浮気の話し合いは必要?切り出す前にやっておくべきこととは?

お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

相手が浮気をしているかもしれない・・・・

こんなとき、話し合いで相手の浮気を追及しようとお考えになる方もいると思います。

ただ、しっかりとした準備をした上で切り出さなければあなたが損をすることにもなりかねません。

そこで今回は、浮気の話し合いに関する心構えについて解説していきますね。

 

この記事を読んでわかること

  • 浮気の話し合いが必要かどうかわかる
  • 浮気のメリット・デメリットがわかる
  • 浮気の話し合いを切り出す前にやっておくべきことがわかる
  • 浮気の話し合いで気を付けるべきことがわかる
  • 浮気の話し合いの後にやるべきことがわかる

 

探偵・浮気調査なら【あい探偵】

浮気の話し合いは必要

相手の浮気を疑っても、「相手が自分以外の人を愛する」という現実を受け入れることができず、話し合いをする気持ちにはなかなかなれませんよね?

ただ、話し合いをしない以上、相手が浮気をしたかどうか真実は闇のまま・・・・。

あなたのモヤモヤ感は残り続けます。

また、話し合いの一番の目的は、浮気の事実を明らかにした上で、相手とやり直すのか離婚するのかを相手と話し合うこと

話し合いをしなければ、今後に向けての第一歩が踏み出せません。

離婚を選択する場合は、これ以上一緒に過ごしたくない相手と無駄な人生を送らなければなりません。

相手の浮気が常態化している場合は、浮気の話し合いは避けては通れない道ということになりますね。

ただ、闇雲に話し合いをしてもあなたが損をするだけです。

しっかりとした準備をした上で、適切なタイミングを見計らって話し合いを切り出す必要があります。

この点に関してはこれから解説していきますね。

浮気の話し合いをするメリット

では、浮気の話し合いをするメリットをみていきましょう。

浮気の事実がわかる

相手が浮気の事実を正直に話してくれる場合は、浮気をした経緯・理由、浮気相手、浮気の内容など詳しい事実を知ることができます。

浮気の事実を知ることで、今後あなたが進むべき方向が見えてきます

お互いの気持ちをぶつけ合ういい機会になる

浮気の話し合いでは、お互いの胸の内をすべて明かすことになります。

つまり、これまでお互いがため込んでいたモヤモヤを一気に吐き出すいい機会となりえます。

お互いの考えを正直にぶつけ合うことで、相手の考えを理解し、関係改善とつなげることができるかもしれません

相手との関係性について見つめ直す機会にもなる

話し合いを通じて、相手が夫婦関係を改善しようとするのか、それとも今までどおり浮気を継続しそうなのかある程度判断できます。

それによって、あなたが今後相手とやり直す(婚姻関係を継続する)のか、離婚するのかの方向性も見えてきます

浮気の話し合いをするデメリット

次に、話し合いをするデメリットをみていきましょう。

冷静な話し合いができず、関係が悪化することも

浮気の話し合いでは、どうしてもお互いが感情的になって冷静な話し合いができなくなるおそれがあります。

浮気という事が事だけにいたし方ない面もあります。

ただ、ここで大切なことは、

 

  • 相手と状況を見て適切なタイミングで話し合いを切り出すこと
  • 冷静な話し合いをしやすい環境を作ること

 

