妊娠中に浮気される確率は?浮気させない方法やされたときの対策について解説

uwaki-ninshin

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

今、あなたは以下のことでお悩みではありませんか?

☑ 妊娠中に旦那に浮気されないか心配 

☑ 浮気されたらどうしよう・・・

本記事はこうしたお悩みに答える内容となっています。

浮気が疑われる場合にやるべきことはもちろん、浮気されないためにやるべきことについても解説しています。

ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

 

妻が妊娠中に夫が浮気する確率

妻が妊娠中に夫が浮気するのは一般的なのでしょうか?稀なケースでしょうか?

少し古い統計になりますが、しらべぇ編集部が2017年3月24日~同月26日の間、全国20代~60代までの既婚で子供がいる男性の312名に「妻の妊娠中に浮気したことがあるか?」を尋ねたところ、「ある」と回答した男性は、全体の

 

約11.5%(おおよそ8人中1の割合)

 

いたということです。

これを多いとみるか少ないとみるかは人によると思いますが、世の中には妻の妊娠中に浮気する夫が少なからずいるという事実は念頭に入れておくべきでしょう。

 

夫が妻の妊娠中に浮気する理由

では、なぜ、夫は、妻が妊娠という大変つらい状況にある中、浮気するのでしょうか?

主な理由としては

☑ セックスレス

☑ 妻にかまってもらえない

☑ 妻を「女」として見れなくなる

の3つです。

セックスレス

女性にとって妊娠中は肉体的にも精神的にも非常に辛い時期。

ホルモンバランスの乱れから情緒不安定になったり、うつ病を発症することもありほどです。

また、赤ちゃんの流産、死産など様々な不安と闘いながら生活しなければなりません。

そのため、妊娠中の女性には夫とセックスするほどの体力的・精神的な余裕がないのが基本です。

そのような状態の中、夫からセックスの誘いを受けても断ってしまうことが多いでしょう。

一方で、セックスを断られ続けた夫は、徐々に性的なストレスを抱えるようになります

そして、性的欲求を満たそうと、妻以外の女性との肉体関係を求めて浮気に走ってしまうのです。

妻にかまってもらえない

妊娠中、女性は自分の身体のケアだけでも大変ですが、自分のお腹の中にいる赤ちゃんのことまで気を配りながら生活しなければなりません。

加えて、家事や仕事、子供がいる場合は育児などをこなしていかなければならず、どうしても夫の優先順位を下げざるをえないという方も多いと思います。

一方で、自分の優先順位を下げられたと感じた夫は、徐々に、家庭の中での存在意義を見失っていきます

そして、家庭の外に、自分を大切にしてくれる人を見つけるために浮気に走ってしまうのです。

妻を「女」として見れなくなる

妊娠すると当然のことながら体型が変わりますし、出産後も以前のような体型を維持することが難しくなるかもしれません。

また、自分や赤ちゃんのケア、家事・育児、仕事に追われ、以前のようにお洒落をしたり、完璧な化粧をして過ごす時間が少なくなります。

そうすると、夫は妻のことを一人の「女」ではなく「母親」としか見れなくなってしまうのです。

夫が妻を「母親」としか見れなくなると、自分からセックスを求めることもなくなり、魅力的な女性を求めて浮気に走ってしまうのです。

 

妊娠中の浮気の兆候

妊娠中、夫に次のような兆候が出てきたら、それは浮気のサインかもしれません。

浮気の兆候をつかんで、はやめに対策を取るためにも、日頃から兆候をつかむためのアンテナを張っておきましょう。

☑ 残業が多くなる

☑ 出張、休日出勤が多くなる

☑ 一人で出かける機会が多くなる

☑ スマフォを肌身離さず持ち歩く

☑ 赤ちゃん自身に無関心

☑ 育児、出産後の生活の会話・話題に消極的

☑ 育児、出産イベント(検診、両親学級など)への参加に消極的

☑ 里帰り中に、連絡や会いに来る頻度が減る  など

 

