セックスレスから浮気に発展!離婚できる?男女別の原因など詳しく解説

sexless-uwaki-rikon

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

今、あなたは次のことでお悩みではありませんか?

☑ セックスレスから浮気に発展するってホント?

☑ 浮気されないためにどうしたらいい?

☑ 浮気されたら何ができる?

この記事は上記のようなお悩みのお応えする内容となっています。

記事の前半ではセックスレスの定義や原因について解説した上で、後半ではセックスレスにならないためにやるべきことやセックスレスと慰謝料請求、離婚についても解説します。

 

何年続けばセックスレス?~セックスレスの定義

医師や社会学者らで構成する日本性科学会が1994年に発表したセックスレスの定義は次のとおりです。

 

特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャルコンタクト(※)が1か月以上なく、その後もその状況が長期にわたることが予想される場合

※キス、ペッティング、裸でのベットインなども含まれる

 

この定義からすれば、最低「1か月間」に肉体関係がなければセックスレスということになります。

ただ、「1か月」と聞いて

☑ 短い

☑ 2か月~3か月に1回しているからセックスレスではないと思っていた

などと思った方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、レタスクラブ編集者が2021年(令和3年)5月21日~同月30日に実施したアンケート結果(回答者「826人」中、既婚女性(離婚経験者を含む)「595人」を抽出)によると、「1か月以上」をセックスレスと考えている方は少数派であることがおわかりいただけます。

質問:夫婦の性交渉がない期間、どのくらいが「セックスレス」だと思いますか?

  • 1ヵ月以上:15.8%
  • 3ヵ月以上:18.5%
  • 半年以上:21.3%
  • 1年以上:25.5%
  • 2年以上:2.9%
  • 3年以上:16%

男女の間でセックスレスに関する認識の違いはあるものの、以上の結果が世間の感覚を反映しているとすれば、日本性科学会の定義と世間の認識との間にはズレがあるということになりますね。

 

セックスレスは浮気の原因

セックスレスが夫婦関係にとって絶対的な「悪」の要素というわけではありません。

セックスレスであっても関係が良好な夫婦は多く存在します。

他方で、残念ながら、セックスレスが原因で浮気に走る夫(妻)も存在します

マイナビニュースが2018年(平成30年)5月9日~同月10日までに、男性会員向けに行ったアンケート結果は次のとおりとなっています。

質問:仮にあなたが浮気、不倫するとして、主な原因は何だと思いますか?(回答者501人)

1位 魅力のある異性の出現 48.5%

2位 パートナーへの不満 36.3%

3位 パートナーとのマンネリ化した関係 32.3%

4位 パートナーとのセックスレス 28.1%

5位 パートナーとの時間の共有不足 18.6%

6位 パートナーの浮気 17.8%

7位 自分の男性としての魅力の確認 13.6%

8位 将来への不安 8.0%

9位 その他 3.2%

上記はあくまで「男性」が考える浮気の原因ですが、女性も似たような原因を挙げるものと考えられます。

そうすると、セックスレスが浮気につながる可能性は十分にあるといえそうです。

 

関連記事:浮気の原因がわかれば怖くない!?男女別の原因や知った後にやるべきこと

【男女別】セックスレスの原因

これまでの解説でセックスレスが浮気の原因となりうることはおわかりいただけたと思います。

それでは、そもそもどうしてセックスレスとなってしまうのか、よくあるセックスレスの原因について男女別にみていきましょう。

【男性編】

☑ 妻が「女性」から「母親」になったから

=一人の女性として見ることができなくなったから

=妻に魅力を感じなくなってしまったから

☑ 妻に拒否されるから

☑ 一人で処理した方が楽だから

=風俗などで性欲を満たせる

=仕事で疲れていてセックスするのが面倒だから

☑ 勃起不全(ED)だから

 

【女性編】

☑ 子供が中心で、夫に気持ちを向けきれないから

=夫にかまってやれる余裕がない

=夫を一人の男性とみることができない

☑ 精神的・体力的に疲れているから

☑ セックス自体に興味がないから

=夫とセックスしなくても生きていけるから

夫婦でセックスレスに陥りやすいタイミング女性の妊娠、出産と言われています。

妊娠、出産によって男性は父親へ、女性は母親へと変化するため、お互いが異性として意識することが難しくなるからです。

また、婚姻期間が長くなることもセックスレスの原因の一つです。

婚姻期間が長くなればなるほど、お互いの異性としての魅力を保とうという緊張感が失われてます。

その結果、お互いがお互いを異性として見ることができず、セックスレスに陥ってしまうのです。

 

セックスレスとならないために大切なこと

前述のとおり、セックスレスとなる原因の多くは、お互いが異性として見ることができなくなったから。

そのため、セックスレスとならないためには、まずはお互いが異性として見られるよう魅力を保つ、向上させることが必要です。

 

