浮気相手に書かせる示談書とは?誓約書との違いや書き方、手順を解説

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

浮気相手に慰謝料を請求したい!

関係をはやく断ち切らせたい!

今、あなたはこんなことでお悩みではありませんか?

もし、浮気相手に慰謝料を請求しよう、関係を断ち切らせようと考えている場合は示談書の作成を検討しましょう。

今回は、その示談書について詳しく解説します。

この記事を読んでわかること

  • 浮気の示談書が何かがわかる
  • 浮気の示談書と誓約書の違いがわかる
  • 浮気の示談書を作成する目的がわかる
  • 浮気の示談書に書くべき項目がわかる
  • 浮気の示談書を取り交わすまでの手順がわかる

 

浮気の示談書とは

浮気の示談書とは、あなたと浮気相手とが合意した内容を記載した書面のことです。

どんな事項について合意すればよいかは「浮気の示談書で書くべき事項はコレ!」で詳しく解説します。

なお、ここでいう浮気とは「不貞行為」のことです。

不貞行為とは、配偶者がその自由意思であなた以外の第三者と肉体関係をもつことをいいます。

浮気の示談書は不貞行為の示談書と言い換えてもよいかもしれません。

浮気の示談書と誓約書の違い

浮気の示談書に似たものとして誓約書があります。

ただ、示談書と誓約書は明確に異なります

示談書は2部作成し、当事者それぞれが2部の示談書に署名(または記名)・押印します。

そして、一方当事者が1部、他方当事者が1部を保管します。

示談書を取り交わすと、お互いが合意した内容に拘束されます。

 

これに対して、誓約書は、誓約書を差し出す者が署名・押印し、相手方に対して差し出す書面です。

つまり、作成する誓約書は1部です。

誓約書の場合は、誓約書の差出人だけが誓約書に記載した内容に拘束されます。

以上の示談書と誓約書の特徴を踏まえると、

  • あなたが浮気相手に対して慰謝料請求する場合➡示談書
  • あなたが配偶者とやり直しを求める場合   ➡誓約書

が基本となります。

なお、誓約書の書き方については以下の記事で詳しく解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

 

関連記事:旦那の浮気防止のため誓約書を作りたい!手順、作り方をサンプル付きで解説

浮気の示談書を作成する目的

浮気相手に対する慰謝料請求は口頭でも可能です。

では、なぜわざわざ示談書を作成するのでしょうか?

その答えは以下の通りです。

☑ 合意した内容を「形」に残しトラブルを防止できる

☑ 浮気の再発防止につながる

☑ 浮気相手が慰謝料を支払わなかった場合の証拠として使える

☑ 再び浮気された場合、慰謝料増額の証拠として使える

以下で詳しく解説します。

合意した内容を「形」に残すことができる

浮気相手と慰謝料の支払いを口頭で約束したとしても、あとで「そんな約束をした覚えはない。」と言われてしまう可能性があります。

示談書を作っておけば、浮気相手から上記のようなことを言われる心配がなくなり、トラブル防止につながります。

浮気の再発防止につながる

後述するとおり、浮気の示談書には、浮気相手が配偶者と連絡を取らないこと、接触しないことなどの誓約事項を盛り込むことができます。

示談書を作成することで、配偶者の浮気の再発防止につなげることができます。

浮気相手が慰謝料を支払わなかった場合の証拠として使える

浮気相手が慰謝料を支払わない場合は民事調停や民事裁判を検討する必要があります。

示談書は、調停や民事裁判において、浮気相手が不貞行為を認めたこと、慰謝料の支払いに合意したことなどを証明するための証拠として使うことができます。

再び浮気された場合、慰謝料増額の証拠として使える

再度、浮気された場合は、示談書を浮気相手が過去に配偶者との関係を断ち切ることを誓約したことの証拠として使うことができます。

浮気相手が過去に上記の誓約をしながら、再び浮気することは慰謝料の増額要素になりえます。

 

浮気の示談書に書くべき事項はコレ!