妊娠中に浮気させないためにやるべきこと

では、ここからは、妊娠中、夫に浮気させないためにやるべきことについてご紹介します。

浮気されてしまってから、浮気に気づいてからでは手遅れとなる場合もありますので、まずはされないための方法を知っておくことが大切ですね。

妊娠中のセックスについて話し合う

妊娠中も夫がセックスを求めてきそうなとき、あるいはあなたも求めたい場合は、セックスについてよく話し合っておきましょう。

男性は女性に比べて女性の身体や妊娠について無知な場合が多いです。

そのため、セックスすることには理解を示しつつも、夫と妊娠中に気を付けなければならない情報を共有し、ルール作りをしておくことが大切です。

また、あなたがして欲しくないと思うことは夫にストレートに伝え、理解を求めておきましょう。

夫への気遣いを忘れない

前述のとおり、妊娠後は、ご自分や赤ちゃん、家族のことが優先となり、夫のことは置き去りにしがち。

これは致し方ないことです。

しかし、夫も家族の一員ですし、そもそも赤ちゃんは夫との愛の結晶のような存在。そんな夫を完全に無視してはいけません

妊娠中は赤ちゃんの話題などが中心となりがちですが、意識的に夫の仕事や趣味についても興味を示してあげるとよいです。

また、

☑ 夫の仕事靴を磨き、玄関に揃えとく

☑ 仕事から帰ってきたら飲み物を作ってあげる 

など、些細なことですが、できる範囲で夫が喜びそうなことをしてあげるとよいですね。

無理せず、周囲に協力を求める

妊娠中は肉体的にも精神的にも大きな負担がのしかかります。

そんなときに無理をするとあなた身体を壊すばかりではなく、赤ちゃんにも悪影響を及ぼし、最悪の場合、流産や死産につながってしまう危険もあります。

まずは、ご自分の身体のことを第一に考え、無理をする前に周囲の協力を借りる、公的支援を活用するなどしてうまく乗り切っていくことが大切です。

あなた自身に体力的・精神的な余裕がなくなると、家族や夫のことを気遣う余裕もなくなります。

ご自分の健康は家族や夫のためであることも忘れず、無理が来そうな場合ははやめに周囲に相談しましょう。

 

妊娠中に夫の浮気を疑ったらまずやるべきこと

万が一、妊娠中に夫に浮気の兆候が出始めたら…。

想像したくないでしょうが、万が一の場合に備えて、事前にやるべきことを確認しておきましょう。

できる範囲で浮気の証拠を集めてみる

妊娠中は思うように体を動かすことができる、集める証拠には限界があると思います。

ただ、それでも比較的ご自分の身近にある証拠であれば集めることは可能といえます。

たとえば、次の証拠はいかがでしょうか?

☑ メール(LINE、SNSのダイレクトメールを含む)

☑ スマフォ内の写真、動画

☑ SNS・ブログ上の写真、動画

☑ スケジュール帳、日記

☑ ドライブレコーダーの記録

☑ 避妊具         など

いずれも浮気の証拠として使えそうなものばかりですが、ここで意識しなければならないことは、旦那の不貞(※)を証明しうる証拠、浮気相手の情報(氏名、住所、職業、電話番号)に関する証拠を集めるということ。

また、浮気相手に慰謝料請求するためには、不貞に加え、浮気相手が、旦那が既婚者であることにつき故意・過失があったことを証拠により証明しなければなりません

そのため、浮気相手が、旦那が既婚者であることを知っていた、あるいは注意すれば知りえたということを証明できる証拠も集めておかなければなりません。

 

なお、浮気の証拠を集めていることを旦那に察知されると、警戒心が強くなり、その後の証拠集めが難しくなります。

また、旦那にバレると逆切れされ、さらに浮気に深入りされ、関係を修復することも難しくなってしまいます。

浮気の証拠を集める際はくれぐれも慎重に行動し、浮気の証拠を集め切ってから旦那に話を切り出すようにしましょう

 

関連記事:浮気の証拠がない!慰謝料請求に必要なラインなどの証拠を一挙紹介【動画付き】

関連記事:【浮気の証拠】メール・LINEだけで慰謝料請求できる?集める際の注意点とは?

探偵に相談する

ご自分で浮気の証拠を集めることが不安、バレないか心配という方は、探偵に浮気の証拠集めを依頼することも検討しましょう。

探偵に依頼すれば、次のような、り証拠価値の高い証拠を集めてくれます

☑ ラブホテルに出入りする場面を撮影した動画

(ただし、一定時間滞在したことがわかるもの) 

☑ 探偵の調査報告書  

浮気の証拠は、あなたが慰謝料請求、離婚する場合はもちろん、旦那との関係を修復する場合にも大きな武器となります。

困ったときは、一度、相談だけでもしてみる価値はあります。

ただし、いざ依頼するとなると、ネックになるのが調査費用ではないでしょうか?

