあるようです。不倫しやすい職業は男女で異なります。

職業から見えてくる不倫(浮気)しやすい人の特徴

さらに、不倫しやすい職業から、不倫しやすい人の特徴が見えてきます。

異性との出会う機会が多い

同性ばかりの職業よりも、異性もいる職場の方がそれだけ職場で異性と出会う機会も多く、不倫しやすいといえます。

お金に余裕がある

不倫を継続するにはお金が必要です。特に、不倫を主導する立場にある人(特に男性に多い)には一定の経済力が要求されます。

時間に余裕がある

不倫にはお金以外に時間も必要です。自分で自由に使える時間を作れる人だと、配偶者にバレないよう不倫できる機会を作れるため、不倫しやすいといえます。

職業がハード

職業がハードだとストレスをためがちです。そして、家庭内で発散できないと、外に癒しを求めて不倫しやすくなるといえます。

不倫(浮気)させないためには

不倫させないためには、前述した不倫の原因をあらかじめ把握しておきましょう。その上で、不倫の原因を作ってしまわないよう普段の言動によく注意して生活する必要があります。

不倫(浮気)の兆候をつかむ

不倫には必ず兆候があります。配偶者の言動が怪しいなと感じたら、普段からよくアンテナを張って配偶者の言動を注意深く観察する必要があります。

おすすめの観察法は日記をつけることです。手軽にはじめることができておすすめです。

不倫(浮気)の兆候がつかめたら~解決までの流れ

不倫の兆候がつかめた後の流れは以下のとおりです。

  1. 浮気調査する
  2. 探偵に依頼する
  3. 修復か離婚かを決める
  4. 配偶者と話し合う
  5. 不倫相手と話し合う

①浮気調査する、②探偵に依頼する

不倫の兆候をつかめたら本格的な浮気調査を始めます。浮気調査はご自分でも可能ですが、限界があります。また、バレるリスクも伴います。そこで、浮気調査のプロである探偵に相談、依頼するのも一つの方法です。

③修復か離婚かを決める

浮気調査と並行して修復可能かどうか見極め、可能であれば修復へ、不可能であれば離婚に向けた準備を進める必要があります。

④配偶者と話し合う

浮気調査して不倫の証拠を集め、修復あるいは離婚に向けた準備を整えた段階で配偶者に話し合いを切り出します。最終的にいずれの結論になろうとも、話し合いは避けては通れない道です。

⑤不倫相手と話し合う

配偶者との話し合いを終えた後、不倫相手に話し合いを切り出します。離婚しない場合は接触禁止や慰謝料請求のために話し合いを行う必要があります。

不倫相手に慰謝料請求する際の注意点

前述のとおり、離婚しない場合は不倫相手に慰謝料請求することもあると思いますが、請求する前に注意していただきたいことがあります。

条件と証拠がそろわなければ請求が難しい

慰謝料請求するには、

① 配偶者と不倫相手とが肉体関係(不貞関係)をもったこと

② 上記の関係が一定期間継続していること

③ 不貞関係時に婚姻関係が破綻していなかったこと

④ 時効が完成していないこと

の条件が整っていることが必要です。

また、不倫相手に慰謝料請求する際は①から④に加えて「⑤故意(あるいは過失)※」も必要です。

①・②・⑤については不倫相手から否定されることも多く、対抗策として浮気調査を行って証拠を集めておくことが必要です。

※不倫相手が配偶者を既婚者だと知っていたこと(故意)、あるいは、注意を払えば知ることができたこと(過失)

慰謝料の相場は低い

離婚は慰謝料の増額事由、離婚しない場合は減額事由です。離婚しない場合は不倫相手に請求できる慰謝料が低くなる可能性があります。

求償権を根拠に減額をもちかけられる

また、不倫相手は配偶者に対して求償権という権利をもっています。不倫相手に慰謝料請求した際は、この求償権を根拠に減額をもちかけられる可能性があります。

不倫を辞めさせるには

一度不倫されたとしても諦める必要はありません。適切に対処すれば不倫を辞めさせることは可能です。旦那に不倫を辞めさせる方法は以下の記事で詳しく解説しています。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検察官の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士試験合格、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている