浮気調査の費用の相場は?安くするコツ、チェックポイントなどを解説

浮気の証拠集めを探偵に依頼したいけど、

  • 費用はいくらかかるの?
  • 費用の相場は?
  • 料金体系の種類は?
  • 自分に合った料金体系は?
  • 費用を安くするコツは?
  • 相談時、依頼時のチェックポイントは?

この記事は上記のような疑問、お悩みにお応えする内容となっています

記事の前半では探偵の料金体系(料金体系)や費用の相場、後半では費用を安くするコツ、探偵に相談、依頼する際のチェックポイントにつ解説します。

探偵をめぐっては、

■ 思っていた以上に費用が高くついた

■ 高額な追加費用を請求された

■ 満足のいく調査をしてもらえなかった

などのトラブルが後を絶ちません。

今回は「この記事を読まれる方だけでも上記のようなトラブルに巻き込まれて欲しくない」との思いでこの記事を書きました。

ぜひ最後までご一読いただければ幸いです。

浮気調査の費用体系

探偵社のホームページをご覧になるとおわかりいただけますが、探偵社は費用体系ごとに細かい費用設定をしています。

費用体系の名称、内容等は探偵社ごとに異なりますが、おおむね

■ 時間料金型

■ 成功報酬型

■ パック型  

のいずれかを採用していることが多いです。

時間料金型

時間料金型は調査費用は次の計算式で計算されます。

調査費用

=基本料金/1h×調査時間(最低稼働時間)×調査員の数+諸経費

※基本料金とは別に「早朝・深夜料金」が発生する場合があります

※調査時間を超える場合は「延長料金」が発生します

ほとんどの探偵社が採用している費用体系がこの時間料金型です。

基本料金の相場

基本料金は調査員の日当費(手当て)みたいなものです。

2005年3月末に一般社団法人東京調査業協会が公表した調査結果によりますと、調査員1人あたりの基本料金は「7,500円~10,000円/1h」が相場とのことです。

ただ、調査は2人で行われることが多いですから、上記の倍の

15,000円~20,000円/1h

が一応の目安といえます。

諸経費の内容

次に、諸経費とは調査で実際にかかる費用のことです。

通常、諸経費には以下の費用が含まれています。

① 交通費
= 公共交通機関を使用した際の費用、タクシー代、高速道路代など
② 入店費
= 調査でお店に立ち入る際の立入料
③ 車両費
※ 調査料金が2万円を超えると無料、2万円未満だと1日1台につき1万円~1.5万円などとされていることも多い。
④ 燃料費
= ガソリン代
⑤ 宿泊費
= ホテル、旅館の宿泊費
⑥ 消耗品費
 フィルム、電池、テープなど
⑦ 機材費
⑧ 通信費
⑨ 調査報告書の作成費 など

探偵社によっては①~⑥は依頼者が負担し、⑦~⑨は事務所が負担する(調査費用に含めない)とするところも多いです。

成功報酬型

成功報酬型は次のいずれかのパターンにわけることができます。

パターン1:着手金+成功報酬金+諸経費

パターン2:成功報酬金+(諸経費)

