【必見!】クレジットカードの利用明細から浮気を見破る方法とは?

creditcard-riyoumeisai
  • クレジットカードの利用明細から浮気を見破る方法は?
  • 利用明細を勝手に見ても違法ではないの?
  • 利用明細は浮気の証拠になるの?
  • 利用明細以外にどんな証拠を集めればよいの?

この記事は上記ような疑問、お悩みにお応えする内容となっています

当然ながら、浮気するにはお金が必要です。

食事代、ホテル代、デート代、浮気相手へのプレゼント代など様々な出費がかさみます。

そこで、配偶者の浮気を疑ったらクレジットカードの利用明細にも着目すべきです。

この記事ではクレジットカードの利用明細から浮気を見破る方法や注意点などを詳しく解説します。

この記事を読めば、クレジットカードの利用明細から浮気の兆候をつかめるようになっていただけます。

クレジットカードの利用明細から浮気を見破る方法

クレジットカードの利用明細から浮気を見破る方法は次の3通りです。

  • 利用明細の取扱い方から見破る
  • 引き落とし口座から見破る
  • 利用明細の内容から見破る

利用明細の取扱い方から見破る

ご存知のとおり、明細書には様々な出費の履歴が掲載されます。

そのため、明細書を見せてくれない場合は浮気を疑った方がよいです。

また、あなたに明細書を見られないよう、あえて

■ web明細に切り替える 

■ 利用明細の送り先を変える(浮気相手の住所宛にする)

などの対策を取る方もいます。

これまで自宅に利用明細が届いていたのに急に届かなくなった、という場合も浮気を疑った方がよいでしょう。

引き落とし口座から見破る

配偶者が利用明細を見せてくれない場合やweb明細としている場合は利用明細を見ることができません。

ただ、盲点は引き落とし口座です。

利用明細については対策をとっていても、引き落とし口座だけは変更していない可能性があります。

もし、あなたが引き落とし口座を管理しているのであれば、お金の減り具合を確認することができます。

ここである一定の時期から急に引き落とし額が増えた、という状況であれば浮気を疑ってみる余地はあります。

※新しいクレジットカードを作っていたら?警戒心が強い配偶者の中には浮気用のクレジットカードを作る方もいます。それでも引き落とし口座までは目が行き届いていない可能性もあります。引き落とし口座は従前の口座と指定している可能性もありますので、念のため口座をチェックしてみましょう。

明細書の内容から見破る

クレジットカードの利用明細を見ることができた場合は次の点をチェックしましょう。

利用日

利用日に着目すると、

■ 出張と言っていたのに、出張とは関係のない買い物をしている

■ 特定の日にラブホテルを利用している

など矛盾点や行動の規則性を発見できる場合があります。

行動の規則性を見つけることができれば、的を絞った調査ができやすくなりますね。

また、前述のとおり、探偵に依頼した場合には費用の節約にもつながります。

利用店舗名、会社名など

配偶者の行動が怪しいと思った日の利用店舗名、会社名などを中心に写メ(orメモ書き)しておきたいところです。

利用金額によっては、

■ レストラン

■ ラブホテル

■ ジュエリーショップ

などある程度の目星をつけることも可能です。

写メ(orメモ書き)した後は、インターネットで検索して可能な限り店舗、会社を特定します。

利用店舗名、会社名ではなく決済代行会社名しか記載されていない場合でも、検索すれば、どんな業種の代行決済会社なのかを調べることは可能です。

利用金額

利用金額が大きければ、クレジットカードが

■ 浮気相手との旅行、食事

■ 浮気相手とのプレゼント 

などに使われた可能性があります。

また、利用金額が小さくても、利用日、利用店舗名・会社名などから「気になる」と思った場合は忘れず写メ(orメモ書き)しておきましょう。

後日、役に立つことがあるかもしれません。

利用明細のチェックに加えて日記をつけよう

クレジットカードの利用明細だけで浮気を確証できればよいですが、なかなかそういうわけにもいきません。

利用明細だけでは誰と、何をしたかまでは証明できないからです。

仮に、利用明細から「高級レストランの利用日、店舗名」がわかったとしても、会社の同僚と食事しただけかもしれません。

そこで、利用明細のチェックに加えて、日頃から配偶者の言動に関する日記を継続的につけておきましょう

そして、後日、利用明細と日記を照らし合わせることで、配偶者の言動の矛盾点、行動パターン(規則性)が見えてくる可能性があります。

照らし合わせる際は、特に、

■ 土日(休日)出勤日

■ 残業日

■ 帰りが遅くなった日

■ 出張日

■ 社員旅行日

を重点的にチェックするとよいです。

配偶者の言動の矛盾点や行動パターンが見えてくれば、浮気の「疑い」から「確証」へと変えることができるかもしれません。

本人以外がクレジットカードの利用明細を見るのは犯罪?

クレジットカードの利用明細を集めるといっても、その過程で犯罪を犯してしまうと意味がありません。

また、犯罪にあたるとせっかく手に入れた利用明細も証拠として使えなくなってしまいます。

こうした事態に陥らないためにも、どんな行為が犯罪にあたるのか以下で確認しておきましょう。

封書を開封することは?

「親展」と書いてある封書を配偶者に無断で開封した場合は信書開封罪(刑法133条)に問われる可能性があります。

信書開封罪の罰則は「1年以下の懲役又は20万円以下の罰金」です。

なお、仮に、親展扱いでなくても、配偶者の警戒心が強い場合は注意が必要です。

未開封の封書を開封すると配偶者に行動を怪しまれ、配偶者の警戒心が強まって証拠集めが難しくなります。

また、配偶者との関係が悪化する可能性もあります。

利用明細が封書の場合は開封されたものをチェックした方が安心です。

ID、パスワードを使って管理画面に入ることは?

近年は、封書ではなくインターネット(web)で明細を確認することが増えています。

ただ、他人のIDとパスワードを使ってログインする行為は

不正アクセス禁止法の「不正アクセス(行為)」

にあたる可能性があります。

夫婦であるからといって許されるわけではありません。

罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」です。

クレジットカードの利用明細は浮気の証拠になる?

浮気の証拠というためには、その証拠によって

肉体関係(不貞)があったこと

を証明できなければなりません。

では、クレジットカードの利用明細で肉体関係を証明できるかといえば答えは「NO」です。

なぜなら、仮に、利用明細にラブホテルの利用日、施設名が載っていたとしても、浮気相手までを証明することはできないからです。

また、何をしたかも証明できないため、配偶者に「休憩のために泊まった。」などと言い逃れされる余地も残っています。

利用明細だけでは浮気の証拠としては不十分といわざるをえません。

証拠にならなくても集める意味

とはいえ、クレジットカードの利用明細を集める(チェックする)意味がまったくないわけではありません。

前述のように、利用明細と日記を照らし合わせることで、配偶者の言動の矛盾点や行動パターンをつかみ、浮気の「疑い」から「確証」へとつなげることができるかもしれません。

また、配偶者の行動パターンをつかめれば、その後の浮気調査を効率よく進めることができ、より有力な証拠を得られる可能性があります。

探偵に依頼する場合は的を絞った依頼ができますから、調査期間の短縮、調査費用の節約にもつながります。

さらに、利用明細と後述する証拠を組み合わせることで、肉体関係の証明ができなくても慰謝料を請求できる場合もあります

「利用明細は浮気の証拠にならない、、」とはじめから諦めてはいけません。

クレジットカードの利用明細以外にも集めたい証拠

クレジットカードの利用明細を集めることができればよいです。

ただ、web明細の場合やそもそも配偶者がクレジットカードを使わない場合は集めることができません。

そこで、以下では、クレジットカードの利用明細以外に集めておきたい証拠をご紹介します。

スマホ内の情報(写真・動画、メールなど)

配偶者のスマホをチェックできる場合は、スマホ内の写真・動画をチェックしてみましょう。

浮気相手との性交渉に関する写真・動画は不貞の証拠となりえます。

そのほか、余裕があれば、トークアプリ(LINE、カカオなど)、SNSなどもチェックしてみるとよいです。

スケジュール帳、日記帳

スケジュール帳や日記などで配偶者が休日出勤や出張する(した)日などを把握します。

そして、クレジットカードの利用明細と照らし合わせていけば、配偶者の言動の矛盾点や行動の規則性が見えてくるかもしれません。

領収証

休日出勤した日、残業した日などの後に、機会があれば財布や背広のポケットなどを確認してみましょう。

意外と浮気の証拠となる領収証が入っている可能性があります。

領収証はクレジットカードの利用明細よりも集めやすく見やすいため、一度、トライしてみる価値はありますよ。

交通ICカードの利用履歴

配偶者が通勤などで交通系ICカードを使っている場合は、その履歴を取得するのも一つの方法です。

履歴からは電車に乗降した「駅」、「時間」がわかります。

いつも利用する駅とは異なる駅を利用している場合や使う時間帯が遅い場合などは浮気を疑うきっかけにはなりますね。

Suicaの場合は、スマホがICカード対応用であれば、専用のアプリをダウンロードするだけで簡単に取得することができます。

そのほか、

■ 配偶者をうまくごまかしてICカードを借り、駅の券売機で履歴を印字する

■ 専用のカードリーダーを購入する

という手もあります。

通帳(写し)

クレジットカードは配偶者の名義でも、引き落とし口座の通帳はあなたが管理している、というケースも多いかと思います。

そのため、毎月の引き落とし額を把握することは可能ですね。

引き落とし額が普段よりも多い場合はクレジットカードが浮気に使われている可能性があります。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている