【浮気の証拠】失敗しないドライブレコーダーの選び方やパートナーへの勧め方

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

ご自分で浮気の調査をしようと考えているあなたは今、次のようなことでお悩みではありませんか?

☑ どんな性能のドライブレコーダーを選んだらいいの?

☑ パートナーに何と言って購入・取り付けを勧めたらいいの?

この記事では、これから浮気調査のためにドライブレコーダーを使ったみようという方が、上記のお悩みを解決できる記事になっています。

最後まで読んでいただければ、浮気調査にドライブレコーダーを活用してみようという気持ちになっていただけると思います。

ぜひ、最後までご一読いただけると幸いです。

 

そもそもドライブレコーダーって何?

ドライブレコーダーは車のダッシュボートなどに取り付ける車載型の映像記録装置のことです。

常時録画できるもの、衝撃前後を録画するもの、録音・GPS機能つきのものまで様々なものが開発されています。

もともとは交通事故状況の解明を目的として開発されました。

しかし、近年はその用途が広がっており、ドライバー自身が自分の運転技術をチェックするため、あおり運転を抑止するためなどにドライブレコーダーを設置する方も多いです。

 

ドライブレコーダーで得られる情報

では、そもそもなぜ、浮気調査でドライブレコーダーを利用するのでしょうか?

それは、ドライブレコーダーに録音された会話の内容や録画された映像から、

☑ パートナーと浮気相手との関係性

☑ 浮気相手の顔、氏名、職業などの個人情報

☑ 行動した場所

☑ 次回の行動日程

☑ 不貞行為(※)の状況 

※パートナーと浮気相手とが肉体関係をもつこと

などの情報を得ることができる可能性があるからです。

車内は個室と同様にプライベートな空間なため、ついつい気を緩めて秘密にしていることも話がちとなります。

また、車を浮気相手と会う際の交通手段としてはもちろんのこと、様々な事情から車をホテル代わりに密会の場として使うパートナーもいます。

そのため、上記のような情報を得ることができる可能性が格段に高くなる、というわけです。

会話の内容から浮気相手の個人情報を得ることができれば、浮気相手が誰なのかの特定につながります。

また、会話の内容や映像から車内で不貞行為を行ったことがわかれば、離婚や慰謝料請求する際の証拠として使えます。

 

ドライブレコーダーは浮気の証拠になりうる?

 

ドライブレコーダーが浮気の証拠になりうるかどうかは、不貞行為を証明できるかどうかにかかっています

前述のとおり、ドライブレコーダーに

 

☑ 車内で不貞行為を行ったことがわかる会話や映像

 

が記録されている場合は浮気の証拠になりえます。

また、

 

☑ これからラブホテルに行くことがわかる会話

☑ ラブホテルに行ったことがわかるGPS記録

 

なども浮気の証拠として使えそうですが、これらは不貞行為を証明しうる証拠として弱いといわざるをえません。

なぜなら、本当にラブホテルに行ったかどうかまではわからないからです。

ただし、パートナーと浮気相手が肉体関係をもちうる間柄であることはわかりますし、次回もそのラブホテルを使うのではないかと予測を立てることはできます。

つまり、不貞行為を証明しうる証拠としては使えなくても、浮気の証拠としてや不貞行為の証拠を集める上では十分に使える可能性があるといえるのです。

 

コレだけは外せない!ドライブレコーダーの性能

ここまで読まれてみて、ドライブレコーダーを浮気調査のために使ってみたい!と考えられた方もおられるでしょう。

ただ、ドライブレコーダーとひとことで言っても、その種類は多種多様で一体どれを選べばよいかわかりませんよね。

そこで、以下では、浮気調査のためのドライブレコーダーを選ぶ際に、絶対に外せない性能のポイントについて解説します。

浮気調査に失敗しないためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

車内を録画するもの

まず、ドライブレコーダーには

☑ 車外のみを録画するもの

☑ 車外と車内を録画するもの

の2種類にわかれますが、必ず「車外と車内を録画するもの」を選びましょう。

その理由は簡単で、車内を録画するものであれば、

 

☑ 浮気相手の顔

☑ 不貞行為の状況

 

などの情報を得ることができるからです。

上記の情報は、離婚や慰謝料請求する上ではぜひとも手に入れたい情報ですから、必ず車内を録画するドライブレコーダーを選びましょう。

常時録画(録音)するもの

次に、ドライブレコーダー本体の録画方式は

☑ 常時録画

☑ 検知録画

の2種類があります。

常時録画は、文字通り、車のエンジンをかけてから切るまで常時録画するもの

検知録画は、ドアの開閉や車の衝突などで車に何らかの衝撃が加わった場合に、その前後の場面を録画するものです。

このうち、浮気調査に向いているのは常時録画であることはいうまでもありません。

ただし、常時録画の最大のデメリットは、保存先のSD(またはmicroSD)カード(※)の容量を大幅に消費してしまうことです。

容量を超えて記録すると前の記録が上書きされて見ることができなくなってしまいます。

そのため、SDカードは大容量のものを使用しましょう。

録画時間は32GBであれば画質を落として5時間程度、最大の128GBであれば20時間程度が目安とされています。

常時録画を選択する場合は予算の許す限り124GBを使用すると安心です。

 

※ドライブレコーダーのSDカードは、常時録画する場合、上書き保存されていくほど不具合が生じやすくなります。不具合が生じると肝心な映像や音声が記録されないことがありますので、定期的にフォーマット(初期化)するようにしましょう。

GPS機能付きのもの

ドライブレコーダーはGPS機能付きのものを選びましょう。

確かに、GPSの位置情報は100%正確とはいえず、前述のとおり、直ちに不貞行為を証明する証拠として使えるわけではありません。

しかし、ドライブレコーダーによってはGoogle mapなどと連動するタイプのものもあります。

そのため、パートナーと浮気相手の行動パターンをつかむことや尾行などには大変活躍する道具といえます。

浮気調査のためにドライブレコーダーを使うなら、ぜひともGPS機能付きのものを選びたいです。

録音機能があるもの

意外かもしれませんが、ドライブレコーダーには録音機能がついていないものもあります。

ドライバーのプライバシーを守る意味で、あえて録音機能がついていないドライブレコーダーを選ぶ方もいるようです。

しかし、ドライブレコーダーを浮気調査のために使う場合は、録音機能があるものを使うべきです。

前述のとおり、車内で交わされる会話の中には、浮気相手の個人情報など映像からでは得られない情報が混じっている可能性があります

録画機能のみのドライブレコーダーだとそうした情報を見逃してしまう可能性がありますので、必ず録音機能つきのものを選びましょう。

 

ドラレコの購入・取り付けをパートナーに提案する方法

浮気調査においてドライブレコーダー役に立つことはおわかりいただけたかと思います。

ただ、最大の難関はパートナーが運転する車にどうやってドライブレコーダーを設置するか、ではないでしょうか?

パートナーに無断で設置すると浮気調査しているのではないかと疑われ、それ以上の浮気調査が難しくなってしまう可能性があります。

そのため、パートナーの了解を得て設置する必要がありますが、問題はどう了解を得るかです。

以下では、その具体的な対処法について解説します。

あおり運転を口実に設置を提案してみる

近年は、悪質なあおり運転がテレビやインターネットで頻繁に取り上げられています。

そして、あおり運転を抑止するためにドライブレコーダーを設置する人が増えていることはあなたもパートナーもご存知のはず。

そこで、テレビなどであおり運転のニュースが取り上げられたタイミングで、パートナーに「うちもドライブレコーダーを設置してみない?」と提案してみてはいかがでしょうか?

