不倫とは?定義や浮気との違い、原因、兆候から対処法までの全知識

furin
  • そもそも不倫とは?
  • 不倫と浮気との違いは?
  • 不倫の原因、不倫される原因は?
  • 不倫しやすい人の特徴を知りたい
  • 不倫させないためには何を、どう気を付ければいい?
  • 不倫された場合の対処法、辞めさせる方法を教えて欲しい

この記事では上記のような疑問、悩みにお応えします。

不倫、浮気、肉体関係、、この世の中に男女がいる限り、これらは永遠の課題なのかもしれません。

この記事では、そもそも不倫とは何なのか、不倫と浮気はどう違うのか、不倫と不貞との違いは何なのか、不倫にまつわる基本的な知識を解説するとともに、不倫の原因、不倫しやすい人・されやすい人の特徴、不倫されない・させないための対処法、不倫の疑いが濃厚な場合の対処法についても解説していきます。ぜひ最後までお読みいただき、今後の参考にしていただけると幸いです。

以下よりお近くの探偵事務所をお探しいただけます

【探偵事務所一覧】

北海道・東北エリア 北海道札幌) | 青森 | 岩手 | 宮城仙台) | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越・北陸エリア 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
関東エリア 東京 | 神奈川横浜) | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
東海エリア 愛知名古屋) | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西エリア 大阪 | 兵庫神戸) | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国エリア 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄エリア 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

不倫とは?~浮気との違い

それでは、まずは、不倫の定義や不倫と浮気の違いから確認していきましょう。

この点、不倫に関する明確な定義はありませんが、不倫には以下のような特徴があります。

■ 婚姻関係にある男女の間で使われる

■ 肉体関係がある場合に使われることが多い

■ 継続的な関係がある場合に使われる

一方、浮気には以下のような特徴があります。

■ 婚姻関係にない男女の間でも使われる  

■ 肉体関係がなくても使われる

■ 一時的な関係でも使われる

こうした違いが生じたのは不倫、浮気の本来の意味が密接に関係しています。すなわち、不倫の「倫」は倫理の倫、つまり「人が守るべき道」という意味ですから、不倫は「人の道にそむくこと」が本来の意味です。そして、婚姻関係を結んだパートナーをもちながら肉体関係を結ぶこと=人の道にそむくこと=不倫、と認識されるようになったという経緯があります。

一方、浮気は「心が浮ついて移りやすいこと」が本来の意味です。つまり、不倫とは異なり、気持ち(心)の面が重視されるため、肉体関係の有無や関係の継続性は問題となりません。気持ちがパートナー以外の第三者に移った段階で浮気なのです。肉体関係がなくても浮気と言われるのはこのためでもあります。

不倫と不貞との違いとは?

不倫、浮気の場面では「不貞」という言葉もよくみかけます。では、不倫と不貞とはどう違うのでしょうか?

この点、不倫は肉体関係がない場合でも使われることが多いですが、不貞は婚姻関係にある配偶者の一方が第三者と肉体関係をもった場合にしか使われません。また、肉体関係のない不倫は、基本的に慰謝料請求の対象とはなりませんが、肉体関係を前提とする不貞は裁判上の離婚理由や慰謝料請求の対象となる点も大きな違いといってよいでしょう。

【不倫の原因】どうして不倫するの?

後述するように、不倫されない、させないためには、あらかじめ不倫の原因をおさえておくことが必要です。もっとも、不倫の原因は様々です。以下で一般的に考えられる原因をあげましたが、人によっても原因は異なり、しかも、一つだけではなくいくつもの原因が複雑に絡み合って不倫に至ることがほとんどです。そのことが、不倫の問題を複雑化させ、問題解決を難しくし、何年、何十年にもわたって不倫に苦しまされることにもなりかねないのです。

【不倫の原因】
・お互いに魅力を感じなくなったから
・セックスレスだから
・家庭での居場所がないから
・寂しいから
・浮気性だから
・浮気しても許されると思っているから
・異性と交流する機会が多いから

不倫しやすい人の特徴とは?

不倫されない、させないためには、不倫の原因のほか、不倫しやすい人の特徴もおさえておきましょう。不倫しやすい人とは、すなわち、浮気性の人のことでもあります。以下では、浮気性の人によくみられる特徴をあげてみましたので参考にしてみてください。

【浮気性の人の特徴】
性欲が強い
浮気しやすい職業に就いている
・時間的、経済的に余裕がある
・社交的で、人付き合いがよい
・SNSを使いこなしている
・飽き性、新しいもの好き、刺激を求めがち
・ルーズな性格
関連記事
  • 浮気性の男性の特徴とは?浮気性を治す6つの方法もご紹介します

不倫されやすい人の特徴とは?

不倫される人の中には、不倫されやすい特徴をお持ちの方もいます。以下の記事で男女別にあげてみましたので、当てはまる特徴がないかチェックし、当てはまるものがある場合は改善するよう心がけてみてください。

不倫されない、させないためには?

不倫されない、不倫させないためには、不倫の原因や不倫しやすい人の特徴をよくおさせ、原因や特徴に見合った対処をすることでしょう。また、自ら不倫される原因を作ってしまわないよう、普段の言動にもよく注意して生活する必要があります。

「不倫されたかも?」と感じたら?

