浮気調査で集めたLINEは証拠にならない?浮気を見破るポイントや集め方などを解説

LINE

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

目次

  • LINEって浮気の証拠になるの?
  • 何か集める意味あるの?
  • 集める際の注意点を教えて   

この記事は上記のような疑問、お悩みにお応えする内容となっています。

記事の後半ではスマホのロックを解除する方法LINE以外にも確認した事項などについても解説しています。

ぜひ最後までお読みいただき、浮気調査の参考にしていただければ幸いです。

なお、LINE以外の証拠について詳しくお知りになりたい方は以下の記事をチェックしてみてくださいね。

LINEは浮気調査の対象となりやすい!

今や日常的にモバイル端末を使っている人の9割近くの人がスマホユーザーと言われています。

そして、そのスマホユーザーのほとんどが、スマホにLINEアプリをインストールしています。

配偶者もその例外ではありません。

LINEにはメールや通話が無料、絵文字などの機能が豊富という特徴がある上に、後述するように、

浮気相手と密かにやり取りできる機能が豊富

というのが理由として考えられます。

加えて、配偶者と同居している場合、配偶者のスマホはあなたの手の届く範囲内にあることが多いです。

そのため、浮気調査といえばスマホやLINEをチェックから始める方が非常に多いです。

スマホやLINEから浮気を見破るポイント

では、ここからは、スマホやLINEから浮気を見破る際のチェックポイントをご紹介します。

「浮気しているかも?」と疑う際の参考にしてみてくださいね。

スマホの扱い方

配偶者が次のような行動に出た場合は要注意といえます。

☑ スマホの画面を常に下に向けている

☑ スマホを肌身離さずもっている

☑ スマホを扱っていたのに近寄ったらスマホを隠す

普段から、配偶者がスマホをどのように扱っているのかよく注視しておきましょう。

LINEアプリにロックをかけているか

LINEアプリ自体にロックをかけることができます。

ロックをかけている場合は、LINEアプリの中にあなたに見られたくない情報が含まれている可能性が高いです。

ただし、ロックをかけていることのみをもって浮気と断定することはできません。

ロックの解除は不正アクセスにあたる可能性がある

なお、パスコードを入力してロックをかけているLINEアプリを解除することは不正アクセス(※)にあたる可能性がありますので注意しましょう。

※不正アクセス行為の禁止等に関する法律で禁止されている行為。パスコード等の「識別符号」を入力した上で、インターネット(電気通信回線)を通じてスマホやパソコン等の「特定電子計算機」を作動させてスマホ等を使う行為(アプリ使用などを含む)を「不正アクセス」と定義しています。罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」です。