男性は女性の外見を重要視する傾向にあります。

そのため、女性は

☑ 体型を維持する、取り戻す

☑ 化粧、お洒落、美容などに気を付ける 

など主に外見面に気を払う必要があります

他方で、女性は男性の外見面を重要視する人もいますが、むしろ男性の内面を重要視する傾向にあります。

そのため、男性は

☑ 家事・育児に参加する

☑ 妻の話を聞く、悩みに寄り添う 

など、妻から一人の男性として尊敬されるような立ち振る舞いをすることが求められます

また、セックスレス、ひいては浮気の原因がコミュニケーション不足ということも往々にして考えられます。

女性はご自分の愚痴や主張ばかり夫にぶつけていないか男性は仕事や趣味に没頭して妻や家族を置き去りにしてはいないかなど、今一度見直してみてください。

 

セックスレスを理由に浮気されたら慰謝料請求できる?

浮気の原因がセックスレスか理由はともかく、浮気=不貞であれば慰謝料請求できる可能性があります。

不貞とは配偶者があなた以外の第三者と肉体関係を結ぶことです。

不貞と単なる浮気、不倫は意味が異なる点に注意が必要です。

不貞と浮気、不倫との違いについて詳しくお知りになりたい方は「どこからの浮気・不倫が慰謝料請求の対象となる?不貞との違いなど詳しく解説」の記事をチェックしてみてくださいね。

次に、証拠によって不貞を証明すること、不貞の証拠を集めることが必要です。

話し合いの段階では、配偶者が不貞を認めることが必要です。

ただ、自分から不貞を認める配偶者は少ないですから、そうした場合に備えて不貞の証拠を集めておく必要があるのです。

不貞の証拠とは、たとえば、

☑ 配偶者と浮気相手がラブホテルを出入りする場面を撮影した動画

☑ 配偶者が浮気相手と性交渉した場面を撮影した動画

などが典型です。

そのほか、どんな証拠が必要なのか詳しくお知りになりたい方は「浮気の証拠がない!慰謝料請求に必要なLINEなどの証拠を一挙紹介【実物付き】」をチェックしてみてくださいね。

なお、証拠は自力で集めることも不可能とはいえませんが、手間や時間がかかり、日常生活と並行して行うには大きな負担です。

また、自力で証拠を集めていることに気づかれると、

☑ 関係が悪化して修復が難しくなる

☑ 警戒心が高くなってそれ以上の証拠集めが難しくなる

などの不利な結果を招く可能性が高くなります。

手間や時間をかけず、負担なく、より確実に証拠を集めるには【あい探偵】などの探偵に依頼することをお勧めします。

 

セックスレスによる「婚姻関係の破綻」という主張

不貞の証拠を集めて、いざ配偶者に慰謝料請求したとしても、配偶者から「婚姻関係の破綻」を主張されることも考えられます。

婚姻関係が破綻して以降に浮気相手と肉体関係を持つことは、もはや不貞とはいえないからです。

婚姻関係が破綻していたかどうかは、一応、別居を基準とされますが絶対ではありません。

別居していても別居期間が短い場合、離婚に向けた協議をしていない場合、普段からメールや電話するなどして交流がある場合、性交渉がある場合などは破綻とはいえません。

ましてや、同居しておりセックスレスという状態だけでは婚姻関係が破綻ということはできません

もっとも、セックスレスが慰謝料の減額事由になりえることには注意が必要です。

たとえば、あなたがセックスできる状況下で、配偶者から何度もセックスを求められていたにもかかわらず拒否し続けていたことが認められる場合には、慰謝料を減額される可能性があります。

 

セックスレスは裁判上の離婚事由になりうる

最後に、セックスレスは裁判上の離婚事由になりうることも抑えておきたいポイントです。

裁判上の離婚事由とは以下の5つです。

☑ 不貞

☑ 悪意の遺棄

☑ 3年以上の生死不明

☑ 回復しがたい精神病

☑ 婚姻を継続しがたい重大な事由 

このうちセックスレスは「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたる可能性があるのです。

ただ、セックスレスが婚姻を継続しがたい重大な事由にあたると考えられるのは、セックスをするのに支障がないのに片方が拒否し続ける、というような場合です。

一方で、お互いが特段、性交渉を望んでいない場合、一方が望んでいるものの他方に意思表示していなかった場合、片方が身体的・病的障害をかかえている場合などは「婚姻を継続しがたい重大な事由」にはあたりません。

 

本記事の内容は以上となります。

この記事を読んで「参考になった」と思った方は、同じ悩みを抱えている方のためにも、SNS等でこの記事を拡散していただけると助かります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

この記事を書いた人