不倫(浮気)の証拠集め | 集め方なども一挙にご紹介します

uwaki-isharyou-shouko
  • 不倫されたら証拠を集めるべき?
  • どうして証拠が必要なの?
  • 不倫の証拠ってどんなものがあるの?
  • 自分で集めることはできるの?
  • 自分で集める際の注意点は?

この記事では上記のような疑問、お悩みにお応えします。

「不倫(浮気)されたら証拠を集めよう!」という話は聞いたことがある方も多いと思います。では、何のために証拠を集める必要があるのでしょうか?この記事では、まずそのあたりの疑問からお応えしていきます。

その上で、記事の中盤あたりから、不倫の証拠を一挙にご紹介していきます。探偵が撮影した動画もご確認できますので、不倫の証拠とはどんなものなのかよりリアルに実感していただけると思います。

また、不倫の証拠ごとに掲載している「関連記事」では証拠の集め方や集める際の注意点などを詳しく解説しています。今後、ご自分で不倫の証拠を集める際にご活用いただければと思います。

なお、不倫の証拠はご自分で集めることも可能ですが、バレる危険も伴います。一度バレるとその後の証拠集めが極端に難しくなり、探偵でも局面を打開することは困難です。そこで、ご自分で不倫の証拠を集めることに自信がない場合などは探偵の力を借りるのも一つの方法です。以下の関連記事では、探偵に浮気調査を依頼する手順や選び方などを詳しく解説しています。

どうして不倫の証拠を集める必要性があるの?

それでは、そもそもどうして不倫の証拠を集める必要があるのか、つまり、不倫の証拠を集める必要がある場合とはどんな場合なのか確認していきましょう。

慰謝料を請求する側に証明責任があるから

まず、あなたが配偶者(または元配偶者)に慰謝料請求する場合は配偶者の不貞を、不倫相手に対して慰謝料請求する場合は不貞に加えて不倫相手の故意または過失を証明する責任があります。不貞や故意・過失を証明するには、それを裏付ける証拠が必要です。つまり、不倫の証拠を集める必要があるのは、慰謝料請求を検討している場合といってよいでしょう。

簡単には不倫を認めないから

次に、簡単には不倫を認めないからです。不倫の証拠もなく問い詰めても、「不倫相手と二人だけで会ったのは事実だけど、肉体ア関係にまでは至っていない」などと様々な言い訳をして言い逃れされるのが落ちです。しかし、相手の言い分にもきちんと対抗できる証拠をもっていれば、相手の言い逃れを許さずきちんと責任を追及できます。慰謝料請求するかどうかはともかく、不倫の事実を認めさせたいという場合は不倫の証拠を集めておくべきです。

不倫の証拠を集めるメリット

次に、不倫の証拠を集めたらどんなメリットがあるのかみていきましょう。

話し合いで解決できる可能性が高くなる

まず、話し合いで解決できる可能性が高くなるという点です。不倫の証拠と聞くと「裁判で使うもの」とイメージされる方も多いと思いますが、証拠は裁判はもちろん、裁判を利用する前の話し合いでも活用できます。話し合いでは、配偶者や不倫相手の性格など出方等よっては証拠を握っていることを匂わせ、「裁判する準備はできている!」、「もし認めなければ裁判に打って出る!」と強気の態度に出ることも可能です。

相手が「裁判は面倒・嫌だ」と考えている場合は裁判を避け素直に不倫の事実を認めるでしょう裁判となれば負担が大きいですし、結果が出るまでに時間がかかります。手続きが複雑で弁護士に依頼する必要性も高くなり、弁護士費用も負担しなければなりません。一方、話し合いならば、自分で進めていくことも不可能ではなく、短期間で解決することが可能です。

第三者にも不倫の事実をわかってもらえる

次に、第三者にも不倫の事実をわかってもらえるという点です。いくらあなたが不倫の被害を第三者に訴えても、あなたの事情を知らない第三者からすれば「本当に不倫されたのか」、「あなたが嘘をついたり、事実を誇張してないか」などと疑いの目で見られています。 

その第三者にも不倫の事実をわかってもらうには不倫の証拠が必要です。証拠はありのままの事実を映し出します。嘘をついたり、事実を誇張することはできません。そのため、証拠があれば第三者にも過去の事実をわかってもらえるのです。相手との交渉を弁護士に依頼する場合には弁護士、調停では調停委員、裁判では裁判官を説得するには不倫の証拠を集めておく必要があります。