時間料金型ほどではないものの、採用している探偵社は多いです。

パターン1とパターン2の大きな違いは着手金が発生するかしないかです。

着手金とは契約直後に発生するお金のこと。

着手金は10万円~20万円が相場と言われています。

なお、着手金を支払わないと調査を始めてくれませんし、一度支払ってしまうと途中で返金されないことにも注意が必要です。

一見すると、着手金が発生する分、パターン1の方が調査費用が高くなりそうですがその分、成功報酬金や諸経費は安く抑えられている場合もあります。

パターン2の場合、成功報酬金だけ発生するパターンと成功報酬金に加えて諸経費が発生するパターンがあります。

前者のパターンは「完全成功報酬型」と呼ばれることもあります。

すべて「込み込み」のため成功報酬金が高く設定されています。

パック型

パック型は

■ 10時間:150,000円
■ 20時間:280,000円

■ 30時間:390,000円
※いずれも調査員2名の場合

というように、時間と調査費用が固定された費用体系です。

時間料金型や成功報酬型と比べると採用している探偵社は多くありません。

ただ、

調査時間を無駄に費やしたのではというクレームが出やすいという時間料金型のデメリットを補うことができます。

また、時間を指定して依頼できるため、「いつまで調査が続くか不安」という成功報酬型のデメリットも補ってくれます。

パック型は時間料金型と成功報酬型の中間に位置するようなイメージで、採用する探偵も増えてきています。

各費用体系のメリット、デメリット

各費用体系の概要を把握していただいたところで、次に、各費用体系のメリット・デメリットをご紹介します。

どんな費用体系が合っているのかは、個人個人が置かれた状況等によって異なります。

メリット・デメリットをしっかり抑えた上で、ご自分に合った費用体系を選択してください。

時間料金型のメリット・デメリット

メリット

時間料金型のメリットは、

調査時間が短く済めばトータルの調査費用を安く抑えることができる

という点です。

調査時間が短く済むケースの多くが、配偶者や浮気相手の行動パターンを事前に把握・予測できる、というケースです。

ただ、配偶者や浮気相手の行動パターンをつかむには、ご自分である程度浮気調査する必要があります。

そこで、時間料金型は、

■ 自分で浮気調査できる

■ 配偶者や浮気相手の行動パターンを把握できている

■ 不貞や浮気しそうな日、場所等を予測できる

などという人向けといえます。

デメリット

一方、デメリットは、

契約時に説明を受けた金額(見積もり)よりも調査費用が高額となってしまうおそれがある

という点です。

当然のことながら、依頼後は状況が刻一刻と変化し、不測の事態が起こることも想定しておかなければなりません。

不測の事態が起こると調査が想定どおりに進まず、調査時間の追加、調査員の増員が必要となり、追加費用を請求されます。

真摯に調査を行った上での結果なら致し方ありません。

しかし、以前ほど数は減ったとは言われているものの、中には

あえて調査の手を緩め、調査時間を引き延ばして追加費用を請求する悪質な探偵社

もまだまだ存在するようです。

時間料金型を選択する場合は、基本料金を高めに設定している分、追加費用を請求しない探偵社を選ぶことも一つの方法です。

成功報酬型のメリット・デメリット

メリット

成功報酬型のメリットは、

 

調査員に本腰を入れた調査を依頼することができる

 

という点です。

時間料金型では調査員が怠けるというわけではありません。もちろん、通常はきちんと調査してくれるでしょう。

ただ、成功報酬型の場合、調査員は結果を出さなければ事務所の売上、ひいては調査員個人の報酬にも影響が出かねません。

つまり、依頼者が支払う調査費用が調査のインセンティブになるわけです。

そのため、成功報酬型は

■ そもそも自分で浮気調査できる自信がない

■ 配偶者や浮気相手の警戒心が高い

■ 浮気調査していること(浮気を疑っていること)がうすうす感づかれている

など、難易度の高い調査を依頼したいという方向けといえます。

ただ、難易度が高いのか低いのか見極めが難しい場合もあります。

そこで、本来は難易度が低く、時間料金型で安く済む場合でも、あえて

「調査は難しくなりそう」

などと嘘を言って、成功報酬型の契約を迫る悪質な探偵社もいるようです。

デメリット

一方、デメリットは2つあります。

一つは、何をもって「成功」とするのか、すなわち、

依頼者と探偵との間で「成功」の解釈をめぐって隔たりが生まれやすい

という点です。

多くの依頼者にとって「成功」とは不貞の証拠をつかむことのはずです。

しかし、そもそも浮気しているかどうか、浮気しているとしてどこまでの関係に至っているのか、は調査してみなければわかりません。

仮に、浮気していなかったことが判明した(あるいは不貞の証拠がつかめなかった)場合、探偵側からは「浮気していない事実が判明したこと」を「成功」と解釈される可能性があります(※)。