浮気の示談書に書くべき事項は次の通りです。

① 標題、導入

② 不貞行為の事実

③ 謝罪

④ 誓約事項(関係解消)

⑤ 迷惑行為の禁止

⑥ 慰謝料、求償権の放棄

⑦ 守秘義務

⑧ 違約金

⑨ 完全解決

⑩ 清算条項

⑪ 署名・押印欄

なお、各条項の内容は個々のケースによって異なりますから、以下であげるサンプルはあくまで参考程度にとどめてください

詳細は弁護士、行政書士などの専門家に相談し助言をもらうようにしてください

①標題、導入

示談書

 

〇〇〇〇(以下「甲」という)と××××(以下「乙」)は次のとおり合意する。

〇〇〇〇にはあなたの氏名、××××には浮気相手の氏名を入れます。

②不貞行為の事実

第1条(不貞行為)

乙は、令和〇年〇月から令和〇年〇月までの間、〇回にわたり、甲の夫である△△△△(以下「丙」という)と、継続して肉体関係(以下「本件不貞行為」という)をもったことを認める。

繰り返しになりますが、慰謝料請求の対象となるのは単なる浮気ではなく不貞行為です。

不貞行為の期間、回数を具体的に記載します。

③謝罪

第2条(謝罪)

乙は、本件不貞行為について、甲に対して心より謝罪する。

そもそも慰謝料を請求できるのは、不貞行為によって婚姻関係を破綻させられたから。

ここで謝罪の文言を入れておくと、浮気相手の婚姻関係を破綻させてしまったことの認識&謝罪➡慰謝料請求へとつなげやすくなります

また、将来、再度浮気した場合は、この示談書を証拠として浮気相手が反省していなかったことを証明でき、慰謝料の増額へとつなげることができます

④誓約事項(関係解消)

第3条(関係解消)

乙は、丙の連絡先をすべて消去した上で、いかなる理由があっても、丙に連絡(面会、電話、電子メール、SNS、第三者を介した連絡等の一切を含む)または接触してはならない。

配偶者との関係をやり直す場合は、慰謝料と同様に大切な条項です。

浮気相手に配偶者の連絡先を消去させる場合は、確実に実行したか確かめるため、あなたの目の前で消去させましょう。

浮気相手と配偶者とが職場の同僚の場合は、一切接触しないとすることは非現実的です。

その場合は、以下のように工夫します。

乙は、職場での業務遂行に必要な最低限の連絡を除き、私的に乙と連絡・接触しないことを誓約する。

⑤迷惑行為の禁止

第4条(迷惑行為の禁止)

甲及び乙は、相手方を訪問すること、当事者のいずれかを誹謗中傷すること、相手方に不利益となる一切の行為を行ってはならない。

お互いが平穏な生活を送るためにぜひとも入れておきたい条項です。

⑥慰謝料、求償権の放棄

第5条(慰謝料、求償権の放棄)

1.乙は、甲に対し、本件不貞行為の慰謝料として金100万円を支払う義務があることを認める。

2.乙は、前項の100万円を、本示談書締結日から●日以内に、甲の指定する下記口座へ振り込む方法で支払う。振込手数料は乙の負担とする。

 金融機関名:●●●●銀行●●支店

 口座番号 :●●●●●●

 種別   :普通

 口座名義人:●●●●●●●●

3.乙は、丙に対する、本件不貞行為の慰謝料支払い債務に基づく求償権を放棄する。

1項は浮気相手に慰謝料の支払い義務があることを認める条項です。

2項は慰謝料の支払い期日、支払い方法について規定した条項です。

上記は一括支払い、口座振込みを前提としています。手渡しの場合は、

2.乙は、上記100万円を本日現金にて支払い、甲はこれを受領した。

などと記載します。

また、慰謝料は一括払いが原則ですが、仮に、分割払いとした場合は以下のように記載します。

2.乙は、前項の金員を分割して令和●年●月から令和●年●月までの間、毎月月末限り、月額●万円を甲の指定する下記口座へ振り込む方法により支払う。振込手数料は乙の負担とする。