です。

ここの判断を誤れば冷静な話し合いができず、関係を悪化させてしまう可能性もありますので十分注意しましょう。

話し合いが曖昧なまま終わってしまう可能性がある

準備不足が話し合いを無意味に終わらせてしまう可能性もあります

たとえば、浮気の証拠をつかめないまま話し合いを切り出すと、浮気の事実を簡単に否定されます。

そして、「そんなにオレのことが信用できないのか」など言われ、ますます関係を悪化させてしまう可能性があります。

また、話し合いの目的を不明確にしたまま話を切り出すと、今後について具体的なことを決める前に話し合いが終わってしまう可能性があります。

話し合いを切り出すにあたってどんな準備をすればよいのかは次で解説しますね。

浮気の話し合いを切り出す前にやっておくべきこと

浮気の話し合いを有意義なものにするためには、話し合いの前にしっかりとした準備を整えておくことが必要です。

以下では、浮気の話し合いを切り出す前にやっておくべきことについてご紹介します。

浮気の証拠を集めておく

相手の浮気を疑うのであれば、まずは浮気の証拠を集めることからスタートです。

あなたがいくら過去に「浮気したのではないか」と疑う場面があっても、相手に追及できるのは証拠で証明できる浮気だけだと思ってください。

厳しい言い方になるかもしれませんが、証拠で証明できない浮気は本当の浮気ではないといっても過言ではありません。

浮気の証拠を確保できれば、たとえ相手から否定されても浮気したでしょ!」と自信をもって追及できるのです。

なお、ここでいう浮気とは相手があなた以外の人と自由意思で肉体関係をもつこと(=不貞行為を行うこと)です。

相手が浮気相手とメールをする、電話をする、食事をするなどは不貞行為とはいえませんので注意が必要です

どんな証拠を集めればよいのか、証拠がなぜ必要なのかについては以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてくださいね。

関連記事:浮気の慰謝料請求で使える証拠13選!離婚や慰謝料請求に失敗しないための集め方

探偵・浮気調査なら【あい探偵】

離婚も視野に動き出す

浮気の証拠を集める過程で徐々に相手の浮気の実態が明らかになってくるでしょう。

相手の浮気の実態が明らかになるにつれ、あなたの相手に対する気持ちが冷め、「離婚しよう」という気持ちになるかもしれません。

また、仮に、話し合いを切り出すまでやり直す気持ちがあったとしても、相手の態度しだいで「離婚しよう」という気持ちに切り替わるかもしれません。

しかし、離婚するとしても、離婚前にやるべきことは数多くあります

そのため、話し合いを切り出してから離婚の準備にとりかかっても、準備不足のまま離婚し、離婚後の生活に苦しむのはあなたとなってしまう可能性もあります。

仮に離婚することも視野に入れる場合は、離婚に向けた準備も同時進行で進めていきましょう。

関連記事:離婚は準備がすべて!?切り出す前に準備しておくべき4つのこと

今後について覚悟を決める

浮気の実態が明らかになったら、今後、自分がどうしたいのかを決めることです。

選択肢は

 

  • やり直す(婚姻関係を継続)
  • 離婚する

 

のいずれかしかありません。

やり直す場合は、やり直すだけの覚悟はあるのか自問自答してみましょう

浮気された心に深い傷を負ったあなたが、浮気した相手と今まで同様、あるいはそれ以上に接することは生半可な気持ちではできません。

それでもやり直す覚悟があるならば、これまでの生活を振り返り、自分に足りなかった点、相手に対して配慮が足りなかった点を見つめ直すことです。

浮気されたからといって相手の非を見つけ出すよりも、まずは自分から変わることが大切です。

相手が変わることを過度に期待してはいけません。

 

一方で、離婚の選択をする方もおられると思います。

離婚はやり直すよりも精神的には楽なようにも思えます。

ただ、離婚で最も苦労するのは経済的な部分

もし、離婚の準備を進める中で、離婚後の生活が経済的に厳しいことがわかってきたら、いったんはやり直しを選択するのも一つの方法といえます。

浮気の話し合いで気を付けるべきこと

浮気の証拠が整い、自分の気持ちも固まったところで、次はいよいよ話し合いを切り出して話し合いに移ります。

ただ、ここでも注意していただきたいことがあります。

以下で詳しく解説します。

話しやすい環境を選ぶ

まず、自宅、車の中、カラオケボックスなど第三者の目の届かない場所を選ぶのはNGです。

話し合いがヒートアップして、暴力沙汰に発展する可能性が十分あります。

一方で、第三者の目の届く場所であれば、「誰かに見られている」という見えない力が抑止力となって冷静な話し合いをすることが期待できます。

お勧めの場所はカフェです。

ただ、一言でカフェといっても、隣の話し声が聞こえるほどテーブルの距離が近いカフェは適切な場所とはいえません。

事前にどんなカフェが最適か入念に下調べしておくことが必要です。

原則、話し合いは夫婦だけで

相手に何をされるかわからない、うまく思いを伝えることができるかわからないから第三者に間に入ってもらおう、と考える方もいると思います。

しかし、浮気という夫婦特有の問題だけに、可能な限り、話し合いは夫婦だけで行うのが原則です。

どうしても第三者に間に入ってもらいたいという場合は、弁護士、行政書士、離婚カウンセラーなどの専門的な知識を有する人に立ち会ってもらいましょう

間違っても、いずれか一方の友人・知人や家族に間に入ってもらうことは避けましょう。

対等な話し合いができず、あとでトラブルとなる原因になってしまいます。

また、浮気相手を含めた3者での話し合いも進展しない可能性が高いことからNGです。

浮気相手とは相手との今後について決めた後でも十分間に合います。

浮気や今後について聴き出す

あなたが話し合いで相手から聴き取りたいのは浮気の事実や今度について。

具体的には以下の項目です。

 