非表示リストに友達を登録しているか

一方で、LINEアプリにロックをかけていない場合(パスコードの入力が不要の場合)は、LINEを見ても不正アクセスにはあたりません。

LINEを見れる場合は、

「ホーム」➡「⚙(歯車)」➡「トーク」

から、「非表示リスト」を確認してみましょう。

友だちを非表示リストに入れると、その友達は「友だちリスト」と「トークルーム」から削除されます。

しかし、「非表示リスト」の

「編集」➡「トークルームを再表示」

を押せば友だちを「トークルーム」に再表示させることができ、メールのやり取りなどから浮気相手かどうかを見極めることが可能です。

通知をオフにしているか

浮気相手からメールを受信した際、スマホの画面に受信メッセージが表示されないよう「通知」設定をオフにしている可能性があります。

「通知」をオフにしているかどうかは、

「トークルーム」で浮気相手の可能性がある友だちを押す➡画面右上の📞の横の「三」を押す

と「通知オフ」というマークが出てきますので、そのマークに「\」が入っていれば通知オフとなっています。

通知オフとなっている友だちは浮気相手である可能性が高いです。

友達の名前を変更しているか

LINEでは自分で友だちの登録名を変えることができます。

LINEをはじめ見た段階では、配偶者が登録名を変えているのか本当の名前なのかがわかりません。

そこで、本当に変えているかどうか確認する必要があります。

変えているかどうかは

友だちのアイコン(登録画像など)を押す➡登録名の横の「✎」を押す

ことで、「友だちが設定した名前」が上部に表示されます。

そして、「友だちが設定した名前」と登録名とが違っている場合は、配偶者が登録名を変えていることがわかります。

配偶者が登録名を変えている友だちは浮気相手の可能性が高いですから、その友だちとのやり取りは入念にチェックする必要があります。

LINEスタンプを購入しているか

LINEではスタンプを購入することができます。

そこで、配偶者が友だちとLINEスタンプのやり取りをしていないかどうか確かめる必要があります。

配偶者がLINEスタンプのやり取りをしているかどうかは

「ホーム」➡「⚙(歯車)」➡「スタンプ」➡「プレゼントボックス」を押す

と「受けとったプレゼント」、「贈ったプレゼント」のタブが出てきますので、そこで、友だちとのやり取りを確認することができます。

普段、あなたとのやり取りではLINEスタンプを使わないのに頻繁にやり取りしている、などという場合、その相手は浮気相手の可能性があります。

トーク履歴が削除されていないか

浮気相手の目星をつけることができたら、その相手との「トーク」をよく読み込みましょう。

警戒心が高い配偶者の場合は、浮気を疑われるようなやり取りは削除している可能性があります。

「トークルーム」のデフォルトの設定では、直近でやり取りした順に上から友だちが表示される仕組みになっています。

しかし、上にいるにもかかわらず、直近のやり取りが削除されている場合は、その友だちとあなたに見られたくないやり取りをした可能性が高いです。

また、会話の内容がつじつまがあっているか、不自然さはないかという観点からトークを見るとよいです。

仮に、明らかにつじつまがあわない、不自然だという場合は、その中間のトークが削除された可能性があるからです。

削除されたトークは復元できる

トークを見て削除されていることがわかった場合、「その内容を見たい」と思う方も多いはず。

そこで、以下では、iPhoneとandroid別にわけて削除されたトークの復元方法をご紹介します。

iPhoneの場合

現在のLINEアプリをいったんアンインストールした上で、再度ダウンロードします。

そして、新しいLINEアプリをタップし、電話番号とパスワードを入力してLINEに入ります。

すると、「トーク履歴の復元」という画面が出ますから、その画面の「トーク履歴をバックアップから復元」を押せば復元できます。

ただし、この方法が取れるのは、配偶者がトーク履歴をiCloudに保存してバックアップを取っている場合に限ります

配偶者がトーク履歴をiCloudに保存してバックアップを取っているかどうかは

「ホーム」➡「⚙(歯車)」➡「トーク」➡「トークのバックアップ」

から確認できます。

また、配偶者の電話番号とパスワードを使ってLINEに入る行為は前述の不正アクセスにあたる可能性がありますので注意しましょう。

androidの場合

iPhoneと異なり、androidの場合、LINE自体に復元機能がついています

「ホーム」➡「⚙(歯車)」➡「トーク」➡「トーク履歴のバックアップ・復元」

を押すと、削除されたトークが復元されます。

ただし、iPhoneにもいえることですが、復元したままの状態にしておくと、後で配偶者にLINEを復元したこと(浮気調査していること)がバレます

復元する場合は、削除されたトークをきちんと把握した上で、復元して内容を確認した後は、そのトークを確実に削除しておくことが必要です。

LINEは浮気の証拠になる?

これまで見てきたように、LINE(メール・トーク)は配偶者の浮気を疑うきっかけには十分なりえます。

では、それ以上に、LINEが浮気の証拠になるのでしょうか?

