【肉体関係なし】の場合、浮気の慰謝料請求できる?相場や必要となる証拠を解説

uwaki-isharyou-nikutaikankeinashi

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

今、あなたは次のことでお悩みではありませんか?

☑ 肉体関係はないけど慰謝料請求できるの?

☑ 不貞の証拠はないけど慰謝料請求できるの?

この記事は上記のようなお悩みにお応えする内容となっています。

この記事は、不貞ではなく、単なる浮気や不倫を理由に慰謝料請求したい、とご検討中の方に最適な記事です。

ぜひ最後までお読みいただき参考にしていただけると幸いです。

 

浮気で慰謝料請求の対象となる行為とは?

浮気で慰謝料請求の対象となる行為とは不貞、つまり、配偶者がその自由意思であなた以外の第三者と肉体関係を結ぶ行為です。

そのため、不貞以外の

☑ メール、LINEのやり取りをする

☑ 電話をする

☑ 単に会う

☑ 手をつなぐ

☑ 腕を組む

☑ 衣服を着たまま抱き合う

☑ キスをする

☑ デートする(食事する、買い物する、ドライブに行くなど)

すべて不貞とはいえず、慰謝料請求の対象とはならないのが基本です。

 

「肉体関係なし」でも慰謝料請求できる場合とは?

肉体関係がない場合でも慰謝料請求できるのは配偶者と浮気相手とが親密な関係にあると認められる場合です。

そもそも、不貞が慰謝料請求の対象となるのは、不貞があなたの「婚姻生活の平和を維持するという権利利益」を侵害するほどの違法な行為であるからです。

そのため、不貞以外の行為であっても上記の権利利益を侵害するほどの行為である以上は慰謝料請求の対象となるのです。

そして、不貞以外の行為が不貞と同等の違法性を有するというためには、配偶者と浮気相手とが親密な関係にあることが必要というわけです。

配偶者と浮気相手とが親密な関係にあるかどうかは、

☑ 交際期間が長い

☑ 誕生日などにプレゼントを交換する

☑ 旅行に行く

☑ お互いの自宅を行き来する

☑ 結婚の意思を伝えている

☑ 婚約指輪を購入している

などの事情を総合的に考慮して判断します。

過去には、肉体関係がないと判断しつつも、上記の事情を考慮して慰謝料請求を認めた判例(東京地裁平成17年11月15日、大阪地裁平成26年3月)があります。

 

「肉体関係なし」の慰謝料の相場

慰謝料は不貞などの不法行為よって受けた精神的苦痛を金額に換算したものですから、客観的に苦痛の程度が大きいと認められるほど金額は高くなります。

不貞された場合の慰謝料の相場は

☑ 離婚しない場合

➡ 0円~100万円

☑ 離婚する場合

➡ 0円~300万円 

です。

他方で、肉体関係がない場合は、不貞された場合よりかは精神的苦痛の程度は軽微だと考えられますから、

☑ 基本

➡ 0~50万円

☑ 例外

➡ 50万円~100万円

が相場です。

 

「肉体関係なし」の証拠とは?

「肉体関係なし」の証拠のうち、自分で集めることができる証拠としては、

☑ メール、LINE

☑ スマホ内に保存された、SNS・ブログにアップされた写真、動画

☑ スケジュール帳、日記

☑ ドライブレコーダーの音声・動画記録

☑ 領収証

☑ クレジットカードの利用明細

☑ ボイスレコーダーの音声

☑ 隠しカメラの動画

などがあります。

ただ、上記の証拠を一つ、二つ集めただけでは、配偶者と浮気相手の親密さを証明することは難しいですから、可能な限り数多く集めておくことが大切です。

慰謝料請求時にどの証拠を使うか、どういう形で証拠を組み合わせるかは後でじっくり検討すればよい話です。

まずは、証拠の「質」よりも「数」を重視しましょう。

浮気の証拠や集め方などについては「浮気の証拠がない!慰謝料請求に必要なLINEなどの証拠をご紹介【実物付き】」の記事で詳しく解説していますので、ぜひチェックしていみてくださいね。

ただ、証拠を集める際には、配偶者や浮気相手に気づかれないよう、細心の注意を払い慎重に行動することが求められます。

証拠を集めていることを感づかれると次の事態になることも想定されます。

☑ 警戒心が高まって、浮気の証拠を集めることが難しくなる

➡ 慰謝料請求できなくなる

☑ 配偶者の心があなたからますます離れてしまう

➡ 関係を修復することが難しくなる

また、日常生活と並行しながら浮気の証拠を集めることは、体力的にも精神的にも大きな負担です。

一方で、浮気の証拠集めのプロに任せてしまえば、あなたは普段と変わらない生活を送りながら、探偵の報告を待つだけ。つまり、負担なしです。

しかも、証拠集めにも慣れていますから、自分で集めるよりかは失敗の可能性は低いですし、より確実な証拠を集めてくれます

相談は無料ですから、浮気の証拠集めにお困りでしたらまずは気軽に相談だけでもしてみましょう

ただ、探偵に依頼する際、一番、ネックになるのが「費用」のことではないでしょうか?

正直、数千円単位で終わるほど、費用は安くはありません

そこで、以下の記事では、探偵の費用や費用を安く抑えるための方法などについて解説しています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事:浮気調査を探偵に依頼した際の費用はいくら?相場や安く抑えるための方法など

 

今回の内容は以上となります。

この記事を読んで「参考になった」と思った方は、同じ悩みを抱えている方のためにも、SNS等でこの記事を拡散していただけると助かります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

この記事を書いた人