  • 浮気相手の情報(氏名、生年月日、住所、電話番号など)
  • 浮気したこと
  • 浮気の期間、回数、場所、日時
  • 浮気した原因
  • 浮気に至るまでの経緯
  • 浮気をやめる意思はあるか、浮気相手と関係を断てるか
  • 今後どうしたいか

 

中には知りたくない、聴きたくないこともあるでしょう。

ただ、いずれも明確しないと、相手が本当に浮気したのかどうか曖昧なまま終わってしまう可能性があります。

その他、浮気相手への慰謝料請求を検討する場合は、

 

 

  • 浮気相手が既婚であることを知っていたかどうか        

 

 

についても確認しておきましょう。

なぜなら、浮気相手が既婚であることを知っていた場合(あるいは、過失により知らなかった場合)でなければ、浮気相手に慰謝料請求することはできないからです。

もし「知っていた」という場合は、どうして知っているのか、浮気相手に何と説明していたのかについても確認しておく必要があります。

 

ここで大切なことは相手自身に言わせる(自白させる)こと。

後述しますが、相手の自白内容を録音したボイスレコーダーは証拠価値の高い証拠になり、今後に活用できます。

暴力を振るう、ナイフで脅すようなことは絶対にしてはいけません。

相手が曖昧な態度を取るようであれば、証拠を突きつけてもよいでしょう。

ただ、はじめから突きつけると、「オレに隠れてそんなことまでやっていたのか」などと言われ、逆上される危険もあります。

相手の態度しだいで柔軟に対応しましょう。

自分の思いをストレートに伝える

浮気の事実を把握し、今後についての相手の考えを聴き出せたら、今度はあなたの考えを相手にぶつけます。

なお、この段階であなたの考えは「やり直す」「離婚する」かのいずれかに決まっているはずです。

そして、その結論はあなたが考えに考えた末の結論でしょう。

そのため話し合いで気持ちの中にブレが生じても、一度コレと決めた結論は最後まで押し通す覚悟で話し合いに臨むことが必要です。

「離婚する」と決めていたのに、話し合いの途中で「やり直そうか」という気持ちになりかけた場合は、「離婚する」と決めたときの考え、気持ちをもう一度よく思い出してみてください。