たとえあなたが失敗と考えていても、探偵は成功したと考えているいるわけですから、調査費用を請求されてしまいます。

もう一つは

調査結果が出るまでに時間がかかる可能性がある

という点です。

成功報酬型は時間制ではなく、時間の使い方は調査員の裁量に委ねられるからです。

ただ、時間がかかっているのは、配偶者や浮気相手の警戒心が強く、調査員の調査が慎重になっているからかもしれません。

結果がいつ出るのかと不安になる気持ちになるのは、今、調査員がどんな調査を行っているのか不透明なためです。

こうした不安をなくすには

■ 調査中の調査員とリアルタイムでやり取りできる探偵社を選ぶ
■ 調査経過を逐一報告してくれる探偵社を選ぶ

ことも必要です。

※「成功」の解釈をめぐるトラブルをなくすには

まずは

① そもそも浮気してるかどうか知りたい

② 不倫・浮気の証拠をつかんで欲しい

= 関係修復・再構築、(慰謝料請求)目的

③ 不貞の証拠をつかんで欲しい 

= 離婚、慰謝料請求目的

など、探偵に何をして欲しいのか調査(依頼)目的を明確にしましょう。それによって「成功」の解釈も異なってきます。目的を明確にしたら、「成功」の定義を契約書に明記してもらえるか確認しましょう。

③を目的とする場合は・継続性のある不貞の証拠を集めたこと、・浮気相手の故意・過失に関する証拠を集めたこと、・浮気相手に関する情報(氏名、職業、住まい(住所)など)を集めたこと、が「成功」です。

パック型のメリット・デメリット

メリット

パック型のメリットは、

諸経費等一切の費用が含まれているため、時間内であれば追加費用が発生することがない

という点です。

また、

■ 10時間/15万円➡基本料金15,000円/1h
■ 20時間/28万円➡基本料金14,000円/1h
■ 30時間/39万円➡基本料金13,000円/1h 

と、時間が長くなればなるほど割安となっていくのも特徴です。

そのため、パック型は

■ ある程度の行動パターンはつかめている

■ ただ、調査が長期化することも想定される 

などという人向けといえます。

デメリット

一方、デメリットは、

調査時間が短く済むと調査費用が割高となってしまう

という点です。

契約後は、当初想定していた調査時間よりも長くなることがある一方で、短く済む場合もあります。

たとえば、「30時間 39万円」で契約したところ、調査時間が10時間で終わったというような場合です。

この場合だと基本料金は39,000円と割高になってしまいます。

そこで、パック型を選択する場合は、契約前に余った時間分のお金(上記の例だと「24万円(39万円-15万円)」が返金されるかどうかをきちんと確認しておくことが大切です。

