【必見】浮気調査は自分でできる?おすすめの方法や注意点を詳しく解説

uwakichousa
  • 浮気調査って自分できる?
  • 浮気調査する意味は?
  • はじめるタイミングは?
  • おすすめの方法は?
  • 注意点は?

この記事は上記のような疑問、お悩みを解決できる内容となっています。

「夫(妻)が浮気してるかも?」と思ったら何をすべきでしょうか?それは浮気調査です

この記事では、そもそもなぜ浮気調査が必要なのか、はじめるタイミングはいつが適当かやおすすめの調査方法などについて解説します。

浮気調査といえばプロの探偵に頼むこともできますが、自分である程度調査しておけば、探偵に的を絞った調査を依頼できます。その結果、調査期間の短縮、費用の節約にもつながります

ぜひ最後までお読みいただき、浮気調査を行う際にお役立てください。

浮気調査する必要性(目的)

本題に入る前に、そもそもなぜ浮気調査が必要なのかについて解説します。

真実がわかる

一つ目に、浮気調査することによって

  • 浮気しているかどうか
  • どこまでの関係に至っているのか

がわかるという点です。

浮気調査を始める段階ではまだ浮気の「疑い」のレベル、つまり、白か黒かはっきりしていない状態であることが多いと思います。

つまり、浮気していない可能性もあるわけです。仮に、その段階で配偶者を問い詰めても、夫婦関係を悪化させることにもなりかねません。

そこで、本当に浮気しているのかどうか白黒はっきりさせる必要があります。

そのために浮気調査が必要です。

今後の参考にできる

二つ目に、離婚せずに婚姻関係を継続するか、離婚するかの参考にできるという点です。

浮気調査の結果、「白」だとわかった場合は、ひとまず様子を見た方がよいでしょう。

一方、「黒」だとわかった場合は、どこまでの関係に至っているかによっても、今後、あなたが取るべき選択肢は異なってくるでしょう。

単なる浮気・不倫の場合であれば離婚しないという選択肢を取るかもしれません。

他方で、肉体関係まで至っているのであれば離婚という選択肢を取るかもしれません。

いずれにしろ、浮気調査によって事実関係をはっきりさせる必要があります。

話し合いを有利に進められる

三つ目に、配偶者や浮気相手との話し合いを有利に進めることができる、という点です。

今後に向けて話し合いは避けては通れない道ですが、話し合いで真実を聞き出そうとしても、あれこれ言い逃れされて真実を聞き出すことができません。

しかし、話し合いの前に十分な浮気調査を終え、必要な証拠を集めていれば、自信をもって話し合いに臨むことができます。

また、証拠を上手く活用することで、事実を認めさせることもできます。

慰謝料請求できる

四つ目に、慰謝料請求できる、という点です。

先ほど証拠をうまく活用できれば、配偶者や浮気相手に事実関係を認めさせることができる、という話をしました。

慰謝料請求するには、後述する請求の条件を証明する必要がありますが、配偶者や浮気相手が事実関係を認めれば請求の条件を証明したことになります。

話し合いで事実関係を認めてくれれば、解決までの時間や費用の節約にもつながります。

夫婦関係の修復につなげることができる

五つ目に、夫婦関係の修復につなげることができる、という点です。

配偶者の性格などにもよりますが、中には話し合いを通じてこれまでに自分が犯してきた「過ち」に気づかされて改心する配偶者もいます。

ただ、その「過ち」に気づくことができるのは、配偶者が正直に浮気を認めることが大前提。

そして、前述のとおり、配偶者に浮気を認めさせるには浮気調査が必要なのです。

浮気調査は慰謝料請求や離婚する場合だけ行うものではありません。

あなたの「お守り」になる

最後に、浮気調査によって集めた証拠があなたを守る「お守り」になる、という点です。

浮気調査の結果、離婚しないと決めて話し合いを切り出したところ、配偶者から離婚を切り出されることもあるでしょう。

ただ、実務上、有責配偶者(※)からの離婚請求は基本的には認められていません。

あなたは浮気の証拠という武器を盾に離婚を拒むことができます。

あるいは、あなたは離婚を希望し、配偶者は希望しないという上記とは逆のケースも考えられます。

ただ、不貞は裁判上の離婚理由ですから、証拠を武器に離婚を迫ることも可能なのです。

※浮気(正確には不貞)という責任ある(有責な)行動をした配偶者のこと

自分で浮気調査を始めるタイミング

浮気調査を始めるタイミングは浮気の兆候が出始めた段階です。

以下の記事では、スマホ、バッグ・財布、車、性生活、日常生活の5つにわけて、よくある浮気の兆候をご紹介しています。

ぜひ、チェックしてみてください。

浮気調査は自分できる?