あるいは一緒に車に乗っている際に、怖い思い、危ない思いをしたタイミングでもよいでしょう。

後者のケースに遭うことは稀かもしれませんが、パートナーがドライブレコーダーの設置の必要性をより実感でき、前向きな回答を得られやすいです。

「あなた(あるいは、家族)のお守りとしてつけよう」と提案してみる

冒頭でも述べましたが、もともとドライブレコーダーは交通事故状況の解明のために開発されたもの。

万が一、パートナーや同乗中の家族が不慮の交通事故に遭った場合でも、ドライブレコーダーに録画された映像から交通事故の真相を明らかにすることが可能です。

そのため、たとえ加害者から的外れな主張をされても、その主張を排斥し適切な賠償金を得ることが可能となります。

このようにパートナーに、ドライブレコーダーのもともとの設置目的を丁寧に説明することで、パートナーから前向きな回答を引き出すのも一つの方法です。

キャンペーン期間中に提案してみる

量販店やメーカーが通常価格よりも低価で売り出しているキャンペーン期間中に購入・取り付けを提案してみるのも一つの方法です。

ただ、いきなり提案すると唐突感があり怪しまれる可能性があるため、伏線を貼っておくことが必要です。

すなわち、普段からパートナーとドライブレコーダーの購入について話をしておき、ある程度の目星をつけてパートナーに伝えておきます。

そして、目星をつけたドライブレコーダーがディスカウントされたタイミングで本格的に購入を提案してみるのです。

また、前述のとおり、家族のお守りと称して、家族で出かけるタイミングで購入を提案してみるのもよいでしょう。

春先や初秋などのレジャーシーズンはディスカウントされやすいタイミングですので、スマフォなどで情報をこまめにチェックしておくとよいです。

 

最新ドライブレコーダーをご紹介!

それでは、以下では実際のドライブレコーダーを見ていただくことにします。

それぞれの特徴、使い勝手を踏まえた上で、予算に合った最適なドライブレコーダーを選んでいただければと思います。

COMTEC  HDR360GW


すべての機能を兼ね備えている万能ドライブレコーダー。おススメです。

COMTEC  ZDR026


COMTEC  HDR952GW


 

こんな場合は探偵にご相談を!

ここまではパートナーの車にドライブレコーダーが設置されておらず、これから購入・設置しようというケースを前提に話を進めてきました。

最後に、すでに設置されている場合の注意点を申し上げておきます。

それは、

 

迂闊に車に近づいたり、車のドアを開閉したりしない

 

ということです。

なぜなら、ドライブレコーダーによっては、センサーに反応するだけで録音・録画が開始するもの、ドアの開閉時の振動で録音・録画が開始するものがあるからです。

また、振動やエンジンを入れる際に、パートナーのスマフォにメール通知が行くものまであります。

対象の車をパートナーと共同で使っている場合は怪しまれる可能性は低いといえます。

一方で、パートナーが単独で使っている場合は怪しまれる可能性が格段に高くなることはおわかりいただけるかと思います。

パートナーに浮気調査していることを怪しまれると、それ以上の証拠を集めることが難しくなります。

車にドライブレコーダーが設置されていても、パートナーが単独でその車を使っている場合は自力で解決しようとせず、まずは、一度探偵に相談された方がよいです。

 

まとめ

最後にこの記事でお伝えしたかったことをまとめます。

  • もともとドライブレコーダーは交通事故状況を解明するために開発されたもの
  • 映像や音声の内容によっては不貞行為を証明できる証拠として使えることも
  • 浮気調査に失敗しないためにも性能のよいドライブレコーダーを選ぶ
  • ドライブレコーダーを設置する際はパートナーの同意を得てから
  • 浮気調査していることがバレないよう、タイミングよく購入&設置を提案する
  • パートナーが単独で使っている車のドライブレコーダーの取り扱いは探偵に相談してからがよい

最後までご一読いただきありがとうございました!

 

 

 

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

この記事を書いた人