LINEが浮気の証拠というためには、LINEによって次のことが証明できなければなりません。

☑ 不貞

☑ 浮気相手の故意 

以下、それぞれについて解説します。

LINEでは不貞を証明できないことが多い

不貞とは、配偶者があなた以外の第三者と肉体関係をもつことをいいます。

そして、以下のように、LINEから配偶者の不貞を推測できる場合は浮気の証拠になりえます。

しかし、LINEでは以下のような浮気の証拠にはなりえないやり取りをしている場合の方が多いのが実情です。

LINEで浮気相手の故意を証明できる場合も

LINEで肉体関係を推測させるようやり取りはしていなくても、浮気相手の故意、すなわち、

浮気相手が配偶者を既婚者であると知っていたこと

を推測させるやり取りをしている可能性はあります。

浮気相手に慰謝料請求するには、浮気相手の故意(または過失)を証明することが必要です。

LINEのトーク中に

☑ 嫁

☑ 妻

☑ 奥さん 

などのワードが出てきた場合は浮気相手の故意を証明する証拠として使える可能性がありますので注意してみてください。

LINEが浮気の証拠にならなくても集める意味

仮に、LINEが浮気の証拠にならなくても諦める必要はありません。

次の理由からLINEを集める意義はあるといえます。

慰謝料請求、離婚の証拠として使える

LINEだけでは不貞の証明にならなくても、

☑ ドライブレコーダー

☑ クレジットカードの利用明細

☑ 領収書

などとの証拠を組み合わせることで不貞を証明できることがあります。

また、不貞を証明できなくても、LINEを数多く積み重ねることで、LINEとその他の証拠を組み合わせることで、あなたの

婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益が侵害されたこと

を証明できた場合にも慰謝料請求することが可能です(判例:東京地裁平成31年2月26日)。

さらには、配偶者が離婚を拒否した場合に、裁判上の離婚事由である

婚姻を継続し難い重大な事由(民法770条1項5号)

を証明する証拠としても使える可能性もあります。

はじめは使える証拠なのか、そうではないのか見極めが難しい場合も多いかと思います。

そこで、内容の吟味は後回しにして、まずは可能な限り、数多くの証拠を集めておくことが大切です。

関連記事:浮気調査で使いたいドライブレコーダーは浮気の証拠になる?選び方などを解説

関連記事:クレジットカードの利用明細は浮気の証拠となる?チェックポイントなどを解説

自分の武器となる

LINEに限らず、どんな証拠でも内容しだいでは

  • 配偶者や浮気相手の行動パターン

➡ 探偵に的を絞った依頼ができる

➡ 調査費用の節約につながる

  • 配偶者と浮気相手との親密度

➡ 離婚するか否かの判断材料にできる

  • 浮気相手の個人情報(氏名、職業、おおよその住所など)

➡ 浮気相手とコンタクトを取れる

➡ 浮気相手に慰謝料請求できる

などの情報を集めることが可能です。

今後、浮気調査や話し合いを進めていく上で参考となる情報をつかめる可能性があります。

LINEを証拠化するまでの手順

LINEで決定的な重要な情報を見つけたとしても、現段階でその情報を知っているのはあなただけです。

ただ、あなただけ知っていてもあまり意味はなく、あなた以外の人にも目に見える形で残しておかなければなりません。

そのための手続きを証拠化といいますが、以下では、LINEを証拠化する方法について解説します。

スマホのロックを解除する

配偶者がスマホにロックをかけている場合、まずはスマホのロックを解除しなければなりません。

以下の記事ではiPhoneとandroid別にロックを解除について解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スマホのロックを解除することは違法?

スマホのロックを解除すること自体は不正アクセス(犯罪)にはあたりません。

 

つまり、刑事上の責任に問われることはありません。

 

スマホのロックを解除しても、インターネットを通じてスマホを作動させたことにはならないからです。

 

一方で、スマホのロックを解除する行為は配偶者のプライバシー権を侵害する違法行為です。

 

そのため、配偶者がどこまで浮気にのめり込んでいるかにもよりますが、配偶者から民事上の責任を問われる、すなわち、損害賠償を請求される可能性はあります。

 

違法だと証拠として認められない?

スマホのロックを解除する行為が違法だとすると、解除後に集めたLINEなどの証拠(違法な手段によって集めた証拠)は使えるのかという問題があります。

この点、裁判所(東京高裁昭和52年7月15日判決)は

著しく反社会的な手段を用いて、人の精神的肉体的自由を拘束する等の人格権侵害を伴う方法によって収集されたものである場合には、証拠能力が否定される(証拠として認められない)が、そうでない場合には、原則として証拠能力を肯定することができる(証拠として認められる)

※()は筆者が記載

と判示しています。

著しく反社会的な手段を用いて、人の精神的肉体的自由を拘束する等の人格権侵害を伴う方法」かどうかは、ケースにより個別に判断されます。

もっとも、LINEに限っていえば、証拠として認められるケースがほとんどです。

自分のLINEに一括送信する

スマホのロックを解除しても、トークをじっくり確認するまでの余裕はないと思います。

そこで、浮気相手とのやり取りしてそうなトークを自分のLINEに一括送信しましょう。

一括送信しておけば、後でじっくり読むことができます。

自分のLINEへの一括送信は、

「トークルーム」で浮気相手の可能性がある友だちを押す➡画面右上の📞の横の「三」

を押した後、

「⚙(その他)」➡「トーク履歴を送信」

を押すことで可能です。

なお、送信した後は、トークに送信履歴が残りますから、必ず履歴を削除しておきましょう。

LINEの画面を撮影する

一括送信した後は、内容をじっくり読み、

☑ 不貞(または浮気)