浮気調査は自分でもできます

ただし、後記のとおり、浮気調査と一言でいっても様々な方法があります。

方法によっては必要となる体力・気力・技術力が異なります。また、個人の体力・気力・技術力も異なるでしょう。

そのため、実際に浮気調査を自分でやれるかどうかは選択する調査方法にもよるといえます。

自分で浮気調査する方法

では、ここからはご自分でも行える浮気調査の方法をご紹介します。

  • 尾行・張込み
  • 撮影
  • スマホチェック
  • SNSのチェック
  • ドライブレコーダーの設置&チェック
  • カーナビをチェック
  • スケジュール帳、日記のチェック
  • 持ち物チェック
  • クレジットカードの利用明細をチェック
  • 交通系ICカード(Suicaなど)の利用履歴をチェック
  • ボイスレコーダーで会話を録音
  • 隠しカメラを設置する
  • 日記をつける

なお、のちのち追及で使えそうな箇所があれば当該箇所を必ず写メしておきましょう

尾行・張込み

尾行・張り込みは浮気調査の中でもっとも中心となる調査手法です。

ご自分で行うことも可能ですが、調査手法の中で最もタフさが求められます。ご自分で行うことが難しい場合は探偵に依頼しましょう。なお、尾行、張込みは法律(探偵業法)上、探偵業務の一つと規定されています。

撮影

尾行・張り込みとセットになるのが撮影です。

  • ラブホテルに一定時間滞在していることを証明できる写真・動画
  • 配偶者が浮気相手の自宅に寝泊まりしていることを証明できる写真・動画

など、不貞(あるいは浮気)につながる写真・動画を撮影する必要があります。また、対象者が配偶者や浮気相手とわかる写真・動画を撮影しましょう。

スマホチェック

スマホ内には配偶者と浮気相手とのセックスの場面を撮影した動画など決定的な証拠が保存されている可能性があります。

また、LINEやSNS(twitter、Instagram、facebook)なども余裕があればチェックしてみましょう。

SNS(twitter,Instagram,facebook)のチェック

浮気ではLINEのほかtwitter、Instagram、facebookもよく使われます。

配偶者がこれらのSNSを使っている場合は、あなたのアカウントからチェックできるかもしれません。

ドライブレコーダーの設置&チェック

ドライブレコーダーの映像や音声にも有力な証拠が記録される可能性があります。

ドライブレコーダーの選び方やおすすめのドライブレコーダー、設置法などについては以下の記事で解説しています。

カーナビをチェック

浮気相手と車でどこかに出かけた場合は、カーナビに行き先の履歴が残っている可能性があります。ラブホテルの住所だと浮気の疑い濃厚といえますね。

また、一定期間がすっぽり抜けているなど履歴に不自然さが残る場合も、浮気を疑った方がよいかもしれません。

スケジュール帳、日記のチェック

配偶者がスケジュール帳や日記をつけている場合は、タイミングを見計らってチェックしてみましょう。

浮気相手に関する情報(住所、電話番号など)やデートの予定など、浮気をうかがわせる内容が書かれている可能性もあります。

持ち物チェック

スケジュール帳や日記以上に重要なのが配偶者の持ち物です。

バッグや財布の中には、不貞(浮気)や浮気相手につながるものが入っている可能性があります。

機会があればタイミングを見計らってチェックしてみましょう。

クレジットカードの利用明細をチェック

クレジットカードの利用明細(ペーパー版で親展扱いではないもの)をチェックできるのであれば利用日、利用店舗、引き落とし金額などをチェックしてみましょう。

交通系ICカード(Suicaなど)の利用履歴をチェック

配偶者が交通系ICカードをもっていて通勤などで使っている場合は、利用履歴をチェックしてみましょう。普段使わない駅を使ってるなど、不審な点を発見できるかもしれません。