浮気の調査期間や費用の相場

調査費用の相場を「●●万円~●●万円」と一概に申し上げることはできません。

しかし、調査費用は調査期間(※)が長くなればなるほど高くなる、といえるのは確かです。

また、調査期間は調査目的や調査の難易度などに影響されます。

すなわち、調査目的が

① 浮気しているかどうか知りたい

② 不倫・浮気の証拠をつかんで欲しい

= 関係修復・再構築、(慰謝料請求)目的

③ 不貞の証拠をつかんで欲しい

= 離婚、慰謝料請求目的

と下にいけばいくほど調査の難易度は高くなります。

そして、調査の難易度が高くなればなるほど調査期間は長くなり、調査期間が長くなればなるほど調査費用は高くなるのです。

なお、調査目的と平均の調査期間の関係は以下のとおりです。

調査目的 調査期間
3日~1週間前後
1か月~2か月
1か月~3か月

慰謝料請求が調査目的の場合、

継続的な肉体関係があったことを証明する証拠

が必要ですから、どうしても調査期間は長くなってしまいます。

また、個別の事情によっては、上記の期間よりも長くなることもあれば、短くなることもあります。

※契約(依頼)後、調査が終わり、探偵から調査報告書を受け取るまでの期間。実際に調査員が調査した日(調査実施日)とは異なり、調査を行わない日も含まれています。

浮気の調査費用を安くする方法

浮気の調査費用は決して安くはありません。

かといって、費用が高いという理由だけで諦めて欲しくはありません。

そこで、以下では、調査費用を少しでも安くするためのコツについて解説したいと思います。

自分で浮気調査する

一番、手っ取り早い方法は自分で浮気調査するとです。

うまくいけば、そもそも探偵に依頼しなくて済むかもしれません。

あるいは、配偶者や浮気相手の行動パターンをつかむまで調査してから依頼すれば、探偵も調査しやすいです。

その結果、調査時間・期間の短縮➡調査費用の削減につながりやすくなります。

ただ、単に浮気しているかどうかを調査するだけならまだしも、証拠をつかむとなればそれなりの技術力、体力、気力、精神力が必要です。

また、浮気調査は配偶者や浮気相手にバレないよう慎重に進める必要があります。

バレたり、感づかれると、

■ 配偶者や浮気相手の警戒心が増す
➡ 浮気調査(証拠集め)が難しくなる
➡ 今後の話し合いを有利に進められなくなる
➡ 慰謝料請求が難しくなる
■ 配偶者との関係が悪化する
➡ ますます浮気にのめり込まれる
➡ 関係修復が難しくなる
➡ 離婚を切り出される
という事態に発展することも想定されます。
一度バレると、探偵でももはや証拠をつかむことが難しい場合があります。
無理をするとバレる可能性が高くなりますから、あくまで無理の範囲にとどめ、ときには潔く諦めてはやめに探偵に相談した方がよいです。