☑ 浮気相手の故意

を推測させるトークを見つけたら自分のスマホで撮影します。

また、会話の全体を見ると、当事者の意図や関係性などがわかりますので、該当箇所前後のトークも忘れず撮影しましょう。

また、可能であれば、不貞あるいは浮気が疑われるメールのほか、

☑ 浮気相手を特定できるメール

=浮気相手の氏名、年齢、職業、住所を特定できるメール

も忘れず確認しておきましょう。

LINE(トーク)以外にもチェックしたい箇所

一括送信した後、余裕があれば、LINE(トーク)以外にも次の箇所をチェックするとよいです。

スマホの画像・動画フォルダ

スマホの画像・動画フォルダには、

  • 浮気相手の裸の画像
  • 浮気相手とセックスした際に撮影した動画

などが保存されている可能性があります。

こうした画像や動画はLINE以上に証拠価値の高い証拠となる可能性がありますので、できればチェックしておきたいところです。

LINE以外のトークアプリ

LINEではあなたにバレると思って、LINE以外のトークアプリを使っている可能性もあります

たとえば、

☑ カカオ

☑ WhatsApp Messenger

☑ WeChat

☑ Chatwork

などです。

スマホ画面に入れたら、これらのトークアプリがインストールされていないかどうかもチェックするとよいです。

LINEのタイムライン

LINEのタイムラインにも、不貞や浮気の証拠として使える画像や動画がアップされている可能性があります

また、配偶者がフォローしている相手やその相手とのやり取り(コメント)などから、浮気相手を特定できることもあります。

SNS

facebookには、浮気相手の

  • 氏名
  • 生年月日
  • 勤務先

など、LINEではつかめない情報が掲載されていることが多いです。

Twitterでは配偶者ののTwitterIDを把握するとよいです。

そして、「twiRy」などのアプリに配偶者のTwitterIDを入力すると、配偶者がよくやり取りしている浮気相手のTwitterIDを特定することができます。

そのほか、SNS上でメールを交換している可能性もありますから、余裕があればLINEと同様に該当場面を撮影しておきましょう。

お気に入りフォルダ

トークアプリやSNSのほかに、出会い系サイトでやり取りしている可能性もあります。

出会い系サイトはお気に入りフォルダに登録されている可能性がありますので、チェックしてみましょう。

LINEをチェックする際の注意点

最後に、スマホをチェックする際の注意点について解説します。

調査は慎重に

とにもかくにも、配偶者にLINE等の証拠を集めていることに気づかれないことです。

  • スマホのロックを解除するタイミング
  • スマホを手にとった後のスマホの位置・置き方

など些細なことまで気を配る必要があります。

浮気調査していることがバレると、配偶者の警戒心が高まって、以後の浮気調査が難しくなります。

また、配偶者との関係が悪化し、関係修復が難しくなる可能性もあります。

諦めも肝心

スマホやLINEから浮気の証拠を得ることが難しい、と感じた場合は潔く諦めることも肝心です。

スマホやLINEから証拠を集めることにこだわりすぎて、配偶者に気づかれる可能性があります。

何も、浮気の証拠はスマホやLINEに限りません。

冒頭でご紹介したように、スマホやLINEからでも証拠をつかむことは十分可能です

プライバシー侵害、不正アクセスを主張される可能性も

前述のとおり、LINEの証拠を集めるにあたっては、

  • 不正アクセス
  • 配偶者のプライバシー権を侵害する行為

を行ってしまう可能性があります。

配偶者にバレない限りは問題はありませんが、万が一バレた場合は

  • 警察に被害届を出される
  • 損害賠償請求される

などして余計に話がややこしくなり、解決までにも時間がかかってしまう可能性があります。

LINEの証拠を集めた場合は集め方はもちろん、集めた後の証拠の取り扱いにも十分注意する必要があります。

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

この記事を書いた人