離婚理由の証拠や「お守り」にもなる

次に、離婚理由や「お守り」になるという点です。不貞は裁判上の離婚理由の一つです(民法第770条)。

(裁判上の離婚)
第770条
1 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
 ① 配偶者に不貞な行為があったとき。
 ②~⑤ 略

あなたが離婚を望んでいるものの配偶者が離婚に合意しない場合、最終的には裁判で離婚を請求するしかありません。裁判では、離婚を請求する側が配偶者の離婚理由を証拠によって証明する責任がありますが、証拠を集めておけば裁判上の離婚を成立させることができます。

一方、あなたは離婚を望んでいないものの配偶者から離婚を求められることもあります。もっとも、自ら不法な行為をした有責配偶者からの離婚請求は認められないのが基本です。そのため、配偶者の有責性を証明しうる不倫の証拠をにぎっていれば離婚を回避できるというわけです。

夫婦関係の修復に活かすことができる

最後に、夫婦関係の修復に活かすことができるという点です。そして、夫婦関係を修復していくには、まず配偶者が不倫の事実を認め、あなたに対して謝罪することが出発点です。もっとも、前述のとおり、簡単には不倫の事実を認めないのが現実です。そこで、あらかじめあなたの方で不倫の証拠を集めて実態を把握した上で、話し合いに臨む必要があるのです。

あらかじめ不倫の実態を把握できれいれば自信をもって話し合いに臨むことができ、話し合いを有利に進めることができます。また、夫婦関係を修復する上では、不倫相手に配偶者との不倫関係を認めさせた上で、関係解消や接触禁止を求めていくことも必要でしょう。ただし、不倫相手も簡単には不倫の事実を認めようとはしません。配偶者にも不倫相手にも不倫の事実を認めさせるには、不倫の証拠を集めておく必要があります。

不倫の証拠を一挙ご紹介

それでは、ここからはこの記事の本題である不倫の証拠をご紹介していきます。まずは、以下の一覧で不倫の証拠の種類や概要を把握していただき、その後、各証拠の詳細についてみていきましょう。

【不倫の証拠一覧】

証拠 内容 価値
写真・動画 ラブホテルに一定時間滞在したことがわかるもの
スマホ内の写真・動画 不倫相手との性交渉、不倫相手の裸
自白 不倫したことを認めるもの
誓約書、示談書 不倫したことを認める内容が記載されたもの
ボイスレコーダーの音声 不倫を認める内容が録音されたもの 高の下
探偵の調査報告書 ラブホテルに一定時間滞在したことがわかるもの 高の下
ドライブレコーダーの音声、映像 不倫相手との性交渉

不倫相手の顔、氏名、職業などの個人情報を記録したもの

中の上
メール・LINE 性的関係をもったことを記載したもの
スケジュール帳・日記など 性的関係をもったことを記載したもの
第三者の証言 ラブホテルに入った旨の証言
GPS機器 ラブホテルに入ったことを示すもの 中の下
カーナビの履歴 ラブホテルの住所の検索履歴 下の上
SNS 性的関係をもったことを疑わせるもの 下の上
避妊具、性交渉に使う道具 左記のとおり
誕生日カード・プレゼント ブランド品、高級品など
領収書、クレカの明細 ラブホテルに宿泊したことがわかるもの
交通ICカードの履歴 行動がわかるもの
あなたの日記 配偶者の行動パターンがわかるもの

写真・動画

配偶者と不倫相手とがラブホテルに一定時間滞在したことがわかる写真や動画は、肉体関係をもったことを高度に推認させる証拠価値の高い証拠になりえますたとえば、MR探偵社が公開している動画が参考になります(動画の18:11分に男女がラブホテルに入る場面、18:33分に男女がラブホテルから出てくる場面が出てきます)。

もっとも、このような証拠をつかむには尾行や張込みが不可欠です。写真や動画撮影、尾行、張込みを行うには高度なテクニックと経験が必要ですから、一般方々が行うことはおすすめできません。尾行や張込みなどが必要な場合は、探偵に浮気調査を依頼することをおすすめします。

スマホ内の写真・動画

配偶者のスマホ内にも証拠価値の高い写真や動画が保存されている可能性があります。特に、不倫相手と思われる人物との性交渉の場面を撮影した写真や動画などは不倫の証拠として使える可能性がありますのでご自分のスマホで撮影したり、スマホに転送するなどして証拠化しておきましょう。

もっとも、スマホにロックがかかっている場合は解除が必要です。また、仮に解除できたとしても、配偶者がわざわざ不倫につながるような証拠をスマホ内に残していることも考え難く、上記のような証拠をつかめる可能性は低いといわざるをえません。

自白

自白も証拠価値の高い証拠の一つです。不倫した本人が、あえて本人に不利なことを告白する以上、その内容には嘘が含まれている可能性は低いと考えられるためです。もっとも、配偶者や不倫相手が簡単に自白するケースは少なく、自白させるには自白以外の証拠を集めておく必要があります。

また、自白をした経緯などによっては証拠価値はない自白とみなされてしまう場合もあります。その意味で、自白は決定的な証拠とまではいえませんから、仮に自白を得たとしても自白だけに頼らず、自白の信用性を担保するだけの客観的な証拠(写真、動画、メールなど)を集めておく必要があります。

誓約書、示談書

誓約書や示談書には配偶者や不倫相手が認めた肉体関係の事実を記載しますから、自白と同様に証拠価値の高い証拠になりえます配偶者や不倫相手が合意した内容を守らない場合は、誓約書や示談書を証拠に合意内容を実行するよう求めることができます。

もっとも、誓約書や示談書を作るには、配偶者や不倫相手が自白することが前提となりますが、前述のとおり、簡単には自白しないケースが多いのが実情です。また、暴行、脅迫、強要などの不法な手段を用いてサインさせた場合などは、一部または全部の内容が無効とされてしまう場合もありますので注意が必要です。

ボイスレコーダーの音声

ボイスレコーダーが最も活躍するのは配偶者や不倫相手との話し合いの場面です。話し合いで配偶者や不倫相手が自白し、その内容がきちんと録音されていた場合は、自白などと同様に証拠価値の高い証拠になりえます。誓約書などの書面と比べて、自白した本人の「生」の声が記録できる点でインパクトがあり、かつ、サインが不要という点もメリットです。

探偵の調査報告書

探偵に浮気調査を依頼した場合、多くの探偵が調査結果をまとめた「調査報告書」を作成します。調査報告書の内容が不貞の事実を高度に推認させるものであれば証拠価値の高い証拠となりえます。調査報告書の「質」は探偵の調査力や作成能力によっても異なってきます。探偵に浮気調査を依頼する前に探偵の調査力を見極め、調査報告書のサンプルを見せてもらうことが大切です。

ドライブレコーダーの音声、映像

ドライブレコーダーにも不倫相手との車内で性交渉などの場面が録音・録画されている可能性があります。また、そうした決定的な証拠はつかめなくても、音声や映像から配偶者と不倫相手の関係性や不倫相手の氏名、顔k、職業、おおよその住所などの情報がわかることがあります。GPS機能がついているドライブレコーダーであれば、おおよその位置情報がわかることがあります。

メール・LINE

メールやLINEは不倫における必要不可欠な連絡手段ですから、メールやLINEには不倫につながる痕跡が多く残されていることがあります。もっとも、直ちに不貞を推認できるような内容かどうかは慎重に検討する必要がありますし、仮に推認できる内容でも、メールやLINE以外の証拠(自白など)を集めておく必要があります。

スケジュール帳、日記

配偶者のスケジュール帳や日記をチェックできる機会がある場合は

■ 見慣れない女性の名前が載っていないか?

■ あなたの把握していない予定が記載されていないか?

■ 予定に規則性、継続性はないか?

■ 連絡帳に氏名や電話番号が載っていないか?

■ 普段使わないイニシャルやマークが載っていないか?

■ 写真やプリクラが挟まっていないか?

などを確認してみてみましょう。直ちに肉体関係を証明する証拠にはならないにしても、不倫を追及する材料の一つにはなりえます。

第三者の証言

第三者の証言は内容しだいで価値が変わってきます。たとえば、「配偶者と不倫相手とがラブホテルに出入りしたところを見た。」という証言は、信用性が担保される限り、証拠価値の高い証拠になりえます。一方、「●●と××が一緒に歩いていた。」、「食事していた。」などの証言は、追及材料の一つにはなりえるにしても、肉体関係を証明する証拠にはなりえません。

GPSの位置情報

GPS機器では配偶者のリアルタイムの位置情報と過去の位置情報をチェックすることが可能です。もっとも、位置情報だけでは誰と、何をしたかまでは証明することはできず、証拠価値としては高いとはいえません。また、先般のストカー規制法の改正により、無断で人の位置情報を取得する行為は、状況によりストーカー行為として処罰される可能性もありますので注意が必要です。

カーナビの履歴

カーナビの目的地検索履歴や走行履歴からも、配偶者が過去にどこにいったかを調べることができます。ラブホテルの住所を検索していることがわかる場合などは、その証拠をもって追及することもできるでしょう。もっとも、GPSの位置情報と同様に、誰と、何をしたかまでは証明できず、カーナビの履歴だけでは言い逃れを許してしまう欠点があります。

SNS(twitter,Instagram,facebookなど)

LINEと同様、SNSも不倫でよく使われます。LINEの代わりにSNSを連絡手段に使っている可能性もあります。SNSアカウントをお持ちの方は、ご自分のスマホから配偶者や不倫相手のアカウントを見つけてみましょう。見つけることができない場合は、配偶者のスマホから直接見るしかありません。

避妊具、性交渉に使う道具

不倫相手と肉体関係をもっている場合は避妊具や性交渉に使う道具を持っている可能性があります。単にもっているだけでは「あなたと使うつもりだった」などと言い逃れされる可能性がありますので証拠価値としては低いといわざるをえませんが、見つけた場所(財布やバッグの中など)やもっている数、道具の内容などによっては追及材料の一つとすることは可能です。

誕生日カード・プレゼント

不倫相手の誕生日カードやプレゼントは、不倫相手との親密度をはかる指標にはなりえます。そして、親密度が深ければ深いほど肉体関係まで発展しているのではないかと疑うことは可能でしょう。もっとも、あくまで「疑い」は域は超えず、肉体関係まで発展しているとは断定はできません。その意味で、証拠価値は低いといわざるをえません。

領収書、クレジットカードの利用明細

領収書やクレジットカードの利用明細では、利用日、利用した店舗名・会社名、利用金額がわかります。普段利用していない店や利用金額などによっては追及材料の一つとすることは可能です。

交通系ICカードの履歴

交通系ICカードでは、配偶者が乗車した駅と降車した駅を特定することが可能です。いつも利用しない駅を利用していることがわかれば追及材料の一つとすることは可能です。

あなたの日記

日記は誰でも手軽につけることができる点がメリットです。継続的につけておけば、配偶者の行動パターンが見えてくることがあります。また、他の証拠と照らし合わせることで、配偶者の言動の矛盾点が見えてくることがあります。矛盾点が見えてくれば、そこを追及して配偶者を自白させることも可能です。

自分で不倫の証拠を集めることはできる?

不倫の証拠集めはご自分でも可能です。「不倫されたかも?」と異変を感じたときが、不倫の証拠集めをはじめるタイミングです。もっとも、一度配偶者に不倫の証拠を集めていることがバレるとその後の証拠集めが極端に難しくなってしまいます。また、再構築の反感を買い、再構築することも難しくなってしまいます。

そのため、まずは不倫の証拠を自分の力で集めるのか、探偵に依頼すべきなのかをしっかり見極め、自分の力で集めることができると判断できてからスタートさせることが大切です。また、一度自分の力ではじめたとしても、限界を感じる場合は無理をせずに潔く諦め、探偵に相談することが大切です。

不倫の証拠集めに困ったら探偵に相談してみましょう

このように、不倫の証拠はご自分で集めることも不可能ではありません。そして、たとえば、配偶者のスマホ内に不倫相手との性交渉を撮影した動画をつかめた場合は、わざわざ探偵に調査を依頼するまでもないでしょう。

もっとも、配偶者の身の回りに不倫につながるような証拠が残されていることは少なく、ご自分で調査してもなかなか上記のような決定的な証拠をつかむことが難しいのが現実です。決定的な証拠をつかむのであれば、尾行や張込みなどを行って、より身近な位置から配偶者や不倫相手の行動を確認する必要があります。

ただ、前述のとおり、調査の知識や経験がない一般の方が尾行や張込みなどを行うことはおすすめできません。尾行や張込みなどの調査が必要な場合は、まずは探偵に相談すべきですしっかりとした調査力をもつ探偵であれば、訓練された調査員とハイテクな機材を駆使しながら、より決定的な証拠をスピーディーに集めてくれます。ご自分で行う負担を軽減できる点も大きなメリットです。

近年はほとんどの事務所が無料相談を受け付けていますし、費用の見積もりも無料で出してくれます。相談したからといって必ずその事務所に依頼しなければならないというわけではありません。時間の許す限り複数の事務所に相談し、比較検討することがご自分に合った事務所を選ぶ際のポイントです。

 

 

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員時代は刑事事件の捜査、裁判を経験。退職後は法律事務所に事務員として勤務し、犯罪被害者・加害者の双方のサポートを経験する。現在は、夫婦間契約書を中心に取り扱う行政書士として、離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成やチェック等の業務をメインに取り扱う。過去の刑事事件の捜査、裁判の経験を活かして、不倫や探偵の情報発信にも力を入れている。