ボイスレコーダーで会話を録音

配偶者のプライベートな空間にボイスレコーダーを設置しておけば、有力な証拠が記録されている可能性があります。

また、話し合いの場にしかけておけば、有力な証言を得られるかもしれません。

隠しカメラを設置する

隠しカメラでは音声のほか映像を記録することができます。

【簡単】おすすめの浮気調査は日記をつけること

浮気調査の中でもっとも気軽に簡単に行える方法が日記をつけることです。

継続的に日記をつけ、その他の証拠と照合することで、配偶者の言動の矛盾点や行動パターンが徐々に見えてくる可能性があります。

自分で浮気調査する際のポイント、注意点

最後に自分で浮気調査する際のポイント、注意点を解説します。

不貞の証拠をつかむことを意識する

冒頭で述べましたように、そもそも浮気しているのかどうか、しているとしてどこまでの関係に至っているのかは調査してみなければわかりません。

ただ、調査によって浮気の根が深いことが判明した場合は、不貞の証拠をつかむことを最終目標としましょう。

不貞の証拠とは「撮影」のところでもご紹介したような証拠です。

浮気相手の故意を証明する証拠も必要

不貞関係が疑われる場合は、浮気相手の故意を証明する証拠も集めてください

浮気相手の故意とは、浮気相手が配偶者のことを既婚者と知っていた(あるいは薄々気づいていた)ことをいいます。

LINEやSNSのメールをチェックし、

  • 嫁(旦那)
  • 妻(夫)
  • 奥さん(旦那さん)

など、浮気相手の故意を証明できる言葉が出てこないかしっかり確認しましょう。

限界を自覚し、無理はしない

「浮気調査は自分でできる?」の箇所でも述べましたが、自分で行う浮気調査には限界があります

自分で浮気調査をするにあたっては限界があることを自覚し、無理のない範囲で行うことが重要です。

無理をすると配偶者や浮気相手にバレやすくなりますし、犯罪(※)にあたることをしてしまいがちですので要注意です。

※尾行➡迷惑防止条例違反/マンション、アパート、敷地への立入り➡住居侵入罪など

浮気調査で困ったら探偵に相談を

浮気調査に限界を感じたら探偵に依頼することも検討しましょう。

調査力と実績を備えた探偵であれば、経験ある人材とハイテクな機材を駆使しながら調査してくれます。

その結果、ご自分で浮気調査するよりも、バレるリスクを抑えつつ、迅速かつ確実に有力な証拠を集めてくれます。

白黒はっきりさせるまでは問い詰めない

浮気調査の最中は、どうしても「はやく問い詰めたい!」と焦る気持ちになりがちです。

しかし、焦って問い詰めると、当然のことながら浮気を疑っていること、浮気調査していることがバレます。

そして、一度バレると警戒心が高まってそれ以上の調査が難しくなるばかりか、配偶者との関係もますます悪化の一途をたどります。

配偶者を問い詰めるのは「黒」であることを明確にした後にしてください。

浮気調査と並行してやるべきこと

浮気調査と並行して、調査した後どうしたいか、どうなりたいかも検討しておきましょう。

可能性としては低いかもしれませんが、「白」であることが判明した場合は、いったん様子をみた方がいいかもしれません。

一方、「黒」だった場合は婚姻関係を継続するのか離婚かのいずれかを選択しなければいけません。いずれの選択を取るのか自分の中で考えをもっておく必要があります。

そして、ご自分の中で意思を固めたら配偶者に今後に向けた話し合いを切り出します

継続か離婚かの判断基準、話し合いの切り出し方・タイミング、進め方などについては以下の記事で詳しく解説しています。

 

今回の内容は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

リョマ

リョマ

夫婦問題(離婚)カウンセラー | 離婚・不倫中心の法律ライター | 2020年行政書士試験合格者(未登録)※現在、開業に向けて準備を進めています | 常に「当事者の視点」に立ち、正確で、わかりやすく、役に立つ情報を発信できるよう努めています | ひとつひとつの記事・文章を大切に、丁寧に書いています | 二児のパパ