あなたの努力の甲斐なく「不倫されてしまったかも?」と感じる場合は、今後のためにも、できる範囲でご自分で調査してみましょう。ご自分で調査することで、不倫しているのかしていないのか、仮にしているとしてどこまでの関係に至っているのか、どこまで不倫にのめり込んでいるのか、ある程度の感触を得ることができます。その結果しだいで、今後、あなたが選択する道(婚姻継続か離婚か)も異なってくるでしょう。

【不倫の兆候】~黒か白かの境界線

不倫している(黒)かしていない(白)かの見極めは、不倫の兆候が出ているか出ていないかで見極めるとよいでしょう。普段のパートナーの言動をよく観察し、不倫の兆候が出ている場合は不倫を疑った方がよいかもしれません。不倫の兆候が出ている場合は、日記などにその詳細を記録しておくとよいです。

【スマホによくある不倫の兆候】
・スマホを肌身離さずもっている
・パートナーに近寄ると、急にスマホを隠す など
【バッグ、財布によくある不倫の兆候】
・不倫相手のものとしか思えないものが入っている
・賃貸アパート、マンションの見取図が入っている など
【車によくあある不倫の兆候】
・見慣れない長さや色の髪の毛が落ちている
・見慣れない銘柄のタバコの吸い殻がある など
【性生活によるある不倫の兆候】
・スキンシップを拒否するようになった
・セックスに消極的になった など
【日常生活によくある不倫の兆候】
・コミュニケーション(会話)が減った
・帰宅と同時にシャワーを浴びるようになった など

不倫の疑いが濃厚な場合にやるべきこと

ご自分での調査の結果、パートナーの不倫の疑いが濃厚な場合、次にやるべきことは何でしょうか?

今後のパートナーとの関係を考える

まずは、パートナーとの今後の関係をどうしたいのか、すなわち、このままパートナーとの婚姻関係を継続したいのか離婚したいのか、ご自分の意見を確定させておきましょう。いずれを選択するかによって、今後、あなたが何をやるべきかが異なります。

婚姻関係を継続したい場合は、あなたが何をすればパートナーとの関係を修復できるのかを考えましょう。また、同時に、不倫相手には何を求めるか(慰謝料請求か接触禁止か、など)も考える必要があります。一方、離婚したい場合、あるいは不倫相手に慰謝料請求したい場合は本格的な浮気調査が必要です。

不倫を辞めるよう説得する

パートナーとの婚姻関係を継続したい場合は、どこかの段階で話し合いの機会を設け、不倫を止めるよう説得する作業が必要でしょう。もっとも、充実した話し合いにするには事前準備が必要です。事前準備なしにいきなり話し合いを切り出してはいけません。また、不倫や不貞の事実を認めさせたいのであれば、浮気調査して証拠を集めておくことも必要です。証拠を集める前に話し合いを切り出すのはやめましょう。

本格的に浮気調査する

一方、不倫相手に慰謝料請求したい場合、離婚したい場合は、今後の交渉を有利に進めていくためにも本格的な浮気調査が必要です。これまでの浮気調査で決定的な証拠を集めることができている場合は別ですが、そうでない場合はさらなる調査が必要でしょう。

決定的な証拠もご自分で集めることは不可能ではありませんが、これまでの調査に比べると難易度は各段にあがります。無理をすればパートナーや不倫相手にバレる可能性もあり、一度バレると、その後調査を継続することが難しくなります。限界を感じる場合は、潔く諦めて探偵に依頼した方がよいでしょう

以下よりお近くの探偵事務所をお探しいただけます

【探偵事務所一覧】

北海道・東北エリア 北海道札幌) | 青森 | 岩手 | 宮城仙台) | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越・北陸エリア 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
関東エリア 東京 | 神奈川横浜) | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
東海エリア 愛知名古屋) | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西エリア 大阪 | 兵庫神戸) | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国エリア 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄エリア 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

慰謝料請求する

パートナー、あるいは不倫相手に慰謝料請求したい場合は、証拠を集めてから話し合いを切り出すのが基本です。証拠を集めきる前に話し合いを切り出すと、不倫を疑っていることがバレ、証拠を集めることが難しくなります。証拠がなければ、話し合いを有利に進めることもできません。その他、慰謝料請求の条件をクリアするかどうかなどもチェックしておきましょう。

まとめ

不倫の明確な定義はありませんが、「婚姻関係にある男女の間で使われる」、「肉体関係がある場合に使われる」、「継続的な関係がある場合に使われる」という特徴があり、浮気や不貞とは明確い意味が異なります。

不倫されない、不倫させないためには、まず不倫の原因や不倫しやすい人・不倫されやすい人の特徴をおさえましょう。もし、当てはまるものがあり、不倫の疑いをもつ場合には、パートナーの普段の言動をよく注意して観察しておく必要があります。

また、可能な範囲でご自分で調査し、いよいよ不倫の疑いが濃厚になった場合は、パートナーとの今後について慎重に検討する必要があります。あなたがパートナーとの婚姻関係の継続を望むのか、離婚を望むのかによって、今後あなたがやるべきことが異なるからです。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員時代は刑事事件の捜査、裁判を経験。退職後は法律事務所に事務員として勤務し、犯罪被害者・加害者の双方のサポートを経験する。現在は、夫婦間契約書を中心に取り扱う行政書士として、離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成やチェック等の業務をメインに取り扱う。過去の刑事事件の捜査、裁判の経験を活かして、不倫や探偵の情報発信にも力を入れている。