複数の探偵社に相談する

可能な限り、複数の探偵社に相談することも調査費用の削減につながります

探偵社ごとに調査力(人材、機材の数・種類・精度など)、調査の進め方・考え方は異なります。

そのため、同じケースでも

調査期間がある程度必要で調査費用が高額となる

という探偵社(A社)もあれば、

それほど必要なく調査費用は低額で済む

という探偵社(B社)が出てくる可能性もあるでしょう。

ただ、あなたがもし、A社だけにしか相談していなければ費用面で損をすることにもなりかねません。

また、相談時の担当者は、どうしても自社に都合のいいことしか言われない傾向があります。

複数の探偵社に相談すれば、他社の見積書に関するアドバイスも受けることができます。

つまり、他の探偵社をセカンドオピニオンとして活用することも可能なのです。

調査費用だけを重要視するのも問題

調査費用がいくらかかるかは切実な問題です。

ただ、調査費用だけを重要視するのも問題です。

調査費用にもっとも反映される費用は何だかご存知でしょうか?それは人件費です。

すなわち、調査費用が安いということはそれだけ人件費にお金をかけることができていないことの裏返しでもあります。

人件費は調査の経験を積んだベテランの調査員であればあるほど高くなります。

そのため、人件費が安いということは調査員の経験が浅い、未熟という可能性もあるのです。

調査員が未熟であればあるほど、配偶者や浮気相手にバレる可能性も高いといえます。

また、調査力の低さを調査時間や期間でカバーされると、調査費用の高額化につながってしまいます。

これでは

はじめから多少調査費用が高額な探偵社に依頼しておけばよかった

ということにもなりかねませんよね。

探偵を探す際は調査費用だけではなく、調査員の質、調査力などそのほかの面もしっかりチェックするようにしてください。

この点については後述します。

【要注意!】特に確認すべきチェックポイト

探偵に相談した際は見積書を作ってもらいましょう

見積書を作ってもらうことで調査費用がいくらかかるか具体的にイメージできます。

また、複数の探偵社に相談した場合は比較検討することができ、費用面においてよりよい選択ができます。

そもそも見積書を作ってくれない探偵社は論外。依頼の選択しから外した方が無難です。

以下では、相談時に見積書を作ってもらった際、特に注意して確認すべき項目を解説します。

時間料金型

時間料金型のチェックポイントは、

  • 調査員の数
  • 調査時間、延長料金

です。

調査員の数

調査は調査員2名で行われることが多いです。

3名以上の数を記載されている場合はなぜその数が必要なのか確認しましょう。

反対に1名としか記載されていない場合は1名で足りるのか確認しましょう。

また、「3名以下」などと記載されている場合も要注意です。

事務所のさじ加減で1名体制にされてしまう可能性があるからです。

調査員を●名と固定できないのか、できない理由はなぜなのか納得のいく説明を求めましょう。

調査時間、延長料金

調査時間は最低稼働時間が書かれているか、書かれている場合は何時間か確認しましょう。

また、最低稼働時間を超えた場合の延長料金のほか、延長が必要となった場合は、

勝手に延長することなく、事前に連絡を入れて了解をとってもらえるか

も確認しておきましょう。

成功報酬型

成功報酬型のチェックポイントは、

  • 「成功」の定義
  • 契約書に「成功」の定義を明記してくれるか
  • 着手金、成功報酬金の額

です。

前述のとおり、依頼者と探偵との間で「成功」の解釈をめぐってトラブルとなりやすいのが成功報酬型です。

まずは、ご自分で探偵に何をして欲しいのか調査目的を明確にしてから相談に臨みましょう

その上で、「成功」の定義を契約書に明記してくれるかどうか確認します。

そのほか、成功報酬金の金額、着手金が必要な場合は金額、支払い方法も忘れず確認しましょう。

パック型

パック型のチェックポイントは、

  • 時間内に調査が終わるか
  • 終わらなかった場合の料金設定
  • 返金の有無

です。

パック型を選択する場合は、本当に時間内に調査が終わるかどうか確認しましょう。

もちろん、時間内に終わらないことも想定しておかなければなりませんが、終わらずに継続して調査を依頼する場合の料金設定も確認しましょう。

また、前述のとおり、反対に当初よりも短時間で調査が終わる場合もあります。

その場合は、余った時間分のお金を返金してくれるかどうかも確認しておきましょう。

共通

次に、時間料金型、成功報酬型、パック型に共通する確認項目をみていきましょう。

ほかの費用体系がおすすめできない理由

相談時には、おすすめの費用体系(料金プラン)をすすめられることもあるかと思います。

その際は、

■ なぜその費用体系がおすすめなのか
■ どの点が他の費用体系より優れているのか
■ 他の費用体系ではダメなのか

などを尋ねて納得のいく回答を求めましょう。

納得がいかない場合は他の費用体系も考えてみましょう。

機材の種類、使用目的等

探偵が使う機材は調査力に直結する話です。

そこで、調査ではどんな機材を、どんな目的で使うのか、追加料金は発生しないのかも確認しましょう。

キャンセル料

契約したとしても、最後まで契約を継続するとは限りません。

そこで、契約を解除した場合のキャンセル料についてもきちんと確認しましょう。

キャンセル料は各事務所によって異なりますが、調査が進めば進むほどキャンセル料は高くなります。

追加費用(料金)の発生の有無

最後に追加費用が発生するのか否かを確認しましょう。

発生する場合は、どんな費目が、いつ、いかなる条件で発生するのか確認しましょう。

諸経費でご紹介した費目(交通費など)を実費で請求する探偵社が多いです。

見積もり段階で金額が安ければ、追加費用を多めに請求される可能性もあります。

多少高くても追加費用を請求しない探偵社を選ぶのも一つの方法です。

探偵の選び方、おすすめの探偵

ここまで浮気調査の費用面で注意すべき点を解説してきました。

ただ、探偵に相談、依頼する際は費用面以外にも注意していただきたい点が多くあります。

費用面以外の注意点、探偵の選び方、おすすめの探偵社について詳しく解説した記事へは以下から飛ぶことができます。

ぜひ一度チェックしてみてください。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

元検事の法律ライター プライベートや家族との時間を確保するため自主退官/行政書士、離婚カウンセラー有資格者/常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ法律情報を発信中/婚姻歴7年/二児の子供をもつ父親/近年は実体験をベースとした離婚・浮気の情報発信に力を入れている