一方、「やり直す」と伝えたのに、相手から「離婚したい」と言われた場合でも、まずはやり直したいという気持ちをそのままぶつけましょう。

あなたが離婚に合意しない限り、離婚は成立しません

また、基本的に浮気をした相手からの離婚請求を認めないのが裁判所の考えです。

反対に、あなたは相手が合意しなくても裁判で離婚することができますし、慰謝料を請求する権利ももっています。

つまり、今後の主導権はあなたが握っているのです。

自信をもって話し合いを進めていきましょう。

相手の意見にも耳を傾ける

話し合いでは自分の意見を相手にぶつけることはもちろん大切です。

ただ、一方的に主張してしまうと建設的な話し合いにならず、今後について話し合うという話し合いの本来の目的を見失ってしまう可能性があります。

あなたにも意見があるように、相手にもこの機会に言いたい意見があるはず。

その意見をすべて押しつぶしてしまっては、よい結論は生まれません。

あなたとしては相手の意見に耳を傾けつつ、たんたんと前述した浮気のことを聴き出せれば充分です。

その他の枝葉の話については、なんと言われようが気にする必要はありません。

なお、相手の意見の中にやり直しのヒントが隠れていることもあります

特に相手とやり直したいと考えている場合は、相手が何を求めているのか、どうして欲しいのか注意して聞く必要があります。

ボイスレコーダーで会話を録音

会話の一部しか録音できなかった、ということがないよう、あらかじめ機器の録音時間、充電状況を確認しておきましょう

ボイスレコーダーで会話を録音しておけば、あとで「言った」、「言わない」の水かけ論を防止できます。

また、相手が浮気を認めた場合は、あとで浮気を否定されることを防止できます。

さらに、ボイスレコーダーでは会話の雰囲気も記録できます。

そのため、「脅迫された」、「強制的に言わされた」という相手の反論を潰すこともできます。

一方で、会話の雰囲気や内容によっては、あなたの不利な証拠となってしまうことも

録音していることを忘れず、あくまで話し合いは冷静に、口調は穏やかに、ということを忘れずに

浮気の話し合いの後にやるべきこと

話し合いによって、やり直すか離婚するか結論が出たら、それぞれの結論に向けて具体的な行動に移しましょう。

以下では、やり直す場合、離婚する場合にわけて解説します。

やり直す場合

夫婦関係をやり直す場合は、お互いが関係の改善のために何をすべきかを考え、行動に移すことです。

そのほかやるべきことは次の2点です。

誓約書を作成する

誓約書(表題は「念書」、「合意書」でもよい。大切なのは内容)を作成する目的は次の4点です。

 

  • 相手に謝罪させる
  • 浮気を防止する
  • 約束を守らなかった場合の慰謝料の支払いを約束させる
  • 離婚、慰謝料請求の際の証拠として活用できる

 

誓約書を作成するには、「浮気や今後について聴き出す」のところでもご紹介した事項を相手から聴き出す必要があります。

また、相手から浮気の事実について聴き出すには、きちんとした証拠を集めておく必要があることはこれまで述べたとおりです。

 

相手との関係を清算させる

相手とやり直す場合は、相手と浮気相手との関係も清算する必要がありますよね?

そのためには、一度、浮気相手に会って浮気の事実を確認し、浮気したことを認めさせる必要があります。

ここでもやはり証拠が重要な意味をもちます

また、浮気相手に慰謝料請求することを見据える場合は、浮気相手に相手が既婚であることを知っていた(あるいは、過失によって知らなかった)ことを認めさせる必要があります。

前述のとおり、そのための下準備として、相手から「浮気相手に既婚であることを説明していた」という話をボイスレコーダーに録音しておくのです。

今後の浮気防止のためには、相手と同様に誓約書を作成した方が安心です。

話し合いや慰謝料請求に不安がある方は、弁護士に任せるのも一つの方法です。

離婚する場合

離婚する場合は以下についてきちんと取り決めましょう。

 

  • 婚姻費用(別居していた場合)
  • 親権  (子供がいる場合)
  • 養育費 (子供がいる場合)
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 面会交流(子供がいる場合)
  • 年金分割
  • 強制執行認諾付き公正証書(※)を作ること

 

取り決めた内容メモ書きし、最寄りの公証役場に面談の予約を入れます。

メモ書きや必要書類をもって調整した日時に公証役場へ行き、公証人と面談します。

面談後は公証人が公正証書を作成します。

公証人が公正証書を作成したら、再度、指定された日時に公証役場へ行き、公正証書にサインします。

互いに公正証書を取り交わしたら、親権を持つ方が役所に離婚届を提出します。

離婚届が受理されると離婚成立です。

 

※相手がお金の支払いを怠った場合に、「財産を差し押さえられる手続きを取られてもかまいません」という相手の承諾つきの公正証書。

関連記事:離婚の慰謝料を公正証書に残す理由は?作成手順、費用も解説

関連記事:【離婚届の総まとめ】失敗しない書き方、提出方法、必要書類とは?

 

まとめ

相手の浮気が常態化している場合は、今後のことを決める上で話し合いは避けては通れない道です。

ただ、しっかりとした準備をした上で話し合いを切り出さないと、相手から浮気の事実を簡単に否定されるなど期待した効果が出ないことも。

まずは切り出す前に浮気の証拠を集めるなど、しっかりとした準備を行った上で、適切なタイミングで話し合いを切り出すことが大切です。

 

浮気の証拠はご自分でも集めることもできますが、日常生活と並行しながら集めるのはなかなか大変ですよね。

そんなときに頼りになるのが探偵事務所です。

探偵であれば浮気の話し合いで使える証拠を効率よく集めてくれます。

お困りの場合は、気軽に相談だけでもしてみませんか?

探偵・浮気調査なら【あい探偵】


お友達追加で
「無料」でご相談できます。

友だち追加

この記事を書いた人