浮気調査を依頼したいけどお金がない!費用を安くするコツをご紹介

  • 浮気調査を依頼したいけどお金がない
  • 費用を安く抑えるコツはないの?

この記事ではこのような疑問、悩みにお応えします。

探偵に浮気調査を依頼したいけど「高額な費用がかかりそう」、「お金がない」などの理由で、依頼するのを躊躇されている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、探偵に浮気調査を依頼したいけどお金がない場合に費用を安くするためのコツなどについてご紹介していきたいと思います。

お金がない場合にやれること

探偵に浮気調査を依頼した場合にかかる費用の相場は「10万円~120万円」と決して安い金額とはいえません。加えて、お金がない場合には、探偵に浮気調査を依頼するハードルはさらに高くなるのではないでしょうか?

ただ、だからといって探偵に浮気調査を依頼することを簡単に諦めきれない方も多いと思います。そこで、ここでは、お金がない場合でも、探偵に浮気調査を依頼する前にご自分でやっておくといいことをご紹介していきたいと思います。

自分で浮気調査する

まず、自分で調査することです。

きちんとした方法で調査できれば、不貞関係を証明しうる決定的な証拠をつかめる可能性があります。決定的な証拠をつかむことができれば、そもそも探偵に浮気調査を依頼する必要はなく費用はかかりません。

もっとも、自分で調査するか、探偵に依頼するかの見極めが大切です。自分で調査すべきでないケースで無理して調査すると失敗し、取り返しがつかない事態を招いてしまうおそれがありますので注意が必要です。

目星をつけておく

次に、不貞しそうな日時、場所の目星をつけておくことです。

ご自分である程度の目星をつけた段階で探偵に的を絞った調査を依頼できれば、短期間で質の高い証拠を得ることができる可能性が高くなります。探偵の調査が短期間で済めば、浮気調査にかかる費用を安く抑えることにもつながります。

目星をつけるには普段から配偶者の言動によく注意し、日記をつけておくとよいでしょう。また、自分から遠出や旅行の計画を立て、あえて配偶者が浮気しやすい環境を作り出すことも一つの方法です。

浮気調査の目的を明確にしておく

次に、浮気調査の目的を明確にしておくことです。

たとえば、単に「浮気されているのか知りたい」のであれば調査期間は比較的短く、費用を安く抑えることができます。一方、「離婚の話し合いを有利に進めたい」、「慰謝料請求したい」のであれば、調査期間は長期化する傾向にあり、費用は高くなります。

このように、浮気調査の費用は調査期間のほか浮気調査の目的によっても大きく異なります。したがって、探偵に浮気調査を依頼するにあたっては、何の目的で浮気調査するのか、探偵に依頼するのかを明確にしておく必要があります。

お金がない場合に浮気調査の費用を安くするコツ

では、ここからは、探偵に浮気調査を依頼するとして、少しでも浮気調査の費用を安くするためのコツをご紹介していきたいと思います。

複数の事務所(探偵)に相談する

まず、複数の事務所(探偵)に相談し、見積もりをとってもらうことです。

浮気調査の費用は探偵の調査力や調査の難易度によっても大きく異なります。探偵の調査力が低ければ低いほど、浮気調査にかかる期間が長くなり、調査期間が長くなればなるほど費用がかかる可能性があります。

また、同じ調査内容でも、調査力の低いA探偵にとっては調査の難易度が高く費用が高額となる一方で、調査力の高いB探偵にとっては調査の難易度が低く費用が安く済む可能性もあります。

浮気調査の期間がどのくらい必要なのか、調査の難易度が高いのか低いのか、それによって費用がどのくらいかかるのかは探偵によって異なります。

同じ調査内容でも費用を高く見積もる探偵もあれば安く見積もる探偵もいますが、それは複数の事務所に相談し比較検討してはじめてわかることです。時間の許す限り、複数の探偵に相談し、見積もりを比較検討するとよいでしょう。

費用が安い探偵に依頼する

次に、費用が安い探偵に依頼することです。

当然ですが、費用が安い探偵に依頼すれば費用を安く抑えることができます。ただ、費用が安いかどうかは、複数の探偵を比較検討してはじめてわかることでもあります。その意味では、前述のとおり、複数の探偵に相談し、見積もりをとってもらうことはとても大切なことです。

また、費用が安いからいいというわけではありません。費用が安くても目的を達成できなければ本末転倒です。目的を達成するには、ある程度の費用を負担しなければならないことは覚悟しておく必要があります。

分割払いが可能な探偵に依頼する

次に、分割払いが可能な探偵に依頼することです。

探偵の中には分割払いを認めてくれる探偵もいます。分割払いが可能であれば、一回の支払額を抑えることができ、負担が軽くなります。まとまったお金を払えるようなお金がない場合は、まずは分割払いが可能かどうか交渉してみるのもよいでしょう。

ただし、分割払いとする場合は手数料が発生することもあります。手数料が発生する場合は、トータルの支払金額は一括払いよりも多くなってしまう場合もありますので注意が必要です。

お金がない場合の注意点

最後に、お金がない場合の注意点ですが、それは、はじめから慰謝料を浮気調査の費用に充てること、相手に費用を請求することを考えないことです。

そもそも、配偶者や浮気相手が確実に慰謝料を払ってくれる補償はありません。経済的な理由から払えないことも考えられます。また、浮気調査の費用を相手に払わせるハードルは高く、仮に、請求できたとしても全額を払わせることは難しいのが実情です。

まずは、探偵に浮気調査を依頼する以上、一定の費用がかかることは承知の上で、費用をどれだけ安く抑えることができるかに焦点を当てて行動した方がよいでしょう。

 

 

今回の内容は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

小吹 淳

小吹 淳

こぶき行政書士事務所 行政書士(登録番号 佐賀県22410162)
国家公務員時代は刑事事件の捜査、裁判を経験。退職後は法律事務所に事務員として勤務し、犯罪被害者・加害者の双方のサポートを経験する。現在は、夫婦間契約書を中心に取り扱う行政書士として、離婚公正証書、離婚協議書、示談書、誓約書の作成やチェック等の業務をメインに取り扱う。過去の刑事事件の捜査、裁判の経験を活かして、不倫や探偵の情報発信にも力を入れている。