3.乙が前項の支払いを2回以上怠った場合には、当然に期限の利益を喪失し、乙は、甲に対し、直ちに第1項の金員から前項による既払い金を控除した残額を下記口座へ一括で振り込む方法により支払わなければならない。この場合、乙は、期限の利益喪失日から支払い済みまで、残額に対して年●パーセントの遅延損害金を付して支払う。

分割払いの場合は、3項のように、未払いとなった場合の対処法を必ず盛り込みます

求償権の放棄

一括払いの例の3項は求償権の放棄に関する規定です。

求償権とは、連帯して債務を負った債務者が他方債務者の分についてまで債務を負担した場合に、他方債務者に対してその負担額を返済してください、といえる権利のことです。

たとえば、今回のケースでは、乙と丙とが連帯して甲に対して100万円の慰謝料を支払うという債務を負います。

そして、仮に、乙が甲に対して100万円全額を支払った場合、乙は丙に対して50万円(乙、丙の負担割合が平等な場合)支払ってと請求できるということです。

ただ、示談の目的の一つは、浮気相手との関係を断つこと。

乙から慰謝料の支払いを受けた段階で、浮気相手との縁はきっぱりと断ち切りたいですよね?

しかし、乙から慰謝料の支払いを受けた後に、さらに丙が乙から請求を受けるとなると、きっぱりと浮気相手との縁が切れません。

そこで、あらかじめ乙に求償権を放棄してもらおう、という趣旨で3項の規定を設けるのです。

ただ、乙からは「求償権を放棄する代わりに慰謝料を減額してね。」と減額交渉をもちかけられるでしょう。

今回は、減額交渉の結果、まとまった金額が100万円ということになります。

⑦守秘義務

第6条(守秘義務)

甲及び乙は、本件不貞行為に関し、相互にインターネットへの書き込み・書面閲覧・口頭による情報の流布・架電・電子メールその他方法のいかんを問わず、本件不貞行為に関する情報をみだりに第三者に対して公開しないことを約束する。

示談後に平穏な生活を送るためにも迷惑行為の禁止とともに、盛り込みたい条項です。

⑧違約金

第7条(違約金)

乙は、第3条の定めに違反した場合は、違約金として金50万円を、甲へ支払わなければならない。

乙が誓約事項に違反した場合の違約金に関する条項です。

違約金の額も浮気相手と話し合って決めます。

ただ、あまりに高額な金額だと合意を得られないでしょうし、条項自体が無効となってしまう可能性があります

連絡・接触違反では10万円~50万円が妥当な金額と言われています。

⑨完全解決

第8条(完全解決)

甲及び乙は、本示談書の締結及び慰謝料支払い済みをもって、本件不貞行為について解決したものとし、追加的な請求や異議を述べてはならない。但し、相手方が本示談書の定めに反したときに当該相手方に対し法的請求を行う場合は除く。

この条項は浮気相手にとってもメリットのある条項です。

すなわち、あなたは本示談書を取り交わした後は、浮気相手に対して追加的な請求は本合意に関して異議を述べることができなくなります。

⑩清算条項

第9条(清算条項)

甲及び乙は、両者の間に本示談書の定めのほか、本件不貞行為に関し、なんらの債権債務も存在していないことを相互に確認する。

清算条項は示談書において必須の条項です。

示談書を取り交わした後、お互いに追加で請求できるようなこと可能となると、いつまで経っても問題は未解決のままです。

浮気相手との関係を断つという意味でも清算条項は極めて重要です。

⑪署名・押印欄

(甲) 

署名:             ㊞

 

(乙)

署名:             ㊞

 

最後に「署名・押印欄」を忘れず設けましょう。

示談書は両当事者が署名・押印することではじめて有効となります。いずれか一方の署名・押印が向けている場合でも無効です。

 