調査費用は、費用体系や調査の難易度などによっても異なりますが、決して安い金額とはいえません。

少しでも安く抑えるには「浮気の証拠を集めてもらう」という漠然とした目的ではなく「不貞の証拠を集めてもらう」という明確な目的をもつことが大切です。

その上で、ご自分のご事情にあった費用体系を選択するとよいでしょう。

浮気調査の費用や安く抑えるための方法などについては以下の記事で詳しく解説していますので、よろしければチェックしてみてくださいね。

 

関連記事:浮気調査を探偵に依頼した際の費用はいくら?相場や安く抑えるための方法など

 

 

様子を見る

前述のとおり、浮気の証拠を集め切るまでは、あなたの方から夫に対してアクションを起こさない方が無難です。

また、夫に浮気されたとはいえ、浮気の実態を明らかにして夫に真意を聴かないことには、夫がどこまで浮気に本気なのかわかりません。

夫には夫なりに浮気する理由があったのかもしれませんし、もしかしたら、浮気を遊び程度にしか考えていないかもしれません。

妊娠中に浮気されたあなたからすれば、夫の考えなどどうでもいいかもしれません。

しかし、夫の考えを聞くと、あなたの考えも変わるかもしれません。

また、今は感情的に許せなくても、時間の経過とともに徐々にその感情も薄れていき、夫のことを許せるようになるかもしれません。

夫との関係を継続するか離婚するかは、あなたにとって人生の一大事です。

その人生の一大事を一時の感情で左右しないようにしたいですね。

今後について考える

浮気調査を経て、旦那の浮気の実態がわかってきたら、今後について考えます。

要は、離婚しない(婚姻関係を継続する)か、離婚するか、ということです。

 

離婚しない方向の場合は、これまでの言動を振り返り、なぜ浮気されたのか考えてみましょう。

確かに、一番悪いのは浮気した夫です。

しかし、当然ですが、何かしらの原因がなければ夫は浮気しなかったはず。

そして、夫婦問題が発展したのが浮気である以上、その原因を作ったのはすべて夫とはえないはずです。

辛い時期にご自分の言動を振り返ることは大変だと思います。

しかし、旦那との婚姻関係の継続を希望する以上は、まずはご自分から変わっていくことが求められます

 

他方で、離婚する方向の場合は、離婚に向けてどんなことを準備すればよいかを調べ、一つずつ準備を進めていきましょう。

一番ネックになるのは、お金や子供・赤ちゃんの生活のこと。

仮に今現在、旦那の収入に頼って生活しているという場合は、就職や就職のための資格取得について検討しなければなりません。

子供がいる場合は、住まい、慰謝料のほか養育費・面会交流などの離婚の条件、保育園・幼稚園の転園など検討しなければならないことは山ほどあります。

当然時間がかかりますから、離婚を決意した段階で、はやめに準備を進めていくことが必要です。

 

関連記事:離婚は準備がすべて!?切り出す前に準備しておくべき4つのこと

話し合いを切り出す

浮気の証拠を集め、ご自分の中で気持ちの整理がついたら旦那に話し合いを切り出します

離婚を決意している場合は、離婚の準備を整えてから切り出すのが基本です。

 

離婚しない場合は、まず、あなたがこれまでどれほど辛い思いをしてきたかをストレートに伝えます。

そして、同時に、浮気の証拠をうまく活用しながら旦那から浮気の事実を聞き出し、浮気相手との縁を切ること、今後浮気しないことへの覚悟はあるのかを確かめます。

そして、旦那から満足のいく回答を得ることができれば、婚姻関係を継続したいことを伝え、今後、関係を修復していく上で必要なことを話し合っていきます。

また、誓約書を作っておくと安心です。

他方、旦那から満足のいく回答を得られなかった場合は、すぐに結論を出さず、再考する時間を設けてもよいでしょう。

 

離婚する場合も、感情的にならず、まずは離婚したい旨を正直に伝えることが大切です。

離婚の条件などは離婚を切り出した後に話し合っていけばよいです。

ただ、この段階で、あなたの方で離婚の条件をおおまかに決めておくと、主導権をもって話し合いを進めていくことができます。

離婚の条件について取り決めた後は、必ず公正証書を作成しましょう。

 

関連記事:【テンプレート付き】旦那が浮気を認めた場合にさくせい作成する誓約書の作り方を解説

関連記事:離婚の慰謝料を公正証書に残す理由は?作成手順、費用も解説

 

今回の内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

この記事を書いた人