浮気の示談書を取り交わすまでの手順

浮気の示談書を取り交わすまでの手順は以下のとおりです。

① 不貞行為の実態、浮気相手が誰かを特定する

② 浮気相手に慰謝料の請求書面を内容証明で送る

③ 示談書(案)を作成する

④ 浮気相手に示談書(案)を提示する

⑤ 浮気相手と示談書を取り交わす

以下で詳しく解説します。

①不貞行為の実態、浮気相手が誰かを特定する

浮気相手と示談書を取り交わすには、あなたが不貞行為の実態を把握し、浮気相手が誰なのかを特定する必要があります

そのためにはまず、不貞行為の証拠を集めることです。

証拠を集めることで不貞行為の実態や浮気相手が誰なのかが徐々にわかってきます。

証拠はご自身で集めることも可能ですが、失敗したときのリスクを考えると探偵に依頼するのも一つの方法です。

どんな証拠を集めればよいのか探偵の調査費用はいくらかかるのか安くする方法はないのかなど、疑問に思われる方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

関連記事:浮気の慰謝料請求で使える証拠13選!離婚や慰謝料請求で失敗しないための集め方

関連記事:浮気調査を探偵に依頼した際の費用はいくら?相場や安く抑えるための方法など

②浮気相手に慰謝料の請求書面を内容証明で送る

不貞行為の実態を把握し浮気相手を特定できたら、

  • 浮気相手に直接話し合いをもちかける
  • 浮気相手に慰謝料の請求書面を内容証明で送る

の2通りの方法を取ることが考えられます。

ただ、浮気相手にあなたの意思をはっきりと伝えるためには、内容証明の方法を選択した方がよいです。

内容証明や書き方など詳しいことは以下の記事で詳しく解説しています。

 

関連記事:浮気相手に慰謝料請求する際の内容証明の書き方、送った後の対応を解説

③示談書(案)を作成する

浮気相手に内容証明を送った後、浮気相手が請求内容をすべて受け入れる反応を示したとき示談書(案)の作成にとりかかります。

また、示談書(案)の作成にとりかかる前提として、示談条項について浮気相手と話し合って大筋の内容を決める必要があります。

示談書(案)を作成するのはあなたでも浮気相手でもどちらでもかまいません。

ただ、示談交渉の主導権を握りたい場合は、自分から作った方がよいでしょう。

浮気相手と示談書を取り交わす場合は、同じ内容の示談書を2部用意します。

示談書(案)の段階では、署名・押印の欄は空欄のままでよいです。

④浮気相手に示談書(案)を提示する

示談書(案)を作成したら、示談書(案)を浮気相手に提示します。

直接会って提示してもよいですし、難しい場合は郵送で送ってもよいでしょう。

浮気相手が内容の修正を求めてきた場合は、再度、話し合って内容をまとめます。

話がまとまったら、正式な示談書を作成します。

⑤浮気相手と示談書を取り交わす

作成後は示談書2部に署名・押印します。

また、2部の示談書が同じ内容であることを証明するため、示談書に割印を押すことも忘れずに

割印の意味や押す場所、押し方がわからない方は「割印とは」を参考にしてみてくださいね。

その後、浮気相手からも署名・押印をもらいます。

浮気相手と直接会ってもらう方法もありますし、示談書を郵送してもらう方法もあります。

慰謝料を手渡しで受ける場合は直接会ってもらう場合が多いです。

口座振込みの場合は郵送でもらってもよいでしょう。

浮気相手が署名・押印した後は、1部をあなたがもう1部を浮気相手が保管します。

示談書を郵送する際は、返送してもらう必要があるため、浮気相手に送る封筒に切手をつけた返信用の封筒を同封しておくと、浮気相手も面倒くさがらずに返送してくれるでしょう。

その後、口座振込みの場合は、合意した期日までに慰謝料が振り込まれているかどうか必ず確認しましょう。

まとめ

浮気した配偶者との関係改善を望みつつ、浮気相手との関係を断ち切る場合は、配偶者との間では誓約書を作成し、浮気相手との間では示談書を作成するのが基本です。

ただ、浮気の示談書に書くべき項目は多岐にわたり、その内容は100個のケースがあれば100通りある、といえるほど一つとして同じものはありません

のちのち後悔しないためにも、サンプルは参照程度にとどめ、個別の事情に応じた内容にすべきです。

示談書はご自分で作成することもできますが、不安を抱えているようでしたら、一度、弁護士、行政書士などの専門家に相談することをお勧めします

 

 

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

この記事を書いた人